ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

成人式

成人式で着る振袖はオーダー?レンタル?あなたにオススメのご提案!

あなたにピッタリの振袖を選びましょう。

振袖を着るためには、

①オーダーする(誂える)

②レンタルする

③お母さんや姉、親戚の人の振袖を着る

などの選択肢があります。

また、どうしてもアンティーク振袖を着たいという人も増えています。

晴れの日を最上の一日にするために、最高に似合う振袖を選びましょう!

スポンサーリンク

オーダーとレンタル、あなたはどちら?

初めて振袖を着る人は、この2つのどちらかを選ぶケースがほとんど。

オーダーとレンタル、それぞれの特徴や違い、しくみについてお話します。

こんな人にはオーダーをオススメ

以下に該当する方にはオーダー購入がおすすめです。

  • ・予算は10万円以上。
  • ・成人式まで準備期間が2か月以上ある。
  • ・お稽古事などで、成人式や卒業式以外にも振袖を着る機会がある。
  • ・きものが大好き。これを機会にできるだけきものを着たい。
  • ・自分の振袖を持っていない。
  • ・親やまわりが買うことを強くすすめる。

 

2015-10-31_113513

出典:日本の結婚式ドットコム

『振袖が大好き!お正月や友だちの結婚式、パーティでも着たい。』という方はぜひ、My振袖を誂えましょう。
 

▼振袖をオーダーする場合のメリットとデメリットは以下です。

メリット

・自分の希望どおりの振袖を選ぶことができる。
・自分にぴったりのサイズで仕立てられる。
・自分の振袖を所有する喜びが得られる。

デメリット

・予算と仕立て期間が必要。
・ケアの手間がかかる。

こんな人にはレンタルをオススメ

以下に該当する方にはレンタルがおすすめです。

  • ・成人式まで準備期間がない。
  • ・成人式と卒業式しか振袖を着ないと思う。
  • ・振袖のアフターケアが面倒。
  • ・買っても収納する場所やたんすがない。
  • ・振袖を買うお金を、ほかのことにあてたい。
  • ・きものに関心がない。親や周囲もきものに無関心。

 

sotugyou_furisode

『振袖を着るのは成人式と卒業式だけ』と考えている方はレンタルで十分です。
 

▼振袖をレンタルする場合のメリットとデメリットは以下です。

メリット

・予算が少なくてすむ。
・準備期間があまり必要ない。
・収納場所やアフターケアの心配がない。

デメリット

・選べる振袖がある程度、限定される。
・サイズが自分にぴったりとはいかない場合もある。

オーダーもレンタルも専門店ならセット料金や特典がおトク

振袖をオーダーできるお店は、デパート、全国チェーン店展開する大型専門店から、地域密着の小型専門店まで規模や形態はいろいろ。

大型専門店の多くは、オーダーとレンタルの両方を扱っています。

レンタル専門店もあります。

セット料金

多くの専門店では、振袖を着るのに必要な一式をセットにして「セット料金」を設定して、料金の範囲内で好みの小物をセレクトできます。

セット料金の範囲を超えるものも選ぶことができ、その場合は差額を上乗せした金額が、総額になります。

専門店では利用特典として、着つけとヘアメイク、記念写真の前撮りなどをサービスとしてつけている場合が多く、無料の場合や優待の場合など、お店によってシステムが異なるのでよくチェックしてみてください。

kimonow_tennai

出典:Kimono Warker

大型デパートや大型専門店は振袖も小物も充実。

たくさんの商品をくらべて選べる。


スポンサーリンク

失敗なく振袖を選ぶためのミニ知識

オーダーした場合とレンタルした場合の、セット料金に含まれるものと、サービス特典の内容を、それぞれチェックしてみましょう。

お店によって、システム、設定料金、サービス内容は異なります。

買う

オーダーで誂(あつら)えた場合のセットに含まれるものは?

振袖 振袖手縫い仕立て代 袋帯
袋帯仕立て代 長じゅばん(正絹) 長じゅばん手縫い仕立て代
胴裏 湯のし加工代 帯芯
居敷当てセット 帯締め 帯揚げ
半襟 伊達襟 羽毛ショール
草履 バッグ 肌じゅばん
裾よけ 帯板2枚 帯枕
腰ひも4本 三重仮ひも コーリンベルト
伊達締め 和装ベルト 和装ストッキング
襟芯 ガーゼ1反 足袋

小物セット内容はたくさんありますが、お店によって20点セットや30点セットと異なり、小物の組み合わせは自由に選べられます。

オーダーした場合の特典は?

特典内容や総額の条件は例ですのでお店によって異なりますので、じっくりといろんなお店の情報をチェックしたほうがよいです。

成人式当日の着つけが無料(購入額20万円以上)
成人式当日のヘアメイクが無料(購入額20万円以上)
一流写真館での前撮り記念写真が無料(アルバムつき)(購入額30万円以上)
高級羽毛ショールのプレゼント(購入額15万円以上)
手入れ&しみ抜き無料(振袖と長じゅばんが対象。成人式から5年間まで)
振袖&長じゅばんの袖直し無料(無期限)
卒業式での袴レンタルが無料(購入額30万円以上)
婚礼衣装の特別優待サービス

成人式当日のヘアメイク&着つけ、記念写真前撮りのサービス特典はうれしいですね。

総額によっては無料サービスになることも。

借りる

「オーダーレンタル」って何?

お店によってレンタルのシステムは異なりますが、大型店の多くは「オーダーレンタル」と「お仕立て上がりレンタル」を用意しています。

「オーダーレンタル」の場合は好みの柄や色の表地を自分で選べ、新しく仕立ててくれます。

振袖は表地3.8万円~20万円、帯は3万円~10万円(税抜)くらいまでの商品の中からセレクト。

その価格によって、オーダーレンタル料金が違ってきます。

振袖と袋帯の仕立て代はセット料金に含まれています。

仕立てサイズはMとLの2タイプです。

レンタル料金はどれくらい?

「オーダーレンタル」のセットの場合は、10万円~30万円が目安です。

「お仕立て上がりレンタル」のセットの場合は、4万円~12万円が目安です。

(いずれも税抜価格です)

気に入った振袖を自分のために仕立ててくれ、誂えるより安く着られるのがオーダーレンタルで、もし気にった振袖があった場合は、お仕立て上がりのほうがリーズナブル。

このような特徴がありますね。

レンタルのセットに含まれるものは?

振袖 袋帯 長じゅばん
帯締め 帯揚げ 伊達襟
草履 バッグ 羽毛ショール
肌じゅばん 裾よけ 半襟
襟芯 帯板2枚(前板、後ろ板) 三重仮ひも
帯枕 腰ひも3本 コーリンベルト
和装ベルト 伊達締め 足袋

レンタルの小物セットですが、上記の肌じゅばん以下の12点は無料プレゼントされる場合もあって、その場合は返却する必要はありません。

レンタルした場合の特典は?

10月から翌年1月末までの4か月間の長期レンタル。この間、何回着用しても可。
成人式後3年間は2回目のレンタルが無料。ただし、1月以外で、本人に限る。
契約の一流写真館での前撮り記念写真、ヘアメイク&着つけの優待サービス。
成人式当日のヘアメイク&着つけの優待サービス。
肌じゅばん、裾よけ、足袋など、新品小物12点セットが無料プレゼント。
袴レンタルの優待サービス
着用後の手入れやクリーニングは不要。そのまま返却してOK。

有名どころの大型(チェーン)専門店でしたら、レンタルでもうれしい特典がたくさんあります。

あとがき

今はレンタルでも誂えたものと見劣りするようなことはなく、種類もオプションも豊富です。

きものを着るシーンを把握されていれば、必要最低限にレンタルで済ませてもよいですし、あるいはMy振袖にこだわりのある方は悔いのないようオーダーされるのがよいです。

オーダーにするか、レンタルにするかまだ決められない方は、お店に直接赴いて話を聞いてみたり、カタログを請求して自分の思いをご家族の方とも相談しながらじっくり検討してください。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-成人式
-