ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

madori_2

新生活

新生活 上手な家具家電の配置!狭い空間を広く使う見せるツボを紹介

家具・家電類を上手に配置するにはどうしたらいいか、お悩みではないですか?

賃貸住宅では広さと造りは変えようがないですが、家具や家電類のレイアウトや収納の工夫で狭い部屋を広く使ったり、広く見せることはできます。

部屋を効率的に使うためのレイアウトの基本についてここでしっかり確認していきましょう。

スポンサーリンク

狭い空間を広く使う

レイアウトの基本

①動線上にものを置かない

トイレの入り口付近やキッチン周辺の床など、生活していくうえでどうしても通らざるを得ない動線上にはものを置かないことです。

ジャマだし、ゴチャゴチャした感じを助長します。

②背の低い家具で揃える

背の低い家具だと視線が低くなるので天井が高く感じる腰くらいまでの高さの家具で統一するとベストですよ。

事前にコンセプトを決め、色調や素材(スチール、木製など)なども統一感を出した方がスッキリした印象になります。

並べたときにデコボコにならないように厚みを揃えて購入するのもポイントです。

③家具はなるべく一方の壁に並べる

片方の壁に集中させて並べた方が、両方の壁に並べて両側から空間を狭めるより、広く部屋を使えます。

逆に言えば、ワンルームのひとり暮らしでは片方の壁に並べきる程度の家具・家電類を揃えるのが理想とも言えます。

④座る生活を基本にする

広い空間を保つには視線の低い「座る生活」がベストですよ。

低いテーブルを置いて、和室なら座布団、洋室ならラグマットにクッションとか、ソファベッドの利用などを考えてみましょう。

部屋を広く見せるツボを押さえておく

レイアウトの良否は部屋の使い勝手を左右する重要事項ですが、視覚的な印象から部屋を広く見せるテクニックもあるので併せてご紹介していきますね。

広く見せるコツ

①配色を考える

家具やカーテンなどの色は、存在感のある濃い色よりも、淡い色でまとめた方が部屋が広く見えるんです。

②大きな鏡を置く

鏡に映し出される像が部屋を広く見せます。

③間接照明を利用する

下から上に照らし出す間接照明は明暗のコントラストで部屋に広がりをもたらします。

④カーテンを高い位置から吊るす

高い位置からカーテンを吊るすと天井が高く見えるので、部屋が広く感じるんです!


スポンサーリンク

ちょっとした配慮でトラブルを未然に防

家具・家電類の設置で気をつけたいのは、部屋の傷や汚れ。

これらはちょっとした配慮で防ぐことができるんです。

それを怠ると退去時に、

「これは自然の損耗ではない。あなたの不注意でついたものだ。敷金から引きますよ。」

と、大家から言われること必至なのでよく注意しましょう。

家具・家電類の正しい置き方

①家具は壁から5cm以上離す

家具は場所を取りますよね。

このため少しでも部屋を広く使おうと、どうしても壁にぴたりと密着させてしまいがち。

しかしこれだと空気の流れが悪くなり、湿気がたまって、カビが生えやすくなってしまいます。

家具と壁の間は5cm以上離すようにしたいですね。

また、部屋の北側は湿気がこもりがちなので家具を置くのは避けるのがセオリー。

置かざるを得ない場合は換気と掃除をマメにするようにしましょうね。

②家電は壁から10cm以上離す

テレビや冷蔵庫を動かしたら、後ろの壁が黒ずんでいて驚くことがあります...。

壁の黒ずみの正体は、静電気に吸い寄せられたホコリで、これを防ぐには最低でも壁から10cm以上離して置くようにしましょう。

特に冷蔵庫は壁に黒ずみをつくりやすいので要注意です!

③壁や床の日焼けに注意する

壁や床などの日焼けは自然の損耗であり、その修繕は大家負担が大原則。

ただし家具・家電類を設置したことで日焼けにムラができると、「これは入居者の責任」と修繕負担を求められることもあります。

これを避けるには、日が当たる場所には家具・家電類を置かないことと、カーテンは遮光性の高いものを選ぶことです。

④床の傷やへこみを防ぐ

フローリングの床で注意したいのは傷です。

家具の足には市販のフエルト製傷防止用テープを忘れずに。

これは階下などへの騒音対策としても有効なんです。

畳やカーペットについた家具などのへこみは原則的に大家負担。

このことは国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」にも明記されていますが、万全を期すなら、家具の下に市販のへこみ防止材を敷いておきましょう。

⑤防音にも気を配る

床がフローリングの場合は要注意です。

階下などへの騒音防止策として、

・カーペットやラグマットを敷く

・家具の足にフェルト製傷防止テープを貼る

・スリッパを履く

などを心がけましょう。

また家具は防音効果を期待して隣の部屋と接する側に、オーディオ類はなるべく隣の部屋と接していない側に配置します。

オーディオ類は下に防振ゴム(マット)などを敷くのも忘れずに。

⑥家具・家電類の耐震策を講じておく

地震で重い家具類が倒れると非常に危険です。

命にかかわることなので、きちんと対策を施したいですね。

スポンサーリンク

-新生活
-