ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

IMG_7569

雛祭り

雛人形を飾る部屋・場所はどうすればいい?向き方角は?京雛は左右逆に注意!

桃の節句、雛人形をそろそろ出そうと思ったけど、出して飾るとき、部屋のどこに置いて飾るべきなのか気になっていませんか?
 

段飾りだとかなり部屋の場所もとりますし、飾ってしまったらやり直ししたくないし、ちょっと悩んでしまいますよね。
 

向きや方角など、縁起担ぎややってはいけない間違った事があるのか、正しい飾り方はどうすればいいのか。

今回は雛人形の飾る場所や向きなどについてお話しますね。

スポンサーリンク

雛人形を飾る部屋・場所はどうすればいい?

家でひな人形を飾る場所は、特にどの部屋でなければいけないという決まりはありません。

もし部屋数にゆとりがあって、広めの畳部屋があれば利用するのが良いですよ。
 

そういった部屋がなければ、七段飾りだとしても親王(殿様、姫様)のみにして、コンパクトでもよく見えやすい場所に飾るのが良いです。

また、小さなお子さんがいらっしゃることと、人形の劣化を防ぐことを念頭におくと以下の点では注意しましょう。

・お子さんが人形や飾りに手が届きにくい場所(手の届かない高さや、簡単な柵をはるなど)

・直射日光、ヒーターやエアコンの直風があたらない場所

毎年、この時期に飾るものなので、メンテナンスは大事ですからね。

雛人形を飾る向きや方角は?

飾って置く向きについては気になるところですが、特に向けてはいけない方角はなく、これについては縁起を担ぐ言い伝えのようなものもありません。
 

良い方角というのも特にはないのですが、あえていうと、北に向けて飾るのはやめた方がいいでしょう。

北向きに置くと、逆光になるのでお人形が見にくいということもありますし、部屋の南側に飾る事になるので日当たりが良いってことになります。

それはそれで良さそうですが、日当たりが良すぎると、人形が日焼けしやすくなります

生地の劣化の促進になってしまうので、直射日光の当たる場所はできるだけ避けることが重要ですね。
 

それでも飾りたいお部屋の間取りや場所の都合上、北向きにして部屋の南側に飾りおく場合は対策として南側(背にしている側)に遮光カーテンをした状態にしてあげましょう。

また、温度差にも弱いのでヒーターの近くやエアコン直風も避けた方がよいですよ。


スポンサーリンク

同じ雛人形でも、関東雛と京雛では左右が逆なので注意!

男雛(お殿様)と女雛(お姫様)の左右の位置はどちらが正しいの?

あれ、どっちだっけ...?!

と思われた方も多いのではないでしょうか。
 
現在一般に広く売られている雛人形は「関東雛」といって、向かって左にお殿様が座っているものになります。

逆に、向かって右側にお殿様が座っているものは京雛(きょうびな)と言われます。
 

京雛では向かって右がお殿様、関東雛では向かって左がお殿様です。

京都のお雛様なんですが、京雛は、御所に準えて南向きに飾り、東側にお内裏様、西側にお雛様を飾るそうです。

といえ、日本古来の風習によるものですので、こだわりやご家族の意向がなければ、好みの飾り方を選べば良いでしょう^^

スポンサーリンク

-雛祭り