ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

oisii_hozon

賞味期限

食品のおいしい食べ方と保存の原則とは?!

食品のおいしい食べ方とは?

食品の製造方法や特徴をしっかり頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

食品をおいしく食べるために、消費期限と賞味期限は目安として役立ちます。

まず大切なのが、消費期限の表示の場合、期限が過ぎたら食べないこと。

味が落ちているのはもちろん、危険な状態になっていることもあります。

思い切って捨てましょう。

賞味期限の表示の場合、期限が過ぎてもその食品の味わいや品質が保たれている可能性があるため、判断が難しいところ。

また、どちらの表示もない食品について、特に魚や野菜などの生鮮食品の場合は、購入してからいつまで食べることができるのか、はっきりとした表示があるわけではなく、こちらも食べる人が見極めなければなりません。

そしてもう一つ、消費期限と賞味期限の表示はどちらも未開封が前提のため、開封した後は生鮮食品と同様に、食べる人が判断する必要があります。

その判断の際に重要なのが、各食品の特徴や製法などの知識があることです。

例えば野菜には野菜室に入れるとすぐに悪くなるものがあったり、調味料には開封しても品質が変わらないものがあったりします。

一方で、魚や野菜には個別に旬があり旬の時期は味がよく栄養素も豊富。

また、良質なものには見た目などに違いがあり、ちょっとの知識があれば目利きできることも少なくありません。

目で見たり、鼻で香りを嗅いだりなどの感覚を働かせることも大事になってくるのです。


スポンサーリンク

食品の保存の原則とは?

そしてその食品のおいしさを長持ちさせるためには、こちらで触れた劣化の要因をできるだけ取り除くことが原則です。

個別の食品により、最適な保存方法は異なってきます。

その原則を踏まえ、おいしく食べるための食品の知識と、おいしさを長持ちさせるためのさまざまな方法を解説します。

また、味と品質などを損なう「これは危険!注意!」も押さえていきます。

食品の食べごろを含め、特徴などが理解できれば料理の味がよくなり、食卓がもっと楽しいものに。

また、きちんと保存しておいしく食べ切れ、購入した食材を余らせず、無駄がなくなり経済的にもプラスとなり、より豊かな食生活のための大きな助けになるはずですよ。

・おいしく食べ、保存するための原則①
表示を確認し、消費期限なら期限が過ぎたら食べないこと。

・おいしく食べ、保存するための原則②
生鮮食品と開封後の食品は知識と感覚を働かせること。

・おいしく食べ、保存するための原則③
品質を長持ちさせるために劣化の要因をできるだけ取り除くこと。

スポンサーリンク

-賞味期限