ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

goryoukaku_jouku

桜・お花見

五稜郭公園の桜・お花見情報!ジンギスカン・ボート・トイレ・駐車場などご紹介

函館・五稜郭公園は約1,600本もの桜が植えられている北海道でも有数の桜の名所です!

同じく函館にある松前公園は、およそ1万本もある桜の名所として花見スポットとしても名高いですが、この五稜郭はご存じ、星形の城郭一面に咲き誇る桜を見ながらジンギスカンを楽しむ人々から好かれ、松前公園とも肩を並べて人気のお花見スポットとなっているのです。

ここでは、そんな五稜郭公園でのお花見スポット情報や、花見期間中のジンギスカンの貸し出しについてやトイレ事情などなど、これからお花見に行くことを計画されている方にとって役立つ情報をまとめました。

ぜひ、こちらをご参考に、お花見の準備に役立てていただければと思います。

スポンサーリンク

五稜郭公園の桜・お花見情報

goryoukaku_trim

五稜郭公園の場所、桜が見頃の時期やお花見するのにオススメなスポットをご紹介します。

公園住所や桜の見頃時期など

例年の見頃 5月上旬 ~ 5月中旬
夜桜観賞
桜祭り なし
売店 なし
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 24時間
定休日 無休
料金 無料
駐車場 あり(有料)

【住所】

北海道函館市五稜郭町44

【交通アクセス】

・電車で行く場合

JR函館駅から市電 「函館駅前」~「五稜郭公園前」下車、徒歩で15分

・車で行く場合

車で函館江差自動車道函館ICから15分

五稜郭公園・お花見マップでまるわかり!

お花見期間中には以下のマップ+説明内容のとおり、各エリア毎での利用制限などがあります。

【お花見マップ】

goryoukaku_annai


お花見できる場所は基本的に公園内すべてですが、火気の使用制限など、花見期間中はもろもろルールが設けられていますので、こちらのお花見マップをベースにこれからご説明しますね。

・①郭内エリア - 【ピンク色】のエリア

ws000002

・②郭外エリア - 【青色】のエリア

ws000003

・③郭外エリア(電飾) - 【黄緑色】のエリア

ws000004

・④公園内の公衆トイレ設置場所

ws000005

・⑤公園最寄りの駐車場

ws000007

・⑥公園内の貸しボート場

ws000006

夜桜電飾の期間・時間について

goryokakuyozakura

とってもキレイです♪

(平日)
午後19時~午後21時

(土日・祝)
午後19時~午後22時
 

電飾がされる日程期間は花見期間中に限り、毎年期間が設定されます。

goryoukaku_lightup

電飾場所は、【お花見マップ】の③の黄緑色で覆われたエリアです。

それ以外のエリアでは、電飾は行われません。

お花見期間中における火の取り扱いについて

・火を使えるエリア

上にある【お花見マップ】のとおり、①②③の3つの色のエリアです。

エリア別で利用時間・方法が下記のとおり異なります。

事前にチェックしておいてください。

エリア別利用時間・方法、注意事項

①郭内エリア - 【ピンク色】のエリア

ws000002

【利用時間】
午前10時~午後18時
 

【注意事項】

  • ・火の使用できる場所は、トラ縄等で区切られています。
  • ・この区切られたエリア以外では、絶対に火を使用しないこと。
  • ・事前の場所取りは禁止。
  • ・消火が容易なガス器具のみ使用可、炭火コンロや七輪等は禁止。
  • ・郭内には、花見用の臨時ゴミ箱は設置されない。ゴミは、各自で責任をもって持ち帰ること。
  • ・郭内は午後19時から翌朝5時まで入園できない。

②郭外エリア - 【青色】のエリア

ws000003

【利用時間】
午前10時~午後18時
 

【注意事項】

  • ・炭火、ガス器具ともに使用可能。ただし、直火は禁止。
  • ・炭火コンロは、桜や植物保護の観点から50㎝以上の足がついたものを使用すること。
  • ・臨時ゴミ箱が設置されるが、ゴミは極力、持ち帰ること。

③郭外エリア(電飾) - 【黄緑色】のエリア

ws000004

【利用時間】

(平日)
午前10時~午後21時

(土日・祝)
午前10時~午後22時
 

【注意事項】

  • ・炭火、ガス器具ともに使用可能。ただし、直火は禁止。
  • ・炭火コンロは、桜や植物保護の観点から50㎝以上の足がついたものを使用すること。
  • ・臨時ゴミ箱が設置されるが、ゴミは極力、持ち帰ること。


スポンサーリンク

函館の花見の楽しみ方は、ジンギスカンが常識!

goryou_jingisukan

北海道の花見には、コンロと鍋を用意して満開の桜の下で食べる羊肉「ジンギスカン」が定番です。

函館の五稜郭。

いつもは公園内火気NGですが、お花見期間中は函館市の規定内(決められたエリア・期間・時間)であればバーベキューやジンギスカンがOKなんです!

ワクワクして気合が入りますが、それでも小さいお子さんがいたり、観光客の方は準備が大変ですよね...。

そんな時は【準備も後片づけも不要】で手ぶらでジンギスカンが楽しめる「お手軽セット」がおすすめですよ~!

minna_oisii

カセットコンロなどの器材一式、ラム肉・野菜の材料も全て含まれているので、事前に予約さえしておけば、だれでもお花見ジンギスカンが楽しめちゃいます^^

GWの桜の見ごろシーズンに、ジンギスカンをしながら桜を楽しみましょう~

お花見ジンギスカンセット内容

jingisukan_set

■時間

昼の部11:00~15:00/夜の部17:00~21:00

■内容

上ラム肉300g、野菜5種(もやし、キャベツ、なす、ピーマン、玉ねぎ)、たれ、タレ皿、はし、紙おしぼり、器材一式の準備 カセットコンロ、簡易使い捨てプレート(コンロ一台に一枚)

■価格

お1人様2,000円(税込)

※おつまみオードブル盛り合わせ3,500円・紅鮭おにぎり150円・枝豆・漬物・樽生ビールもあり。

※事前予約が必要。

ジンギスカンセットの予約・問い合わせ

■運営会社

株式会社サンフレッシュサービス(五稜郭のお花見プラン

■住所

五稜郭タワー2F 函館市五稜郭町43番9号

■電話

090-6694-7500

お花見期間中でも火気の取り扱いOK・NGの場所が決められているので、この記事に載せている【お花見マップ】から、利用可能な場所・時間帯・注意点などをご確認くださいね。

お花見マップには、花見期間中における火気利用可のエリアや、困ったときの公園内にある公衆トイレの場所、夜から始まる電飾のエリアなどがわかるようにしています^^

五稜郭公園の桜・お花見はボートでも楽しめる

noda_boat1

五稜郭公園では貸しボートのサービスがあるので、ボートに乗って水面から眺める桜もひと味違っておすすめです。

ボートは20隻ほど貸し出されています。

城郭を囲う堀は1周で1.5~2kmほどあり、手漕ぎボートで30~40分かけてまわります。

桜のきれいなスポットで景色を楽しんでもよし、飛んでくるカモメと戯れるなど30~40分とはいわずゆったりとボートの上で素敵な時間を過ごされるのもいいですね。

季節を問わず、デートにももってこいで、素敵な思い出づくりにできそうですね^^

ぜひ、計画に入れてみてはいかがでしょう。

noda_boat2

野田貸ボート店

【お花見マップ】

ws000006

のアイコンの場所になります。

所在地 北海道函館市五稜郭町44-5(五稜郭公園内)
問合せ先 野田貸ボート店
(0138-51-9327)
営業時間 9:00~17:00(4月末~10月末)
定休日 冬期休業を除いて無休
(天候によって休業)
料金(50分迄) 2名:2,000円
3名:2,500円
4名:2,800円
税込
注意事項 酒気帯びの場合乗船不可

参考:五稜郭公園の貸ボート

五稜郭公園のお花見期間中のトイレや駐車場は?

気になるトイレはどこ?

意外と忘れがちなのがトイレ。楽しいお花見もいトイレで失敗だけはしたくないものです。

屋外になるので、トイレの場所は事前に把握しておきたいですね。

公園内には公衆トイレがいくつか設置されていますので、【お花見マップ】より

ws000005

アイコンの場所をご確認ください。

当日は車で行きたい。駐車場事情は?

五稜郭公園内への車での侵入は一切できず、残念ながら花見用に臨時での駐車場もないのと、周辺に駐車場が非常に少ないことから、公共交通機関の利用を推奨されています。

せっかく車できても停められる駐車場がなかった場合を考えると市電+バス+徒歩が安心かと思います。

それでも現地まで車で行きたい、という方のために、上の【お花見マップ】にもある公園からもっとも近い駐車場についてご紹介します。

【お花見マップ】の

ws000007

アイコンの場所です。

goryoukakuparking

函館市五稜郭観光駐車場

ここは、六花亭五稜郭店・喫茶店ピーベリー近くにある市営の駐車場です。

五稜郭公園に隣接していて、駐車場からそのまま五稜郭公園の散策道に入れるので、便利でとても人気です。

施設名 函館市五稜郭観光駐車場
住所 函館市五稜郭町27番7(広場式)
営業時間 24時間
駐車台数 乗用車97台まで収容
料金 1時間まで200円。以降30分毎100円加算

桜の見ごろはGW前後なので、ちょうど道内・道外からの観光客も多いでしょうから、お車で行かれる方は早い時間から停めておくなど計画的に行かれることをおすすめします。

うんちく・あとがき

さいごに、五稜郭の桜に関しましてそのルーツといいますか、ちょっとした【うんちく】をすこし...

五稜郭は、幕末の元治元(1864)年に、7年の歳月をかけて竣工された、【日本で最初の西洋式城塞】です。

150年以上も前のことです!

大正3年(1914年)、「五稜郭公園」として一般開放され、昭和27年(1952年)に「五稜郭跡」の名称で特別史跡として国の指定を受け、以後は国民的遺産として保護・保存の措置が図られました。

花見時期の約1,600本のサクラは、函館公園と並ぶ桜の名所ともなっています。

%e4%ba%94%e7%a8%9c%e9%83%ad%e3%83%bb%e6%a1%9c

この桜は、一般公開される前年の1913年に、函館毎日新聞が発行1万号達成を記念して、それから10年間をかけ、数千本のソメイヨシノが植樹されたんです。

それが現在も約1,600本も残っているんですね~。

それからというもの、五稜郭公園は北海道内有数の花見の名所となっています。

ちなみに、五稜郭のサクラはソメイヨシノと八重桜の2種類あります。

以上、五稜郭の桜のルーツに関するうんちくでしたー。

当日は安心して楽しくお花見してくださいね!

日本全国屈指の観光スポットとしても人気の函館。

五稜郭以外にも名所がたくさんあります。

世界三大夜景にも選ばれたことのある函館の夜景や、近場でオススメな宿泊ホテルについてはコチラもぜひ、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

-桜・お花見