ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

newlife_kitchen

新生活

新生活で必要な台所用品はこれ!使い勝手のいい調理用具選びをする!

引っ越して新生活...!

とりあえず必要な台所用品は?

と言っても、これは人によってまちまちです。

コンビニ弁当を買ってきてレンジでチンするだけの人と、毎日きちんと自炊する人とでは、自ずとキッチンの利用頻度も、必要な台所用品も違ってきますからね。

もっとも、自炊するつもりでひとり暮らしを始めても、三日坊主でコンビニ弁当に変わってしまう場合もよくある話です。

最初から意気込んであれもこれもと調理用具や食器を買い込むのは考えもので下手をすれば無用の長物になるだけなんですよ。

狭いキッチン&キッチン収納を考えて、最初は必要最低限の用品を揃えるようにしましょう!

スポンサーリンク

汎用性のある使い勝手のいい調理用具を選ぶ

自炊は、包丁、まな板、ナベ、フライパンの4点のほかに、しゃもじなどいくつかの調理小物があれば、基本的にすべて事足ります。

「やかんは?」と思うかもしれませんが、お湯を沸かすくらいならナベがあれば何の問題もありません。

包丁

包丁には刺身だ、出刃だ、菜切りだと、何だかんだで10を超える種類がありますね。

でも、よほどの料理好きでない限り、基本的にはステンレス製の肉切り包丁(2,000円~)が1本あれば十分なんです。

これで肉、魚、野菜、果物...何だって切れますからね^^

まな板

スチック製のまな板は木製に比べて包丁のアタリが悪く、食材を切りにくいですよね。

ただし、細菌やカビ対策といった衛生面では木製に比べて管理がラクです。

プロの料理人のような腕があるならともかくですが、「とりあえず自炊を始める」といった感じでしたらプラスチック製まな板(500円~)で十分でしょう。

ナベ

大中小と3つあるのがベストですが、インスタントラーメンが作れる程度の中くらいのナベが一つあれば、とりあえずコトは足ります。

洗う手間や保温性を考えたら、中くらいのサイズのステンレス製片手ナベ(2,000円~)がいちばん使いやすいんです。

フライパン

焦げない、こびりつかない、洗いやすいの三拍子揃ったテフロン加工のフライパン(1500円~)が便利ですよ。

鉄製のフライパンは油がよくなじむため火の通りがいいのが魅力ですが、まめに自炊する人でないとサビるのが難点です。


スポンサーリンク

調理小物

最低限必要なのは↓これくらいです。

  • ご飯をよそうしゃもじ(300円~)
  • 味噌汁などをよそうお玉(500円~)
  • 洗い物用スポンジ(100円~)
  • たわし(100円~)
  • 台所用洗剤(150円~)

このほか、台所用品であれば便利なものとしては次のようなものが挙げられます。

ご自身にとって「これはあったほうがいいな」と思うものにはチェックしておきましょう。

やかん
フライ返し
さい箸
ボウル
ザル
食器用水切りカゴ
洗いおけ
計量カップ·スプーン
栓抜き付き缶切り
ふきん(食器ふきん 台ふきん)
ゴミ箱
ビニール袋
アルミホイル
ラップフィルム
ナベつかみ
ナベ敷き
キッチン万能はさみ
エプロン
キッチンタイマー
はかり

食器棚に収めるほどの食器類は必要ない

ひとり暮らしに必要な食器類はたかが知れています。

基本的にはキッチンスペースの収納部に収まる程度で十分なので、食器棚を用意するほどの量は必要ありません。

最低限必要なのは食事とお茶(お酒)用の食器類。

友人が遊びに来てもいいように2組ずつ揃えておけば十分でしょう(カップやグラス類は4~5個あった方がいい。)

食事用の食器

・ご飯茶碗(400円~)

・味噌汁椀(300円~)

・箸(300円~)

・皿(大中小各300円~)

・ドンブリ(500円~)

・スプーン(200円~)

・フォーク(200円~)

などといった感じです。

お茶(お酒)用の食器

・湯飲み茶碗(300円~)

・きゅうす(1,000円~)

・コーヒーカップまたはマグカップ(300円~)

・グラス(200円~)

などです。

お茶はわざわざ「きゅうす」でつくって飲むようなことはないようでしたら、湯飲み茶わんだけ1個か2個くらいですかね!

スポンサーリンク

-新生活
-