ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

good_makura

肩こり対策

肩こり首こりを解消する枕の使い方、眠り方、布団のおすすめは?

睡眠障害ではなく、ぐっすり眠られる方でも、枕や布団の選び方、使い方によって寝返り・寝違えなどから肩や首のこり、痛みを引き起こしてしまうものです。
 

眠りはよくとれているつもりでも、眠っている間、寝具に対してからだをどう支えた状態になっているかで、気づかないうちに体に積み重なる負担は増えてきます。
 

ここでは肩こり・首こりにお悩みの方に向けて枕の使い方や眠り方についてお話していきます。

スポンサーリンク

肩こり首こりを解消する枕の使い方、眠り方は?

枕は、頸椎のカーブを自然に近い形で保つ高さや素材のものを使用しましょう。
 

枕が高すぎると、頸椎のカーブがきつくなり、関節や靭帯を傷めやすくなります。

逆に頭が沈み込んだり低すぎたりすると首が反り返ってしまい、筋肉や椎間板が緊張したままになってしまいます。

枕の中の材質にも注意してください。
 

寝返りを打った時に中身がかたよるようでは、首が支えられなくなります。

横向きに寝る場合は、やや高めの枕が頸椎のカーブにフィットします。
 

いつも横向きで眠る人は、枕を少し高めにするとよいでしょう。

肩こり首こりを解消する よい枕、悪い枕の使い方

good_makura

首が休まる良い枕

・よい枕

後頭部を安定させ、頚椎を自然に近いカーブで保つ高さ・素材の枕を選ぶこと

 

こんな枕では首は休まらない

・かたよった枕(上向き)

首を動かすたびに枕の中身がかたよるような素材では、首が支えられない。

 

・かたよった枕(横向き)

寝返りが打ちにくくなり、首が不自然なカーブで曲がる

 

・沈み込んでしまう枕

へこみすぎる枕では、頚椎が支えられていない状態に

 

・高すぎる枕

背中が浮いて、首や肩の筋肉が緊張状態になり、負担がかかる

 

・首にあたる部分が高すぎる枕

首が持ち上げられてしまい、筋肉が疲労して首の痛みのもとに


スポンサーリンク

肩こり首こりを解消する布団・寝具のおすすめは?

敷き布団、ベッドともに、固めで背中やお尻が沈み込まないものを使用しましょう。
 

柔らかすぎる布団は、背中とお尻が沈み込んでしまい、腰の反りが強くなるので、要注意です。

逆に固すぎる布団では腰が浮き上がってしまい、これもまた腰の反りが強くなります。
 

腰が反ると、首や肩に負担をかけることになります。
 

適度な固さで、背骨の形に合った姿勢に保つのがよい寝具です。

まとめ

いかがでしたか?

快適な寝具で睡眠中もからだが自然に支えられているのが理想です。
 

首や肩のこりや痛みが続く時、寝具を換えるとよくなることもあります。
 

寝具は、毎晩からだを預けるものなので、からだに合ったものを選びましょう。

スポンサーリンク

-肩こり対策