ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

キャンプ

キャンプ用テントの選び方!人数や居住性と設営、撤収のしやすさから最適な装備を

キャンプ用のテントを探していてどう選んでいいかお困りですか?

テントはキャンプ用具の象徴ともいえるアイテムですが、家族で大人数だったり、少人数で登山だったり、自分ひとりだけでだったりと人数に応じたサイズがありますし、キャンプの目的によってもたくさんの種類があります。

 
ですのでもちろん、目的にそったものを選ぶことが重要ですし、その居住性だったり設営や撤収のしやすさも重要だったりします。

こちらではそういったポイントを抑えたキャンプ用テントの選び方についてお話します。

スポンサーリンク

キャンプ用のテントとは?テントの選び方について

テントは「安心して眠れる寝室」であるべき

サイトに張り終えたテントは、まさに一夜のスイートホームといった趣です。

しかし、その選択や使い勝手を考えるとき、テントは「家」というより「寝室」ととらえたほうがわかりやすいです。
 

「家」にはリビングやキッチンがありますが、キャンプでは、タープの下に並べられたテーブルセットや、ストーブやクーラーボックスから構成された調理スペースなどがこれに当たります。

つまり、サイト(キャンプ場)=「家」であり、テントは眠りに就く際のプライベート空間=「寝室」というわけですね。
 

もちろん、昼間も着替えや悪天候時の避難空間として利用します。

したがって、テントに求められる大きな要素のひとつは「安心して眠れる」ことなのです。

テントを選ぶ際に考慮すべき重要な要素

たとえば

突然の大雨にも完全な防水性を発揮してくれるか?

強風が吹いてもめげることなく、ふんばっていてくれるか?

 
あるいは

虫や小動物の侵入を防いでくれるか?

 
などなど、テントを選ぶ際に考慮すべき重要な要素があります。

 
とはいえ、最近のテントは完成度が高く、素材も進歩しているので、これらの条件はほぼ満たしているものが多いです。

ただし、廉価品のなかには耐久性や強度に不安があるものもありますよ。

 
床回りの縫製処理や防水処理、ポールを通すスリーブ回りの縫製を中心にチェックするといいでしょう。

キャンプ用テントの選び方は?人数や居住性、設営や撤収のしやすさも重要なポイント

設営、撤収のしやすさも重視すべき項目のひとつです。

特に大人数用の大型テントは構成部品が多く、手順も複雑なものが多いです。

 
慣れで解決できるものはまだいいですが、なかには取扱説明書と毎回にらめっこしてもわかりにくいものもあります。

大人数用テントでも、2人程度で設営できるようなものが使いやすいですよ。

テントは大きく2種類に分かれる

大きく分けるとテントにはオートキャンプ向きのものと、登山や自転車旅行に向いたタイプがあります。

前者のオートキャンプ向きのものは重量や収納時のコンパクト性よりも居住性や丈夫さを優先しているのに対し、後者は軽量・コンパクトさと最大限の強度とのバランスを追求しています。

 
また、使う季節によっても選ぶモデルや付属品が変わってきます。

自分のキャンプのスタイルに合ったものを選ばないと、快適性に欠けるだけでなく結局は買い直すことになってしまうので注意しましょう。

 
以下に、キャンプする目的に合わせて、テントにはいろんなタイプがありますのでご紹介します。


スポンサーリンク

目的に合わせてタイプはいろいろ

・典型的なドーム型テント

camp_dome

定員は4~5人用です。
本体にフライシートをかけた状態で、その一部が前室兼タープの役割をします。

 

・ロッジ型大型テント

camp_rodge

居住性重視タイプで、ドーム型のシンプルなものから、内部が2~3室のものもあります。
設営に時間がかかるものもあり、基本的には、大人数または長期滞在向きです。

 

・山岳用小型テント

camp_sangaku

携帯性に優れ、軽く、さらに過酷な風雨に耐える強度が追求されています。

軽量コンパクトなので、ツーリングには最適ですよ。

ドーム型が主流で設営も比較的簡単です。
1人~数人用がありますが価格はやや高めです。

 

・ソロ用シェルタ

camp_solo

まさに寝るためだけの究極の小型テントです。
高山ではやや強度に不安がありますが、バックパッキングやバイクツーリングには向いています。

 

・メッシュテント

camp_mesh

用途としてはタープに近いです。
風通しがよいうえに、虫の多いキャンプ場では「蚊帳」としても役立ちます。

 

・連結できるテント

camp_renketu

出入口のファスナーを使って、複数のテントを連結できるものもあります。

グループなどで、リビング+ベッドルームという使い方もできるので便利ですね。

まとめ

山岳用テントをオートキャンプ場に張ると、心細くなるほど小さく見えますよね。

しかし、大きければそれだけ快適かというとそう単純なものではなく、たとえば寒い季節に小人数で大きなテントを使うと、内部の空気が暖まらずに寒い思いをすることにもなります。

逆に、暑い季節に山岳用の小さなテントに定員いっぱいで寝れば暑苦しいですし。

山岳用にしろ、オートキャンプ用にしろ、テントには使用可能人数の表示がありますが、もろもろの荷物を持ち込むことを考えると、快適に泊まれるのは表示人数マイナス1人といったところでしょう。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-キャンプ