ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

tuyu_kusegetaisaku

梅雨対策

梅雨対策 くせ毛を抑えるシャンプー、リンス、スタイリング剤や乾かし方のコツ

髪の毛がくせ毛や天パだと、梅雨で湿度が高い日が続くと、それだけでも毎日が憂鬱ですね。。。
 

髪のボリュームが多くなって、梅雨時期は気持ちも落ち込んでしまうと思います。
 

晴れている日は普通でも、雨の日になると友人たちから「あれ、パーマかけた?」なんて言われたり、、、
 

特にくせの強い髪の毛だと、「うねり」や「はね」が出て、全くまとまらなくなります。
 

ここではそんな梅雨時期や湿気の多い日にくせ毛や天パをなんとかしたい方への解決方法を提案していきたいと思います。

スポンサーリンク

梅雨対策 くせ毛を抑えるコツは?

夜にしっかりドライヤーをかければ、朝の寝癖が抑えられるとか、朝に髪を洗うと余計に湿気を吸ってしまうので夜のうちに洗ってよく乾かして、イオンドライヤーする...
 

このような方法で髪のボリュームを抑えるコツがありますが、クセが強かったり天然パーマの場合は湿度の高い日はすぐにボリュームが出て困りますよね。。。

くせ毛でお困り

乾燥してる日とか、特に梅雨とか雨の日ではない場合にはクセは気にならないけど、雨の日は、クセが強くなってしまう

 

このようなタイプの方でしたら、髪の毛の水分保湿率を少しだけ低めにすることで、クセが弱くなりますよ。
 

また、雨の日には、髪の毛をきちんとコーティングしてあげることで、湿気を吸収抑えるので、まとまりやすくなります。

そこで、以下のことを試してみてください。

梅雨対策 くせ毛を抑えるシャンプーのしかたのコツ

shanpoo

シャンプー

くせ毛を抑えるシャンプーのしかた1

髪の保湿率を低めにしたいので、最初のすすぎ時間は短く済ませます。
 

なのでまず、シャンプー剤の使用量を少なめにする必要があります。
 

シャンプー剤は、500円玉程度の量よりも気持ち少なめにします。

(ポンプ式ボトル入りシャンプー剤の場合は、ポンプ1/2~3/4くらい押した量)
 

そして、必ず、5~6滴程度の水分を加えてよく馴染ませ、両手で充分泡立たせてから、その泡を頭皮と髪の毛に移してシャンプーしてください。

くせ毛を抑えるシャンプーのしかた2

実は、洗浄そのものは、シャンプー剤の泡が消えてから行われていますので、シャンプー剤のすすぎは充分する必要があります。
 

もし、頭皮にシャンプー剤の洗浄成分が残っていると、頭皮が炎症を患ってしまう原因になるので、すすぎは充分する必要があるのです。
 

そこで、シャンプー剤のすすぎは、2~3分間はするようにしてください。

 

くせ毛を抑えるシャンプーのしかた3

なお、シャンプー中のシャワーの温度ですが、38℃以下としてください。

40℃近い温度のシャワーですすぐと、髪の毛のキューティクルが開きやすくなり、そのため、髪の毛は水分を吸収しやすくなってしまいます。
 

もし、シャワーの温度を設定できるようでしたら、設定温度は39℃以下にすると、髪の毛に触れるときには38℃以下になっていると考えられますよ。

 

くせ毛を抑えるシャンプーのしかた4

シャンプー剤のすすぎが終わったら、「すぐに」、お湯に浸して固く絞ったタオルで頭皮と髪の毛の水分を吸収してください。
 

これは、シャンプーから乾燥までの間、出来るだけ、髪の毛が水分に触れることを避けたいためです。

梅雨対策 くせ毛を抑えるトリートメントのコツ

treatment

トリートメント

トリートメントは、必ずするようにしてください。
 

というのは、まず1つ目の理由として、開いているキューティクルをゆっくりとではありますが、閉じてくれるようになるからです。

 
また、もう1つの理由は、トリートメント成分が髪の毛に浸透することで、髪の毛の重量が、ほんの少しですが増加します。

 
重くなると言うことは、その分重力で引っ張られやすくなりますので、クセが弱くなると考えられるからです。

 
なお、トリートメントは正しく使用しませんと、その成分が髪の毛に浸透しませんので、次の方法をとるようにしてください。

まずは「流すタイプ」のトリートメントのしかたからです。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流すタイプ)のしかた1

シャンプーのところでも書いていますが、シャンプー剤をすすぎ終わったら、お湯に浸して固く絞ったタオルで頭皮と髪の毛の水分を吸収してください。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流すタイプ)のしかた2

トリートメント剤は、髪の毛の根本1cm程度をあけて、そこから毛先まで塗ってください。

 
これは、毛穴にトリートメント剤が入り込まないためと、その程度の部分であれば、トリートメントが必要ないためです。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流すタイプ)のしかた3

温室効果を得るために、通気性のないシャワーキャップ(100円ショップで購入可能)で、髪の毛全体を包みます。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流すタイプ)のしかた4

トリートメント成分は、ゆっくりと浸透するので、10分間は放置してください。

 
また、このとき、熱が必要になりますので、放置時間が過ぎるまでの間、お風呂につかって、体を充分温め、温度を確保してください。(体を温めた熱が、髪の毛を温めます)

 
のぼせそうだな、と感じたら、必ず、足湯(湯槽の縁に座り、足だけをお湯に入れること)に切り替えてください。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流すタイプ)のしかた5

放置時間が過ぎたら、トリートメント剤は完全にすすぎ落としてください。

 
残した方が重くなるから良いのではと思われるかもしれませんが、その場合、重すぎてしまい、抜け毛を増やす原因になることがあるため、トリートメント剤は完全にすすぎ落とすようにしてください。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流すタイプ)のしかた6

トリートメント剤を完全にすすぎ落としたら、すぐに、お湯に浸して固く絞ったタオルで頭皮と髪の毛の水分を吸収してください。

つづいて、「流さないタイプ」のトリートメントのしかたです。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流さないタイプ)のしかた1

シャンプー剤を完全にすすぎ落としたら、頭皮と髪の毛を乾燥してください。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流さないタイプ)のしかた2

トリートメント剤は、髪の毛の根本1cm程度をあけて、そこから毛先まで塗ってください。

 
これは、毛穴にトリートメント剤が入り込まないためと、その程度の部分であれば、トリートメントが必要ないためです。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流さないタイプ)のしかた3

このままの状態で、1晩、または、約8時間放置します。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流さないタイプ)のしかた4

放置時間が過ぎたら、トリートメント剤は完全にすすぎ落としてください。

 
残した方が重くなるから良いのではと思われるかもしれませんが、この場合、重すぎてしまい、抜け毛を増やす原因になることがあるため、トリートメント剤は完全にすすぎ落とすようにしてください。

 

くせ毛を抑えるトリートメント(流さないタイプ)のしかた5

トリートメント剤を完全にすすぎ落としましたら、すぐに、お湯に浸して固く絞ったタオルで頭皮と髪の毛の水分を吸収してください。


スポンサーリンク

梅雨対策 くせ毛を抑えるリンスのコツ

conditioner

リンス(コンディショナー)

 
リンスは、髪の毛のコーティング剤です。

髪の毛をコーティングしますので、必ずするようにしてください。

 
なお、どのタイプのトリートメント剤を使用しても、リンスはトリートメントのあとにするようにしてください。

 

くせ毛を抑えるリンスのしかた1

水分を吸収してからで構わないと思いますが、必要があれば、頭皮と髪の毛を乾燥してください。

 

くせ毛を抑えるリンスのしかた2

リンス剤は、髪の毛の根本1cm程度をあけて、そこから毛先まで塗ってください。

 
これは、毛穴にリンス剤が入り込まないためと、その程度の部分であれば、リンスが必要ないためです。

 

くせ毛を抑えるリンスのしかた3

リンスは放置する必要がありませんので、リンス剤を塗りましたら、すぐにすすぎ落としてください。

 
ただし、リンス剤は、「指に髪の毛が引っかかり出す瞬間まで」すすぐようにしてください。

 
これ以上すすいでしまいますと、コーティング効果がなくなってしまいますし、逆に残しすぎますと、髪の毛が重くなりすぎてしまい、抜け毛増加の原因になることもあるからです。

 
なお、たいていの場合、下を向いてすすいでいると思いますので、その場合、落としにくい後頭部からすすぐようにすれば、すすぎ過ぎを防ぐことが出来ますよ。

梅雨対策 くせ毛を抑えるスタイリング剤のコツ

stylingzai

スタイリング剤(整髪剤)

スタイリング剤も、髪の毛のコーティング剤です。

 
ですから、ミストやムースなどのような水分を持っていると考えられるスタイリング剤は避けるようにしてください。

 
また、スタイリング剤にも重量がありますので、少し重めのワックスなどを使用しますと、クセが弱くなると考えられます。

 
といっても、つけすぎてしまいますと、抜け毛増加の原因になることもありますので、スタイリング剤は少量で充分です。

 
また、髪の毛をしっかりコーティングするために、ヘアスタイルと表面だけでなく、内側にもスタイリング剤を塗るようにしてくださいね。

 
ということで、この方法でしたら、髪の毛のダメージはかなり少なくすることが出来ると思いますよ。

ただし、人によっては、完全にストレートに出来ないこともありますが、その場合でも、現状よりはクセが弱まりますので、比較的、まとめやすくなると思います。

梅雨対策 くせ毛を抑える髪の乾かし方のコツ

dryer

乾燥は、最も重要なポイントになります。

 

くせ毛を抑える髪の乾かし方1

お湯に浸して固く絞ったタオルを用意し、まず、頭皮の水分を吸収します。

 
拭くということではありませんので、あまり、頭皮や髪の毛を擦らないように注意してください。

 

くせ毛を抑える髪の乾かし方2

上記の1だけでは吸収されない部分がある場合のみ、同じタオルを固く絞り直して、髪の毛を優しく包み、軽く押さえるようにして、髪の毛の水分を吸収します。

 
このとき、絶対に、擦ったり叩いたりしてはいけません。

 

くせ毛を抑える髪の乾かし方3

乾燥タオルを用意し、まず、頭皮の水分を吸収してください。

 
このときも、拭くのと違いますので、あまり頭皮や髪の毛を擦らないように注意してください。

 

くせ毛を抑える髪の乾かし方4

上記の3だけでは吸収されない部分がある場合のみ、同じタオルか、別の乾燥タオルを用意し、髪の毛を優しく包み、軽く押さえるようにして、髪の毛の水分を吸収します。

 
このときも、絶対に、擦ったり叩いたりしてはいけません。

 

くせ毛を抑える髪の乾かし方5

ドライヤーのノズルをはずすか、または、スライドさせて、ドライヤーの風の出口が大きくなるようにしてください。

 

くせ毛を抑える髪の乾かし方6

ドライヤーのスイッチを強風、または、ワット数の大きい方に入れ、ドライヤーを持つ腕を軽く伸ばして、必ず遠くから、ドライヤーの風を髪の毛の中に送り込み、頭皮を乾燥させます。

 
なお、後頭部などのように、ドライヤーと頭皮の距離が保てない場合は、ドライヤーのスイッチを弱風、または、ワット数の小さい方に入れて、乾燥するようにしてください。

 
このとき、空いている方の手で、髪の毛を掻き分けながら頭皮を乾燥しますと、比較的簡単に乾燥させることが出来ます。(なお、火傷には充分注意してくださいね)

 

くせ毛を抑える髪の乾かし方7

ノズルを元の状態に戻し、ドライヤーのスイッチを弱風に切り替えます。

 
髪の毛の根本から毛先に向かって、必ず、ブラシで梳かし、そのブラシを追いかけるようにして、ドライヤーの熱を髪の毛に与えます。

 
ブラシが毛先まできましたら、軽くテンション(引っ張る力)をかけながら、ドライヤーだけをはずして髪の毛を冷まします。

 
髪の毛が冷めるまでの間、絶対に頭とブラシは動かさないでください。

 
髪の毛が冷めしたら、ブラシを毛先の方向にはずしてください。

あとがき

いかがでしたか?

 
縮毛矯正をせずにシャンプーやトリートメント、髪の乾かし方など、手順ややり方を変えるだけで、くせ毛はしっかり対策できます

 
ドライヤーの使い方については、今度お店でカットするときにでも、担当の方に見本を見せてもらいながら教えてもらうとわかりやすいと思いますよ。

 
ぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-梅雨対策