ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

tuyamajo_sakura

桜・お花見

津山城鶴山公園の桜の見ごろやライトアップは?アクセス駐車場事情もご紹介

「日本さくら名所100選」に選ばれる津山城の鶴山公園(かくざんこうえん)は春に桜の見頃を迎えれば、400年の歴史を持つ石垣と城を取り囲む桜色の雲海が広がります。
 

津山の鶴山公園は岡山県ではもちろん、中国地方でもナンバーワンの人気を誇る桜の名所です。

ここではそんな鶴山公園やその桜の歴史を交えながら、桜の見頃、見どころや駐車場、アクセス情報についてもお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

津山城鶴山公園の桜の見ごろは?ライトアップや見どころは?

見頃は4月上旬から!

桜の見頃は4月の上旬~中旬が毎年、満開を迎えます。

同じ期間中には津山さくらまつりが開催されていますよ。

tuyama_sakuramaturi

お気に入りの木の下にシートを広げて桜を愛でながら飲食をする花見客の姿も多いです。

公園の入口から続く石垣の下の歩道の両側は桜が立ち並ぶ花のトンネルになっています。

tuyama_sakura_ishidan

桜の中、城跡を段々と上がり歩いていくのが気持ちいいですよ。

満開時には桜の雲に浮かぶ城!

古色をたたえつつも装飾を省いた端正な美しさを見せる石垣と華やかな桜の花は、とても相性が良く美しいです。

tuyamajou_sakura_unkai

満開時には、3層の石垣が桜色の雲に包まれたような景色になります。

また、最上階の本丸から見下ろす風景も圧巻。

城を取り巻いて桜色の雲海が一面に広がり、春の息吹を強く印象付けられる眺めです。

夜のライトアップも必見!

ライトアップはこのように・・・

tuyama_sakura

美しいですね~

石垣をバックに3Dプロジェクションマッピングも!

ここ最近に企画されたようで、夜は石垣をキャンバスにしたプロジェクションマッピングが開催されますよ♪

これは感動モノです・・・!!

出典:津山鶴山公園3Dプロジェクションマッピング

●品種名

ソメイヨシノ、オオシマザクラ、エドヒガン

●問い合わせ

津山市観光協会
Tel. 0868-22-3310

津山城鶴山公園へのアクセス情報と駐車場事情

アクセスは?

電車で行かれる場合

JR津山線・姫新線津山駅から徒歩で約10分ほど。

お車で行かれる場合

中国自動車道の「津山IC」・「院庄IC」それぞれから約15分ほど。

駐車場は?

車で行かれる場合は鶴山公園専用駐車場が無料ですし便利なのですが、そちらは約20台の収容です。

もし混んでいる場合は付近の津山観光センター駐車場(無料、30台)、津山文化センター駐車場(有料、121台)が利用できます。

また、桜まつりの期間中(4月初旬~中旬)は、臨時駐車場を含め、2,000台が収容可能な有料駐車場がありますよ。


スポンサーリンク

津山城鶴山公園の桜 歴史紹介

津山城の歴史(簡単に)

15世紀半ば、山名忠政が最初にこの地に城を築いたのですが、後に廃城になりました。

現在に残るこの津山城は、領主として入封した森忠政が慶長9(1604)年から12年の歳月を費やして完成させたものなのです。

石垣と桜の花の共演

津山城は明治6(1873)年の廃城令を受けて城は取り壊され、その後は荒れ放題になっていました。

このままではいけないという気運が旧藩士を中心に広がり、明治33(1900)年、津山城跡を整備し公園として開放したのが現在の鶴山公園です。

明治38 (1905)年、当時の津山町会議員の福井純一氏は城跡を桜でいっぱいにする案を出しましたが、当初は賛同者がほとんどいませんでした。

しかし福井氏は私費を投じて黙々と桜を植え続け、その姿に心動かされ苗を寄付するなどの協力者が次第に増えていきました。

その後、大正天皇、昭和天皇の即位記念に2,000本の桜が植樹されるなどして、今の姿になったといわれます。

現在は公園内に数千本のソメイヨシノ、オオシマザクラ、エドヒガンなどが咲き誇り、訪れる人を出迎えてくれます。

廃城令後もほぼ完全な形で残った45mの高さのある石垣は、大きな見どころのひとつですよ。

復元された備中櫓

公園内のそこかしこに桜は植えられています。

根元に菜の花が咲くところもあって、菜の花の黄色と桜の淡いピンク色が、春の訪れを謳歌しているように思えます^^

廃城令により建造物がなくなった津山城に平成17 (2005)年、備中櫓を復元し、石垣などとともに往時の威容をほうふつさせる一助となっています。

これにより備中櫓を背景にした桜風景が、鶴山公園の新たな春の魅力に加わって花見の楽しさがよりいっそう大きなものになりました^^

あとがき

いかがでしたか?

日本の春といえば「桜」といっても過言ではないですが、この記事でもご紹介したように歴史深い城や石垣とのコラボレーションは素晴らしいですね!!

津山城の鶴山公園はいたるところが花見の好スポットですよ。

ぜひ、良い天気の日に足を運ばれてみてはいかがでしょうか^^

それでは。

スポンサーリンク

-桜・お花見