ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

賞味期限

消費期限と賞味期限の違い・その差は何?注意すべきこと

 
スーパーやコンビニなどで買った食品には賞味期限や消費期限が記載されていますが、表現が違っているだけで、どちらも意味が同じだと思われていませんか?
 

実は表現も違えば、その意味も異なりますので、何の期限なのか?その意味をしっかり理解しておく必要があります。

スポンサーリンク

消費期限と賞味期限の違いは何?

この「消費期限」と「賞味期限」の2つの大きな違い。

それは劣化スピードにあります。
 

食品の劣化を判断する際に目安となるのが、消費期限と賞味期限なんです。
 

数多くの商品に表示されており、目にする機会も多いですが、大きな違いがあります。

 

「消費期限」は?

消費期限は弁当や惣菜パン、生菓子類、肉などの、急速に劣化しやすい食品に対して表示されているものです。

だいたい5日以内に食べないと状態が悪くなる食品が多く、表示されている年月日、また商品によっては時刻も記載されていますが、そのリミットを過ぎた場合は安全ではなくなることを示しています。

 

「賞味期限」は?

賞味期限は、ヨーグルトやベーコン、缶詰、調味料、スナック菓子などの、品質の劣化が比較的ゆるやかな食品に表示されているものです。
 

この場合、表示されている年月日、または商品によっては年月のみの記載もありますが、メーカ が品質を保証するリミットということを示しています。

【期限の目安メモ】

・消費期限

消費期限 = 安全に食べられる期限

製造日からだいたい5日間。

年月日表示
⇒弁当、惣菜パンなど。

表示されている日付を過ぎると食べられない。(安全ではなくなる)

・賞味期限

賞味期限 = おいしく食べられる期限

製造日から3ヶ月。

年月日表示
⇒ヨーグルト、ベーコなど。

年月表示
⇒缶詰、調味料など。

表示されている日付を少しくらい過ぎても食べられる。(食べる人が個別に判断)


スポンサーリンク

 
このため 賞味期限を過ぎた食品であっても、すぐに食べられなくなるというわけではありません。

品質や味わいが十分に保たれていることがあるため、食べる人が個別に判断する必要があります。

保存方法も重要

ただし、ここで注意したいのがどちらの期限も開封前の状態での保存を想定していることです。

 
賞味期限の表示が1年後の年月日だとしても、封を開けた瞬間に1年後の年月日は意味のないものになります。

また、どちらの期限も
 

「10℃以下で冷蔵」
 

「直射日光、高温多湿な場所を避けて常温で保存してください」
 

などと記載されている「保存方法」を守った上での期限であることも、覚えておかなければなりません。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-賞味期限