ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

a_kanen

渡航感染症

【海外旅行の感染症対策】A型肝炎と腸チフスはワクチン接種で予防可能

海外旅行の感染症の1つにA型肝炎というものがあります。

聞きなれない名前ですが、海外では多くの国で発症のリスクの高い感染症ですので、「これまで海外旅行で感染したことがない」という方どういった感染のしかたなのか、予防策は何なのか、しっかり確認していきましょう。

スポンサーリンク

A型肝炎の感染リスクについて

以下の画像の世界地図は、WHO(世界保健機構)が2012年に発表したA型肝炎の流行地域を示したものを引用しています。

atype_map

地図画像をみてわかるとおり、世界各地に色がついていますね。

感染リスクがない(色がない)地域は、日本、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの一部と、オーストラリア、ニュージーランドです。

そのの他は、世界中の殆どの国でA型肝炎に感染する可能性(リスク)があるということになります。

A型肝炎の感染経路は?症状は?

A型肝炎はウイルスが含まれる飲み物や食べ物を口にすることで感染します。

重症化して死亡することは少ないのですが、肝機能が悪化するため次第に倦怠感が出てきます。

場合によっては入院での治療が必要となります。

日本でも昔は流行地域だった?

日本でも衛生状態が良好でなかった時代はA型肝炎の流行地域でした。

その頃の日本人はA型肝炎に免疫を持っていましたが、感染リスクの無くなった1950年以降に生まれた日本人の殆どは、このウイルスに対する免疫がありません。

ですので、免疫がないまま予防もせず、流行地域でウイルスに汚染された水や生野菜、果物、甲殻類などを摂取すると感染し発病してしまいます。

腸チフスの感染リスクについて

「腸チフス」の流行地域も、A型肝炎とほぼ同じだと思ってください。

ですので、世界中の広い地域で感染する危険性があります。

腸チフスは同じ感染症でもウイルスではなく細菌による感染症です。

感染経路としては、A型肝炎と同様に汚染された水や食物を摂取した場合に感染します。

おもな症状は下痢と発熱です。

またほとんどの日本人は腸チフスに対する免疫を持っていません。


スポンサーリンク

A型肝炎と腸チフスはいずれもワクチンで予防できる

A型肝炎と腸チフスは、いずれもワクチンで予防できます。

A型肝炎を予防するワクチンには2種類あり、それは「国産」ワクチンと「輸入」ワクチンです。

以下の表に両者の違いを示します。

 ■A型肝炎ワクチン 

国産ワクチン

接種回数 3回(初回、1・6ヶ月後)
効果持続期間 3回接種後5年間有効
その他  

「国産」ワクチンは、計3回接種すると免疫が獲得でき、その効果の持続期間は約5年間です。

国産ワクチンは1回接種すればそれから約2週間後には抗体価が上昇し、効力は約1年間有効ですので、渡航まで時間に余裕がない場合に便利です。

更に、半年から1年後にもう1回接種すれば、なんと約20年間効果が持続しますので、何度も海外に出る方に向いています。

 
輸入ワクチン

接種回数 2回(初回、6ヶ月後)
効果持続期間 初回接種後2週間で抗体価が上昇し、その後1年間有効。
2回接種で約20年間有効。
その他 渡航まで時間がない時に便利

A型肝炎の輸入ワクチンは「免疫賦活剤」が入っているので短期間で免疫ができます。

※「免疫賦活剤」とは、生体の免疫機能を 活性化させ、低下している防御力を増強させる薬物です。

「輸入」ワクチンについては、これは世界中で広く使用されており、安全性に問題はありません

腸チフスの予防ワクチンは日本で作られておらず、輸入ワクチンのみとなります。

接種は1回のみで、効果の持続期間は約3年間です。

したがって渡航前に接種するには、輸入ワクチンを扱っている医療機関を受診する必要があります。

接種可能な医療機関は、厚生労働省検疫所(FORTH)のホームページ(https://wwwforth.go.jp/moreinfo/vaccination.html)や、日本渡航医学会のホームページ(http://www.tramedisthjp/)で確認できます。
 

ここを読まれて海外へ行かれる予定の方の意識改革がされればと思います。

自分は大丈夫とたかをくくらず、医療機関で受診され不安をなくして快適な海外旅行を。

スポンサーリンク

-渡航感染症
-