ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

肩こり対策

肩こりの原因と対策!ヒールやバッグ等身につけるものをチェック

 
肩こりの原因として普段履きなれているヒールやいつも仕事で使っているショルダーバッグなど、身に着けていたり持ち物などにも要因は潜んでいるものです。
 

仕事の関係だと、見直したくてもそれが出来ない場合もあるでしょう。
 

しかし、なんといっても体が資本、健康が一番ですので、ご参考までにチェックしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

肩こりの原因と対策!ヒールやバッグ等身につけるものをチェック

肩こり 身につけるものをチェック

肩を冷やす重いショルダーバッグ...肩の負担は減らして
 

身につけるものの中には、意外に肩をいじめる要因が潜んでいます。

ご自身にあてはまる項目はありますか?
 

次の項目をチェックしてみてください。

□肩を冷やす

肩が冷えると血行が悪くなり、こりを助長します。

 
寒い季節に外出する時には首まわりが冷えないようマフラーなどの利用を。

 
夏は、冷房のきいた室内で肩で冷やさないよう、女性なら首まわりにスカーフを巻いたり、薄手の上着をはおるなどして肩を守りましょう。

 

□重いショルダーバッグ

katakori_bag

ショルダーバッグをかけたほうの肩は知らず知らずのうちに上がった状態になっているものです。
 

こういった姿勢は筋肉を疲労させますから、要注意。

バッグがずしりと重いようなら、さらに負担は大きくなります。
 

軽い素材のバッグにしたり、バッグの中身を整理して軽くするようにして、肩をいたわるようにしましょう。


スポンサーリンク

□重いコート、ジャケット

冬など、重量のあるコートやジャケットなどを長時間着用すると、肩の負担になります。
 

コート類は軽めのものを選ぶようにしましょう。

インナーは、薄手でも異なる素材のものを重ねると、保温効果が増します。

 

□ヒールの高い靴

ヒールの高い靴をはくと姿勢が悪くなって、肩ばかりか腰までも疲れてしまいます
 

低めのヒールで足に合った靴を選ぶことです。

 
仕事上、変えるのが難しいようでしたら、本番(=顧客対応や会議など)時には我慢し、業務中であっても外見をチェックされないような場面(デスクワークや休憩中など)ではリラックスできる履物にして切り替えるのも手ですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回お話した肩こり原因について改善チェックポイントは以下となります。
 

・肩を冷やさないこと

・コート、ジャケットは肩に負担をかけないものを使用する

・重いショルダーバッグは避ける

・靴は適度な高さのヒールに

ご参考までに。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-肩こり対策