ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

seikatu_souji

大掃除 新生活 生活豆知識

一人暮らしで掃除ができない方へ!長続きする各場所のピカピカ掃除術!

トイレ・カーテン・カーペットのシミなどのほか、部屋や衣類などのメンテナンスのコツは、手間を惜しまずマメに手をかけることが大切です。

Aさん

料理は好きだけど、掃除や洗濯は苦手...。

 

こんなふうに掃除が苦手という人はけっこう多いものです。
 

ひとり暮らし経験者なら誰でも、友人や大事な人の突然の訪問で、「ギクッ!」としたことの一度や二度はありますよね?!

結局、掃除とか洗濯が面倒になるのは、毎日の小さな手間を惜しむからなんです。

そんな日々の積み重ねによって、結果うんざりするほどの大仕事を生み出すことのないよう、ご覧になっているあなたも、今日から毎日ちょっとのきちんと掃除を心がけましょう。
 

できるだけ毎日ちょっとの掃除こそが、ひとり暮らしのクリーニングのいちばんのコツですし、またそれは退居時に敷金をきっちり返してもらう最善の道でもあります。

ここで【長続きするピカピカ掃除術】をご説明します。

スポンサーリンク

一人暮らしで掃除ができない!長続きするピカピカ掃除術とは

ひとり暮らしだと、つい億劫になりがちなのが掃除ですね。

苦手な掃除をラクにすませる、簡単で長続きするピカピカ掃除術を覚えておきましょう。

以下に、各掃除場所ごとにポイントをご説明します。

キッチン(レンジまわり、シンク、換気扇)

レンジまわりの油汚れはこびりつく前に処理するのが大原則ですよ。

そこで便利なのが、油を分解する成分が染み込ませてある使い捨ての紙のクリーナーです。

これで1週間に1回、さっと拭く習慣をつければ、いつもレンジまわりはピカピカです。
 

手抜きをして油をこびりつかせてしまったときは、レンジ用洗剤で油を浮き上がらせ、きれいに拭き取ってから水拭きするようにしてください。
 

シンクは洗い物が終わったあとに洗剤のついたスポンジで全体をこすり、水で流してさっと拭いておけば、ステンレスの光沢が長持ちしますよ。

汚れがついてしまったら、クリームクレンザーをスポンジにつけて磨きましょう(傷がつくのでスチール製のたわしはダメ)。
 

換気扇は年に1~2回、取り外して、レンジ用洗剤で油を浮き上がらせ、きれいに拭き取ってから水拭きします。
 

 ■おすすめ キッチンの掃除はこちらがオススメです
キッチンの大掃除を超楽に!重曹とクエン酸を使い分ける予備掃除とは

バスルーム

お風呂場ですが、入浴したら最後に必ず熱いシャワーで浴槽や洗い場の壁や床、洗面器などをざっと流すようにしましょう。

これを習慣づければ、専用洗剤をつけてスポンジでゴシゴシやるのは週に一度くらいでOKです。
 

タイルの目地などに黒ずみができたら、それはカビ。

大仕事になる前にカビ取り剤で退治しておきましょう。

その際、換気には十分気をつけることです。

換気が悪いと頭痛や目の痛みを起こすこともあります。
 

また蛇口の付け根や排水口のまわりなどの汚れは、古い歯ブラシに洗剤をつけてこすればきれいに落ちますよ。

なお、入浴後はカビ防止のため最低でも1時間は換気扇を回すようにしてください。

シヤーカーテンにカビが生えた場合は金具を取り外し、塩素系漂白剤につけて落とします。
 

 ■おすすめ お風呂の掃除はこちらがオススメです
風呂掃除の手順まとめ!100均スポンジを駆使し水垢や鏡のウロコを落とす!

トイレ

トイレが汚いと、せっかくほかをきれいにしていても台無しです。

逆にトイレがピカピカだと、けっこうきれい好きに見えるものです。

使い捨ての紙クリーナーでこまめに拭き掃除をしておけば、汚れ(黄ばみや水垢)も臭いも防げます。

1週間に1回くらいはブラシでゴシゴシやりたいですね。
 

手抜きをして、つい汚れをこびりつかせてしまった場合は、トイレ用洗剤を振りかけ、しばらくしてからブラシでこすってみてください。

意外とホコリのたまりやすい場所なので、マメに掃除機をかけるのも忘れずに。
 

なお男性の場合、小の方も座ってするように心がければ、便器周辺の汚れや臭いを劇的に改善できますよ。

慣れれば少しも面倒ではないのでお勧めです^^
 

 ■おすすめ トイレの掃除はこちらがオススメです
トイレの掃除の仕方!何をやっても取れなかった頑固なシミやニオイと決別!


スポンサーリンク

カーテン、ブラインド

きれいに見えてもけっこう汚れているのがカーテンやブラインド。

3~4カ月に1回は洗濯、掃除をしましょう。
 

カーテンは、まず洗える素材かどうかをチェックしてください。

厚手のウールやレーヨン以外はたいてい家庭で洗えます。

洗うときはカーテンレールに吊るすフックをすべて外し、畳んで洗濯ネットに入れて洗濯機へ。

生乾きのままカーテンレールに吊るしてシワにならないように乾くのを待ちます。
 

ブライバは住まいの洗剤をつけた雑巾を使って羽根を1枚ずつ水平に拭いていきます。

雑に拭くと羽根が折れ曲がってしまうことがあるので注意してください。

エアコン

フィルターの掃除はエアコンの「効き」をよくするので、電気代の節約にもつながりますよ。

夏冬のシーズン中は2週間に1回程度はフィルターの掃除をした方がいいでしょう。
 

フィルターを外して汚れ具合をチェックし、ホコリがたくさんついているようなら水洗いをします。

きれいにホコリを流したら、日陰で乾かし、完全に乾いてからエアコンに取り付けます。
 

すぐにエアコンを使いたいなど、時間がないときは、フィルターを外して掃除機のすき間用ノズルでホコリを吸い取るだけでもいいですよ。
 

 ■おすすめ エアコンの掃除なら、こちらがオススメです
エアコンの掃除の仕方 100均アイテムでお手軽に15分でピッカピカ!

照明器具

ガラスやプラスチック製のシェードは、ガラス用か住まいの洗剤で汚れを拭き取り、最後に乾拭きする電球、蛍光灯も固く絞った雑巾で拭くと明るさが増しますよ。

窓ガラス

ガラスクリーナーを×印に吹き付け、洗剤を延ばすようにして水拭きしましょう。

布は繊維の残りにくいものを使用します。
 

水拭きしてから、だいたい6分乾きくらいで乾拭きします。

室内側、ベランダ側両方をやりましょう。

畳の目に沿って掃除機をかけます。

月に一度は住まいの洗剤を薄めた液につけた雑巾を固く絞って拭き、洗剤分が残らないように乾拭きして仕上げます。

カーペット

普段は掃除機をかけるだけでいいですが、月に一度は拭き掃除をやりましょう。

まず毛並みに逆らって古くなったヘアブラシやタワシをかけて毛足を起こし、ゴミやホコリを浮き上がらせてから掃除機をかけます。

そのうえで住まいの洗剤を薄めた液につけた雑巾を固く絞って拭きます。

なかなか取れない髪の毛などは、ロール状になった専用の粘着テープを使うとよく取れますよ。

またガムをくっつけてしまったときは、氷を入れたビニール袋を当てて冷やすと固まって、これが簡単にはがれるんです。

シミを作ってしまった場合は次の要領で対処するようにしましょう。

(a)水溶性のシミの場合

固く絞ったタオルを古いヘアブラシなどに巻き付けてシミの上を叩く。

次にカーペット用の洗剤でシミの部分を十分に濡らす。

洗剤で浮いてきたシミを靴ベラなどで毛の根元から起こすように取る。

最後に濡れタオルでシミの上を押さえ、シミをタオルに移していきます。

(b)油性のシミの場合

専用の洗剤かベンジンを布に含ませ、シミに押しつけて汚れを布に移す。

中性洗剤をつけた布で拭き取り、さらに水拭きしながら叩いてぼかす。

(C)猫のオシッコのシミの場合

お湯で固く絞った雑巾で叩くように拭き、次にアンモニアを中和させるために酢をつけた雑巾で拭く。

最後にお湯で拭いてから乾かす。

フローリング

フローリングは、掃除機をマメにかけるのが基本です。

そしてたまには材質に合った拭き掃除をしましょう。
 

白木の床は水拭き厳禁ですよ。

寄せ木合板の床も水拭きは禁物です。

Pタイルなどの化学板や塗装した木質の床は化学雑巾で磨き、汚れがひどいときは住まいの洗剤を薄めた液につけた雑巾を固く絞って拭きます。

いずれの床材も仕上げはワックスがけ。

つや出し効果と汚れや傷からの保護になります。
 

なおフローリングの床を掃除するときは、階下への騒音防止に十分留意するようにしてくださいね。

乱暴に家具を動かしたり、掃除機をかけたりすれば、必ず階下に音が響きます...。

ガタガタ、ギーギー引きずったり、掃除機のノズルを壁にガツガツぶつけたりしないようくれぐれも注意しましょう。

スポンサーリンク

-大掃除, 新生活, 生活豆知識
-