ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

賞味期限

牛肉や豚肉の賞味期限 いつまで食べられる?これは危険!注意!

 
ここでは主に牛肉、豚肉の賞味期限についてお話します。
 

以下の記事でご説明したとおり、販売されている包装には検査されたうえで設定された期限が表示されています。

参考:期限の表示がある食品、省略可の食品があるのは何故?どんな食品?
 

また、ひとことでお肉といっても薄切りや厚切り、ひき肉などいろいろありますね。
 

・牛肉や豚肉はいつまで食べられるのか?
 

・賞味期限を維持するための保存の工夫は?
 

・やってはいけない危険なこと、注意点
 

などについてご説明していきます。

スポンサーリンク

薄切り・こま切れ肉(牛肉・豚肉)の賞味期限

524965

いつまで食べられる?

チルド室で3~4日
冷凍で2~3週間

 

下味をつけて冷凍保存も!ラップでぴっちりと密閉

炒め物やしゃぶしゃぶなどのゆで調理をはじめ、幅広い料理で活躍する薄切り・こま切れ肉。
 
保存の際は表面の水分をふき取り、ラップに包みましょう。
 
冷蔵なら低温のチルド室が適しています。
 
冷凍する場合はラップに使いやすい分量を広げてのせ、ぴっちりと包み、さらに冷凍用保存袋に入れましょう。
 
しょうが焼き用のたれなどで味つけして冷凍保存すれば、さらに1週間程度保存が利きます。

 

これは危険!注意!

空気に触れやすく酸化しやすい!

薄切り・こま切れにされている肉は表面積が大きく、空気に触れやすい特徴があります。
 
酸化したり、空気中の雑菌やカビが入り込んだりしやすいので、買ってきたらトレーから出してラップで包むようにしましょう。

厚切り・角切り肉(牛肉・豚肉)の賞味期限

595137

いつまで食べられる?

チルド室で3~4日
冷凍で2~3週間

 

ラップ&アルミホイルのニ重包みで肉汁を封じ込める

ステーキやとんかつ、カレーなどでよく使われている厚みのあるカット肉は、食べ応えがあり、肉汁もたっぷり。
 
そんな肉ならではのおいしさを損なわないよう保存するためには、ラップで密閉するのが基本です。
 
また、厚みのある肉は中心まできちんと凍るのに時間がかかります。
 
ラップで包んだ後、その上からアルミホイルで包んで冷凍すると、温度が伝わりやすく凍結が早まります。

 

これは危険!注意!

レンジで急速解凍だとドリップが出てしまう

解凍するときに出る水分がドリップ。
 
うま味や栄養分も含まれるので、肉から流れ出るのを防ぐのが大切です。
 
電子レンジなどで急速に、完全に解凍するとドリップが出るので低温で時間をかけるのが理想。


スポンサーリンク

ひき肉(牛肉・豚肉・鷄肉・合いびき)の賞味期限

216860

いつまで食べられる?

買ったその日
冷凍で2~3週間

 

新鮮さが何より大切!保存するならすぐに冷凍を

牛や豚、鶏の肉を細かく切ったり、すりつぶすなどしてあり、その加工の分、時間が経っている肉です。
 
そのため生のままなら購入日に使い切るのが原則。
 
保存する場合、買ってすぐに1回に使う量に小分けしてラップで包むか、冷凍用保存袋に薄く平らに入れ、箸などで1回分の筋目をつけて冷凍すると便利です。
 
揚げる直前まで調理したコロッケやゆでた鶏つくねの冷凍なら1カ月保存できます。

 

これは危険!注意!

そのまま保存はNG。最も傷みやすい肉。

購入後、トレーに入ったそのままの状態で冷蔵保存は厳禁。
 
ミンチになった瞬間から多くの空気に触れているため、雑菌が繁殖しやすい状態。
 
ラップで隙間なく包み、使うまでチルド室に入れておきましよう。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-賞味期限