ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

キャンプ

キャンプ用寝具にスリーピングバッグ&マットの快適性やデメリット解説

キャンプ用の寝具でスリーピングバッグやマットをお探しですか?

シアワセなキャンプは心地よい眠りからともいわれます。

風のざわめき、漆黒の闇、そして動物たちの鳴き声や気配...。

慣れていない人にとって、屋外での一夜はなかなか寝つけないものがあるかもしれません。

そんなとき、不安や緊張を解きほぐし、少しでも快適な眠りを得るためにも、スリーピングバッグやマットのよしあしは重要な要素です。

ここではその快適性やメリット、デメリット、寝具回りの便利な小物などについてご説明していきます。

スポンサーリンク

キャンプ用寝具 目的や用途、環境で選ぶスリーピングバッグ

スリーピングバッグは、レクタングラー型(封筒型)とマミー型(ミイラ型)に大別できます。

 
下の写真は右から化繊綿入りマミー型、ダウン入りマミー型、子供用化繊綿入りマミー型、化繊綿入りレクタングラー型。

IMG_7695

マミー型は保温性に優れた構造で、コードを引くと顔以外はすべてくるまれますが、動きにくいので慣れないと眠りにくいこともあります。

レクタングラー型は楽な体勢で眠れるファスナーでふたつ連結できるタイプもあり、子供連れの家族には便利です。

 

下の写真はそれぞれのスリーピングバッグを収納したもの。

IMG_7696

一般に同じ適応温度であれば、レクタングラー型、化繊綿を使用したもののほうがかさばります。

レクタングラー型のスリーピングバッグ

レクタングラー型は封筒のような形をしており、ふとんに近い感覚で寝ることができます。

レクタングラー型は内側にコットン等を使用し、肌触りのいいものが多いです。

 

マミー型のスリーピングバッグ

これに対してマミー型は、カラダのラインにフィットしたデザインです。

暖まった空気が逃げにくく、コンパクトなのが特徴です。

内部に詰められているインシュレーション(中綿)も、化繊綿とダウン(水鳥の羽毛)に大別できます。

化繊綿は少々湿気ていても保温性があり、洗濯や保管もあまり気を使わないで済みますし、値段も安めです。

一方、マミー型でダウンを使ったものは、同じ重さならより保温性に優れ、収納時はコンパクトになります。

ただし、化繊綿よりもメンテナンスに手がかかり、値段も高いです。

 

オートキャンプの場合どちらが最適?

オートキャンプであれば化繊綿入りのレクタングラー型が便利でしょう。

マミー型は登山やツーリングなど荷物を減らしたいときに向き、保温力が必要となればダウン入りを選ぶとよいでしょう。

スリーピングバッグには適応温度が記されているので、選ぶ際の参考にするといですよ。

とはいえ、多少の寒さは、保温性に優れたマットや、インナーシーツ、スリーピングバッグ・カバーなどの併用によってカバーできます。

 

キャンプ用寝具 快適性を左右するマット

マットはキャンプでの快適性を左右する重要アイテムです。

どんなに優秀なスリーピングバッグでも、そのまま寝たのでは体の下の部分がペシャンコになって、地面の冷たさ、デコボコが伝わってきてしまいます。

それを防いでくれるのがマット類なんです。

これは「夏だから必要ない」というものではありません。

実際、優れたマットは想像以上の快適な眠りをもたらしてくれるのです。

IMG_7697
上の写真は、右からセルフ・インフレータブル全身用、同半身用、銀マット半身用、フォームタイプ全身用です。
IMG_7698

↑こちらがそれぞれの収納状態です。
セルフ・インフレータブルは小さくなるとはいえ、全身用厚型はそれなりに大きいです。
厚さの違いはクッション性、断熱性に表れます。

マットには、テントの床全体に敷くタイプのものと、個人用のものがあります。

全体に敷くものはアルミ箔を蒸着した薄いウレタンやシート状のものが多いです。

これらは保温性もさることながら、テントの床面からの防水、防湿という役割も大きく、これに個人用マットを併用することでさらなる快適性を生んでくれます。

個人用マットには素材や厚さ、全身用か半身用かなどの違いでいろいろな種類があります。

厚く大きいものほど快適なのは確かですが、それだけ収納時のサイズも大きくなります。

マットの素材別の比較については以下を参考ください。


スポンサーリンク

マットのタイプ別メリット、デメリット

・セルフ・インフレータブル

メリット バルブを開けるだけである程度の空気が入りふくらむ。
クッション製、断熱性に優れ、収納時はコンパクトになる。
厚さやサイズも豊富。
デメリット 「自動的にふくらむ」というが、たりない分を吹き込むことも多い。
収納がやや面倒。
穴が開いたら使い物にならない。
値段も高め。

・ウレタン(フォームタイプ)

メリット 巻いてあるものを広げるだけ。
クッション性は若干劣るが、断熱性はよい。
穴が開いたり壊れる心配がなく、耐久性も高い。
デメリット 収納は巻くだけなのでかさばる。
巻きグセがつくとテント内で落ち着かない(寝てしまえば問題ない。
値段は3タイプのなかで中間。

・ウレタン(銀マット)

メリット なんといっても安く、手荒く扱っても惜しくない。
それでいてアルミの熱反射で断熱性も高い。
地方のホームセンターでも買える。
デメリット アルミ面がツルツル滑り、気づくとマットから落ちていることも。
使っているうちにヘタってクッション性に欠けてくる。
かさばる。

空気を入れるタイプのものは穴が開くと意味をなさなくなるので、リペアキットも用意しましょう。

寝具回りの便利な小物

家庭の寝具にもシーツや枕といった小物があるように、キャンプ用品にも各種の安眠グッズがあります。

インナーシーツはスリーピングバッグの中に入れて使う袋状のシーツ。

肌触りがよく、保温性も高めてくれます。

洗濯のしにくいダウン入りスリーピングバッグで使うと効果的です。

素材は綿のほか、抗菌素材や保温性に優れたフリース素材のものなどがあるので、好みに応じて選ぶとよいでしょう。

一方、スリーピングバッグの外にかぶせて使うのがスリーピングバッグ・カバーです。

主としてマミー型で使うことが多く、ぬれや汚れを防ぐと同時に保温性を高めてくれます。

キャンプでも睡眠中は多量の汗をかくので、少々高価ですが透湿性防水素材のものを選んだほうが快適になります。

また、夏のキャンプでは、インナーシーツとカバーの組み合わせだけで充分なことも多いです。

 
・スリーピングバッグ・カバー

IMG_7699
右はゴア・テックス製。
左の防水ナイロン製は安いが蒸れる。

 
・コットン製インナーシーツ

IMG_7700

 
・カバー

IMG_7701
カバーはバッグと同じ側にファスナーが付いたものを選ぶ。

 
・キャンプ用枕

IMG_7702
キャンプ用として売られている枕。
マットやスリーピングバッグの入っていたスタッフバッグに衣類などを詰めて枕の代用としてもいい。
スポンサーリンク
  おすすめ記事

-キャンプ