ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

hirosaki_sakura

桜・お花見

弘前公園の桜の歴史と見頃、花見で見所、屋台の名物は?アクセス情報も

 
弘前公園の桜の例年の見ごろは4月下旬~5月初旬ころまでです。
 

こちらでは青森県は弘前公園の桜の歴史についてまずお話し、更に花見に行かれる方にとって桜の見所や気になる屋台情報などについてもご紹介したいと思います。
 

それではぜひ、ご参考までに^^

スポンサーリンク

弘前公園の桜の歴史と見頃

桜の歴史

hirosaki_sakura2

弘前公園のお城と美しい桜

廃藩置県後に放置されていた弘前城を借り受けた津軽氏が、明治28年(1895年)に一般開放したことに始まる弘前公園(鷹揚園、鷹揚公園とも)です。
 

桜の始まりはさらに古くまで逆上り、正徳5年(1715年)に、弘前藩士が京都から25本のカスミザクラを持ち帰り藩主に献上したのが始まりといわれます。
 

その後、明治15年(1882年)にソメイヨシノ1,000本、明治34年(1901年)にもソメイヨシノ1,000本が植栽されるなどして、整備が進められました。
 

現在ソメイヨシノ、ヤエベニシダレ、カンザン、オオヤマザクラ、エドヒガン、シダレザクラなど52品種、約2,600本が公園内を彩っています。
 

桜の見頃

例年の桜の見頃は、4月下旬から5月初め頃までです。

弘前公園でお花見するなら見所は?

公園内には城、石垣、濠、池、赤い欄干の橋など多彩な風景があります。

hirosaki_sakura_gejoubashi

館神跡から下乗橋と天主を望む眺めも美しいです

そのため天守壁の白と桜とのコントラスト、松の緑と桜のピンクとのコントラスト、
 

濠の水面に桜の枝が垂れ下がる風情ある眺めの西濠の桜並木、石垣の上から長く垂れ下がる御滝桜
 

(シダレザクラ)、北の郭から見る石垣、天守、下乗橋と桜の調和した景色など見どころは数え切れないほどありますよ。
 

多くの品種がそろい、長い期間花と出合える弘前城植物園内の桜園も、ぜひ訪れたい場所です。
 

思い思いに公園内を歩いて、お気に入りの風景を探す楽しさがあります。
 

りんご栽培を参考にした剪定や施肥などの管理技術により、ひとつの花芽から多くの花が咲き、ボリュームたっぷりの見応えになることが弘前公園の桜の特徴です。
 

古木が多いですが、若い枝が威勢よく伸びて勢いは、いまだ衰えていません。
 

二の丸与力番所横には明治15年に植栽されたソメイヨシノの木が1本健在で、日本最古のソメイヨシノとして名高いです。

hirosaki_someiyoshino

日本最古のソメイヨシノ

また、三の丸緑の相談所中庭には、日本一太いというソメイヨシノもあります。

●品種名
ソメイヨシノ、八重紅枝垂れ、関山など


スポンサーリンク

弘前公園でお花見行くなら屋台で名物は?

お花見シーズンにはたくさんの屋台がやっていますが、気になる食べ物について少しご紹介したいと思います^^

津軽そば天玉入り

hirosaki_tsugarusoba

三忠食堂という出店で売ってるんですが、このお蕎麦、あの「美味しんぼ」にも登場した津軽そばなんですね~
 

ほっと安心するような飽きの来ない素朴な味ですよ。
 

麺はコシがなくてすぐにプツっと切れちゃうのが津軽そばの特徴でもあるんですよね。

 

りんご果肉入りアイス

hirosaki_ringoice

デザートでは、弘前特産のりんご果肉入りのアイスクリームも春の弘前公園の名物ですよ^^
 

食後のデザート、桜の散策のお供に♪
 

公園内にずらりと並ぶ約200軒の露店も名物です。見世物など種類も多いですよ。

 
 

露店でお好みの食べ物を買って食べるのも楽しみのひとつですね。
 

4月23日から5月5日まで開催される「弘前さくらまつり」期間中は夜間のライトアップが行われ、同じ場所でも昼間とは違った雰囲気になり見応えがある。

hirosaki_sakuramatsuri

弘前さくらまつりは多くの人たちでにぎわってます♪

●アクセス
JR奥羽本線弘前駅、弘南鉄道弘南線弘前駅から100円バスで約15分、弘前市役所前下車。
大鰐弘前ICから弘前方面に約20分

●問い合わせ
弘前市観光物産課
Tel.0172-35-1 1 1 1

以上、ご紹介しました。

ご参考になればです♪

スポンサーリンク

-桜・お花見