ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

IMG_7580

雛祭り

雛人形の飾り方としまい方・防虫剤・収納・保存方法の注意事項について

初節句、おめでとうございます。
 

三月三日は女児がその小さな胸に優雅な楽しい思い出をつくる日であり、初節句にわが子のすこやかな成長と幸福をひな人形に托して祈る親心がひとつにとけあう、日本古来の大切な家庭行事のひとつです。

ですので、いざひな人形を出して飾るのは、失敗したくないですよね。
 

ここでは、雛人形の飾り方、しまい方、保存の注意点についてお話します。

ぜひ、ご参考になればと思います。

スポンサーリンク

雛人形の飾り方

お内裏様(おだいりさま)の飾り方

IMG_7574

一般的には結婚式の新郎新婦と同じように男雛(お殿様)が女雛(お姫様)の右手側に座るように置きます。

ちなみに、男雛を「お内裏様」、女雛を「お雛様」と呼び分けるのは誤りで、二人とも「お内裏様」であり「お雛様」なんです。

お殿様を「親王<殿>」、お姫様を「親王<姫>」とも表現します。

親王<殿>

IMG_7574

・冠(かんむり)

冠は頭にのせてあごに紐を結びます。
 

・笏(しゃく)

笏は右の握った方の手に持たせます。
 

・太刀(たち)

右袖の下に挟みこみます。

親王<姫>

IMG_7574

・檜扇(ひおうぎ)

両手で持たせます。

三人官女の飾り方

IMG_7576

IMG_7576

①銚子(ちょうし)

銚子は右手に持たせます。
 

②中央座り

眉毛をそっていて、いわば女官長です。
三宝(さんぽう)は両手を軽く開き、挟ませます。
お三宝か島台を持つ。
 

③長柄銚子(ながえちょうし)

両手で持たせます。

五人囃子(ごにんばやし)の飾り方

IMG_7577

五人囃子の並び方は、能のはやし方と同じです。

IMG_7577

向かって左から

①太鼓(たいこ)

太鼓を台に乗せ、ばちは両手に持たせます。
 

②大鼓(おおづつみ)

左握手で太鼓の胴を持たせます。
 

③小鼓(こづつみ)

左握手で小鼓の胴を持たせます。
 

④笛(ふえ)

両手に挟みます。
 

⑤謡(うたい)

扇を右の握手に差し込みます。
太刀は左袖下にそれぞれ挟みこみます。

隋臣(ずいじん・ずいしん)の飾り方

IMG_7575

一般的には、右大臣(うだいじん)、左大臣(さだいじん)とも呼びますが、実際には衛仕であり、武官なんです。

IMG_7575

・冠(かんむり)

冠は頭にのせてあごに紐を結びます。
 

・太刀(たち)

太刀は左袖の下に挟みこみます。
 

・持ち矢(もちや)

持矢は羽根を下に向け、右手に持たせます。
 

・弓(ゆみ)

弓は左握手に差し込みます。
 

・背矢(せや)

随身の背矢の差し方

IMG_7575

背矢は上の写真のように帯に差し込みます。

※紐付きの場合は、お腹にまわして縛ります。

仕丁(じちょう)の飾り方

IMG_7578

持ち物と衣装により一般型と京都風が区別されます。

写真は一般型で行幸されるときの形です。

IMG_7578

・烏帽子(えぼうし)

烏帽子を頭にのせ、あごに紐を結びます。
 

・台笠(だいがさ)

右手に差し込み、左手でささえます。
 

・沓台(くつだい)

沓台は両手で軽く挟みこみます。
 

・立傘(たてがさ)

立傘は左手に差し込み、右てでささえます。

京都風は箒・熊手・ちりとりを持ち、御所内の清掃係りを表現しています。


スポンサーリンク

雛人形のしまい方

ひな人形のしまい方の基本を以下にまとめました。

おひなさまは大切にしましょう

【雛人形のしまい方】

  • ・湿気の多い雨天はさけ、できるだけ晴れた天気の良い日にしまうこと。
  •  

  • ・お人形を手で持つ際には、顔や手足にふれないよう注意すること。
  •  

  • ・髪や衣裳についたほこりは、羽根ばたきなどの柔らかいもので払う。
  •  

  • ・顔や手足は柔らかい紙(テッシュペーパなど)で包んでしまう。
  •  

  • ・人形の持物、台、お道具セットなど樹脂製のものは、ナフタリンや樟脳(ショウノウ)で溶けることがあるので入れないこと。
  •  

  • ・保存場所は、極度に乾燥したり、湿気の多いところは避ける。

雛人形 防虫剤・収納・保存方法の注意事項について

ひな人形は桃の節句になれば来年も再来年も使っていくものです。

収納について間違った保存方法にならないよう注意しましょう。

【雛人形の保存方法】

  • ・人形の顔や手足には直接手を触れないよう、純白の紙、または布で取扱う。
  •  

  • ・頭髪や衣裳についた塵埃(ジンアイ)は羽根はたきでよく払う。
  •  

  • ・人形の顔や手足は柔かな白紙で覆い、紙または張棒で動かないようにして箱に納める。
  •  

  • ・箱の中に防虫剤を入れる時は、人形台等にプラスチック製品があるため直接触れないように注意する。
  •  

  • ・防虫剤は使用するのが良いですがその成分や量などによって人形へ影響が出るためよく説明書を確認すること。
  •  

  • ・保存場所はなるべく湿気のない場所を選ぶ。

あとがき

いかがでしたか?

段飾りの立派なものだと出して飾るのも、しまうのも大変ですね。

年に一回ですが、この先長く使うものなので湿気や汚れにも注意がいるので慎重に扱っていきたいものです。

ひな祭りの歴史について少しお話しますと、

いまより九百数十年前の平安時代に、貴族の中で人形を飾り遊んだという文献がありますが、それ以前は、土の人形や紙型の人形を飾り、女児の災難を払う行事が一月に行われていました。

現在のひなまつりが市民の間で行われるようになったのは江戸中期からで、明治時代に入り、女児のすべてがこれを飾って祝うようになり、年々盛んとなりました。

年に一度、愛らしく優雅なひな人形と、あたたかい心をかよわせながら、お子さまの夢多き美しい未来を祈りましょう。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-雛祭り