ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

成人式

成人式っていくらかかるの?振袖一式、小物やヘアメイク、記念写真などの値段

成人式はお金と労力がかかります。

一生に一度の晴れの日を迎えるにあたって、当日までの準備に一年や二年も前から計画されている人もいます。

成人式、女性であればまず第一に振袖を探すことから始まります。

振袖を家族や身内から譲り受けるか借りる人もいますが、無ければ買うか、あるいはレンタルするのでお金がかかりますね。

それに振袖以外にヘアメイクや記念写真、式後の会食もあればお金もかかるし、着物を着て、長い一日になりそうです。

そんな成人式っていったい、いくらかかるのでしょうか。

ここであげたそれぞれの目安価格を、悔いのない準備にお役立てください。

(価格はあくまで相場の目安ですので、もちろん状況によって変動します。便利なお得な「振袖セット」などもあります。)

スポンサーリンク

成人式っていくらかかるの?

振袖には帯だけでなく、たくさんの小物も用意しなければなりません。

その他、当日の着つけやヘアメイクなどの料金、記念写真代、お祝いの食事代なども考えて予算を立てましょう。

振袖一式の値段

すべて目安価格なので、店舗や販売状況によっては異なります。

・髪飾り

5,000円~20,000円

ポピュラーなのは花の髪飾り。伝統的な細工をほどこしたもの。
漆(うるし)や蒔絵(まきえ)のものなど工芸品的なものもあります。

 

・半襟

5,000円~30,000円

正絹地やポリエステル地などがあり、リーズナブルなのは後者。
刺しゅうや箔(はく)などの細工で価格が変わります。

 

・伊達襟(だてえり)

6,000円~30,000円

各色そろった絹地の紗綾形(さやがた)地紋が定番。
半幅に折って使うタイプより、幅が細いものが安価。
加工や細工で価格がアップ。

 

・帯揚げ

12,000円~38,000円

正装の振袖は絹地が基本。
絞り、綸子(りんず)や縮緬(ちりめん)があり、高級なものは絹地の質がよく、染めや加工も繊細。

 

・帯締め

12,000円~28,000円

帯揚げと同様に絹地が基本です。
平組、丸組、丸ぐけがあり、最近はパールなどの飾りをあしらった華やかなものが主流。

 

・帯

30,000円~

袋帯が基本。
織り柄の精微さ、加工などによって価格に大きく差が出ます。
仕立て代・芯地代が必要。

 

・バッグ

70,000円~100,000円
(草履とのセット料金です)

革製や正絹帯地の格調あるものが基本。
おしゃれっぽく着るならビーズや縮緬(ちりめん)地なども。

 

・振袖

38,000円~

さまざまな色柄があり、染色、加工などによって価格に大きく差が出ます。
お店で表示している振袖の価格は、通常は表地のみで、仕立て代や裏地代などが加算されます。

 

・足袋

2,000円~3,000円

白木綿が基本。
刺しゅう入りポリエステル地もあります。
留め具のこはぜが4枚より5枚のほうが価格は高い。

 

・草履

バッグとのセットが主流なので、多くは革製で、鼻緒や台に凝ったもの効果。
草履のほかにぽっくり(ぽっくり下駄)もあります。

 

・ショール

10,000円~

成人式の定番は白の羽毛ショールで、10,000円くらいからとリーズナブル。
毛皮は種類によって価格に差が出ます。

 


スポンサーリンク

下着や着つけ小物など

・長じゅばん

30,000円~60,000円

絹地とポリエステル地があり、振袖と一緒に仕立てるのが基本ですが(別途料金)、レディメイドもあります。
絹の質や染色等で価格に差が出ます。

 

・下着(肌じゅばん)

1,800円

肌じゅばんは素肌につけるので、木綿製がオススメ。

 

・下着(裾よけ)

4,000円

パンティの上につける裾よけは、滑りのいい合織製が歩きやすい。

 

・着つけ小物

10,000円

腰ひも・伊達締め・帯枕・帯板、ガーゼ等々が必要です。
全部をそろえて10,000円前後です。

 

・その他

写真は三重仮ひも

ほかに、きもの向きの体型にする補正下着や、三重仮ひもなどのアイデア着つけ用品、和装ガードル、和装ストッキングなども必要に応じて準備しましょう。

 

 

・裏地

<胴裏>

20,000円が目安。

振袖の上身頃の裏地。
下身頃には裾まわし(八掛ともいう)をつけますが、振袖の場合は、表地と共布をつけて仮縫いされていることが多く、別布をつけるのでなければ予算は不要。

 

<居敷当て(いしきあて)>

3,000円前後。

裏地なしで仕立てる長じゅばんの後ろ腰に当てる補強布。

 

<帯芯(おびしん)>

5,000円前後。

帯に張りを持たせるために入れます。

 

 

・仕立て代・加工代

<振袖>

40,000円~

手縫い仕立て、ミシン仕立て、部分手縫い仕立てがあり、手縫いが高い。

 

<袋帯>

25,000円前後。

帯芯を入れてかがります。

 

<長じゅばん>

手縫いで20,000円、ミシン縫いで15,000円前後。

<撥水(はっすい)加工>

20,000円

雨や汚れ防止にするもので、ガード加工、パールトーン加工ともいいます。
振袖と長じゅばんを合わせて、20,000円が目安。

 

ヘア&メイク、着つけ、記念写真など

・ヘア&メイク・着つけの値段

(参考目安価格)

成人式用ヘアセット&メイク 15,000円~
成人式用ヘアセットのみ 7,500円~
成人式用メイクのみ 7,500円~
着つけ 15,000円

・ネイルの値段

(参考目安価格)

レギュラーマニキュア(ケア+カラーリング、保湿クリーム) 5,000円~ / 60min
ジェルネイル1本 800円~
グラデーション10本 3,000円~
ラメアート 500円~
ラインストーン1本 150円~
3D 1本 1,000円~
フレンチ 10本 3,000円~
マーブル 10本 3,000円~

・記念写真の値段

一生に一度のことですので、前撮りなど記念写真をされる方は多いですね。

【総額】 = 撮影料金 + プリント料金×枚数 + 台紙

(例)

28,000円(六ツ切写真3ポーズ、プリント代込)に、台紙代がプラスされます。
台紙には種類があり、白紙台紙・六ツ切=800円や、デラックス台紙・3面六ツ切=3,500円など。
※料金は成人ひとり撮影の例。家族と一緒の場合は別料金。

・成人式祝いの食事会の値段

食事会のお店や時間帯によって値段に幅があります。

大人3名などといったパック料金での取り扱いも多いようです。

だいたい相場としては1人あたり
・ランチで6,000円~10,000円
・ディナーで8,000円~13,000円ほど。

あとがき

予算は人それぞれでプラン次第です。

事前に必要なモノ・コトを知り、その相場を知っておくことで現実的なプランを立てて準備をすすめましょう。

振袖+成人式イベントですので、いろいろな要因によってお金を使う場面はいくらでもあるので許せる範囲で思い出の日を満喫してくださいね。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-成人式
-