ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

引っ越し

引っ越したら各種手続きが必要!いつまでに?届出先は?必要書類は?

いざ引越したら、役所などへの各種手続きをしなくてはいけません。

転入届、国民健康保険の加入手続き、国民年金の住所変更届、印鑑登録の申請..などなど

やっと引越しが一段落したところで、まだまだやることが多く何をどうしたらいいのかお困りではないですか?

引越し先で、何をいつまでにしなければいけないのか?どこへ届けたらいいのか?

申請に持参する必要書類は何なのか?

これらについてお話していきます。

スポンサーリンク

①転入届を提出する

tennyutodoke

他の市区町村へ引っ越した場合は「転入届」を提出しなければなりません。
転入届は引っ越した日から14日以内に新住所地の市区役所・町村役場に、前の住所地で発行してもらった転出証明書を添えて提出します。

住民基本台帳カードの交付を受けている人は、転出証明書の発行を受けることなく(ただし郵送による転出届の提出は必要)、転入先へ転入届を提出するだけで手続きが行えます。

同じ市区町村内で引っ越した場合は引っ越した日から14日以内に住所地の市区役所・町村役場に「転居届」を提出します。
他の市区町村へ引っ越す場合のような転入の手続きは不要です。

他の市区町村へ引っ越した場合は「転入届」を提出!

届出先 新住所地の市区役所・町村役場
必要書類 印鑑、前住所地の市区役所・町村役場が発行した転出証明書(住民基本台帳カードを持っている人は不要)
転出期間 引っ越した日から14日以内

なお、他の市区町村から引っ越してきた場合は転入届の提出と同時に国民健康保険の加入手続きや国民年金の住所変更、印鑑登録などの手続きが必要となります。

②国民健康保険の加入手続きを行う

他の市区町村へ引っ越した国民健康保険の加入対象者は、引っ越した日から14日以内に新住所地の市区役所・町村役場に国保の加入手続きをしなければなりません。

手続きは転入手続きと一緒に行うこととなります。

国民健康保険の加入届

届出先 新住所地の市区役所・町村役場
必要書類 印鑑、転出証明書(住民基本台帳カードを持っている人は不要)
転出期間 引っ越した日から14日以内

③国民年金の住所変更を行う

国民年金は、引越し前の手続きは不要ですが、引越したあとの住所変更の手続きは必要です。
新住所地の市区役所・町村役場に転入届を提出する際に国民年金手帳を持参し、一緒に手続をします。

届出期間は引っ越した日から14日以内です。

国民年金の住所変更届

届出先 新住所地の市区役所・町村役場
必要書類 印鑑、国民年金手帳
転出期間 引っ越した日から14日以内

④印鑑登録を行う

mitomeinkan

引っ越し前に所持していた実印は転出届の提出と印鑑登録証の返還によってもはや実印としての効力を失ってしまっているので、引っ越し先でその印鑑を実印とするには、改めて新住所地の市区役所・町村役場で印鑑登録をしないといけません。

印鑑登録は転入届の提出と一緒にすませると便利ですよ。

印鑑登録申請

届出先 新住所地の市区役所・町村役場
必要書類 実印として登録する印鑑、身分証明書(運転免許証、パスポートなど)

⑤運転免許証の住所変更を行う

untenmenkyosyou_s

引っ越しで住所が変わった人は新住所地を管轄する警察署か運転免許試験場に記載事項の変更を届け出なければいけません。

運転免許記載事項の変更届

届出先 新住所地の所轄の警察署か運転免許証試験場
必要書類 運転免許証、新しい住民票、他の都道府県に引っ越した場合は写真1枚(3.0cm×2.4cm)


スポンサーリンク

⑥自動車の登録変更を行う

自動車(普通自動車・小型自動車)を所有している人が引っ越した場合は、15日以内に新住所地を管轄する陸運支局に住所変更にともなう変更登録を申請しなければなりません。

自動車の変更登録申請

申請先 新住所地の所轄の陸運支局
必要書類 印鑑、変更登録申請書、手数料納付書、自動車検査証、自動車保管場所証明書、変更の事実を証明する書面(新しい住民票)、その他
申請期限 引っ越した日から15日以内

なお、軽自動車を所有している人が引っ越した場合は、新住所地を管轄する軽自動車検査協会で同様の変更登録を行う必要があります。

⑦車庫証明を取る

クルマの住所変更(登録変更)には引っ越し先での新しい「自動車保管場所証明書」(車庫証明)が必要になります。
車庫証明を取るには、「自動車保管場所証明申請書」を所轄の警察署に提出します。

申請書には、自動車登録番号、社名、型式、車台番号などを記入する必要があります。
間違いのないように車検証を持っていくと良いです。

保管場所が貸し駐車場の場合は貸主発行の「自動車保管場所使用承諾証明書」が必要となります。
これは駐車場の賃貸借契約書のコピーで問題ありません。

ただし貸主によっては承諾書の発行を有料としている場合があります。
車庫証明は発行されるまでに3~4日かかるので引っ越したら早めに申請手続きをした方がいいですよ。

自動車保管場所証明申請

申請先 クルマの保管場所を管轄する警察署
必要書類 印鑑、自動車保管場所証明申請書、貸し駐車場の場合は貸主発行の自動車保管場所使用承諾書(駐車場の賃貸借契約のコピーで可)

⑧バイクの登録変更を行う

バイクを所有している人が引っ越した場合は住所変更にともなう登録変更の手続きが必要になってきます。

同一管内への移転なら住所の変更だけでナンバープレートは同じものがそのまま使えます。
またその場合、排気量が50cc~125ccであれば住所変更も不要です。

これに対して他の管内へ移転する場合は住所に加えナンバープレートも変わります。

50~125ccの登録変更申請(管轄は市区町村)

◆同一市区町村へ移転の場合

※手続き不要

◆他の市区町村へ移転の場合

申請先 新住所地の市区役所・町村役場
必要書類 印鑑、新しい住民票、旧住所地で交付されたナンバープレート、標識交付証明書(※廃車登録と新規登録を同時に行います)

126~250ccの登録変更申請(管轄は陸運支局)

◆同一陸運支局管内へ移転の場合

申請先 新旧住所地を管轄する陸運支局
必要書類 印鑑、新しい住民票、軽自動車届出済記入申請書、軽自動車届出済証、自動車損害賠償責任保険証明書

◆他の陸運支局管内へ移転の場合

申請先 新住所地を管轄する陸運支局
必要書類 印鑑、新しい住民票、軽自動車届出済記入申請書、軽自動車届出済証、自動車損害賠償責任保険証明書、ナンバープレート

251cc以上の登録変更申請(管轄は陸運支局)

◆同一陸運支局管内へ移転の場合

申請先 新旧住所地を管轄する陸運支局
必要書類 印鑑、新しい住民票、自動車車検証、自動車車検証記入申請書、手数料納付書、自動車損害賠償責任保険証明書

◆他の陸運支局管内へ移転の場合

申請先 新住所地を管轄する陸運支局
必要書類 印鑑、新しい住民票、自動車車検証、自動車車検証記入申請書、手数料納付書、自動車損害賠償責任保険証明書、ナンバープレート

⑨転居通知を発送する

転居通知は引っ越し前に準備しておきましょう。

もし準備出来なかった場合は、引越し後、なるべく早めに作成しましょう。

転居通知の発送時期は一般的には新居に越して荷物の整理などが一段落した頃。
できれば1週間以内、遅くとも2週間以内には投函したいところです。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-引っ越し