ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

キャンプ

キャンプ生活でストーブの選び方・タイプ別のメリット・デメリットをご紹介

アウトドアシーンにおいてストーブとは、家庭のガスコンロに当たるものです。
 

あくまでも調理器具であり、暖房器具ではありません。
 

バーベキューやキャンプ生活にとって最大の楽しみでもある調理器具として役立つストーブの選び方、タイプ別のメリット、デメリットなどについてご紹介します。
 

スポンサーリンク

キャンプ生活でストーブの選び方

ストーブはメインとサブを使いこなしたい

キャンプで料理というものをどう位置づけるかによって、このストーブの選択は大きく変わってきます。
 

料理をキャンプのメインイベント、あるいはそれに近いものと考えるのであれば、ツーバーナーといわれるタイプに代表される大型のストーブが圧倒的に便利ですよ。
 

ふたつのバーナーが付いたこのタイプは、同時にふたつの調理をすることができ、家庭用コンロの感覚で凝った料理にも挑戦できます。
 

しかし、「食事は簡単に済ませればいい」というのであれば、シンプルなシングルストーブが1台あれば充分です。
 

あるいは、料理をメインにするのであっても、それが炭火料理や焚き火料理であれば、やはりツーバーナーまでは必要ないですね。
 

ツーバーナー、シングルストーブともに、燃料はホワイトガソリンとガス(カートリッジ式)があります。
 

ランタン同様、ガソリン用は強力な火力が得られる代わりに、着火までの手順が少し面倒です。
 

燃料の取り扱いにも注意を要します。
 

その点、ガスはバルブをひねって点火するだけで(自動着火装置付きならスイッチを押すだけ)済みます。
 

メインの料理にはガソリン用ツーバーナーを使うにしても、コーヒータイムや料理の温め直しなど「ちよっと使いたいとき」用に、ガスストーブを1台用意しておくと重宝するでしょう。
 

camp_storb2
典型的なガソリン用ツーバーナーストーブ。
タンクを内部に収め、風防を折りたたむと、シンプルな箱状に収納できる。

 

camp_storb4
左右ふたつのバーナーは火力に差がある。
右側は火力の強いメインバーナーで、炒め物などに、左のサブバーナーは煮物などにと、料理によって使い分ける。

 

camp_storb1-e2
ガス用ツーバーナー。
構造はシンプルで、クリーン。

camp_storb3

ガス用シングルストーブは登山やツーリングではこのタイプが主流。
カートリッジには寒冷地用などもラインナップされている。
左のカートリッジ分離タイプは安定性に長けている。

 

キャンプ生活・ストーブのタイプ別メリット、デメリット

キャンプ用のストーブにはいろいろなタイプがあり、それぞれ一長一短があります。
 

読まれている方の目的や用途に合ったものを選んで使われると良いでしょう。

 

ガソリン用ツーバーナー

・メリット

火力の強さとふたつのバーナーで、さまざまな料理が可能。
燃料コストはガスに比べると安く、燃焼時間も2~6時間と長い独特の存在感は、気分を盛り上げるという重要な役割も。

 

・デメリット

ガスに比べると点火までの手順が面倒。
特に何度もつけたり消したりするときは少々不便。
ガソリンの取り扱いには充分注意を。

 

ガソリン用シングルストーブ

・メリット

低温時でも安定した強い火力を供給。
ガスのように空きカートリッジが出ないので、長期の登山などに向く。
自動車用の無鉛ガソリンが使えるタイプは、地方でも燃料の入手が簡単。

 

・デメリット

点火に際し、ポンピングやプレヒートという手順が必要でやや面倒。
重量もガスストーブに比べると重い。
燃焼時の音もやや大きい。

 

ガス用ツーバーナー

・メリット

ガソリン用ツーバーナー同様、ふたつのバーナーで作業効率が高いうえ、微妙な火力調整もしやすい。
しかも、ガソリンのような点火時の手間がかからない。メンテナンスもラク。

 

・デメリット

ふたつあるカートリッジの残量がわかりづらい。
気象状況やカートリッジにもよるが、残量が減ってくると火力が落ちる傾向がある。

 

ガス用シングルストーブ

・メリット

軽量、コンパクト。
寒冷地用カートリッジやカートリッジに熱を伝えるブースターの使用で、低温下でもほぼ問題なく使える。
家庭用卓上コンロのカートリッジが使えるものもあり。

 

・デメリット

燃料代はガソリンより高め。
しかも、うまく使わないと中途半端に残ったカートリッジが増える。
カートリッジは飛行機持ち込み不可。


スポンサーリンク

しっかりとしたストーブ台を使う

重量もサイズも大きなツーバーナーは、安定した場所に設置して使わなければなりません。
 

テーブルの上に置いてもまず問題はないですが、テーブルの材質によっては熱による変形や変色のおそれがあります。
 

そういった心配がなくても想像以上にスペースを占有したり、炒め物や揚げ物をした場合に油が跳ねて汚れがちに。。。
 

その点、専用のスタンドや調理台を使えば、これらの問題を気にする必要がなくなりますよ。
 

ストーブが収まりよく乗せられるだけでなく、高さもちょうど使いやすいようにできているんです。
 

ただ、シングルストーブはコッヘル類を乗せると重心が高くなって不安定になりやすいです。
 

平らなテーブルの上に置くかベニヤ板などを敷いて安定させましょう。
 

705-132824-i02
折りたたみ式のストーブ台は携帯しやすく、少人数のキャンプに向きます。
調理台や収納棚も付いたシステムキッチン型は、一度セッティングしてしまえば、使い勝手がよいです。

ガソリンは専用のケースに

ガソリンストーブに使用するホワイトガソリンは揮発性が高く、引火点は氷点下40℃以下です。
 

その保管や携行には細心の注意が必要なのです。
 

販売時の缶をそのまま使ってもよいですが、量が多すぎる場合は市販のフューエルボトルに小分けして携行するといいですよ。
 

なお、フューエルボトルによく似た水筒がありますが、気密性が違うので流用しないようにしてください。
 

また、誤ってガソリン以外のもの(灯油や水など)を入れないように注意しましょう。
 

gasorin_bottle
フューエルボトルは各種サイズあり。
キャップの穴に棒などを入れて、増し締めできるようになっています。

sim
ガソリンはサラサラしていて注入時にこぼしたり尻伝いをしやすいです。

yjimage
専用注ぎ口やフィルター付きじょうごを使うのがおすすめです。
ポンピングを助ける取っ手もあります。

ガスカートリッジは同じメーカーを使う

一部のメーカーを除いて、ガスカートリッジとストーブ本体、ランタン本体の結合部の形状はほとんど同じに見えます。
 

gas_catridge
実際、違うメーカー同士でもねじ込みのピッチが合えば装着できてしまうし、点火もできるものが多いんです。
 

しかしながら、これらは統一規格というわけではありません。
 

結合部のすき間からガスがもれて引火するなどの危険があります!!
 

また、形状の違うカートリッジを使用可能にするアダプターもありますが、これも安全の保証はないものと考えましょう。
 

結合部の構造だけでなく、ガスの成分やカートリッジ内の構造もメーカーによって違うことがあります。
 

安全性はもちろん、性能を引き出すためにも、本体とカートリッジは同じメーカー製を使うことをオススメします。

BBQは炭火グリルがいちばん

バーベキューといえば、キャンプ料理の代表格ですね。
 

鉄板焼きなどはツーバーナーでも可能ですが、ジュウジュウと肉汁を滴らせながら焼く串焼きなどは、ちょっとムリがあります。
 

これを楽しむには遠赤外線パワーを発揮する炭火に勝るものはなく、そのためには炭火グリルを使うのがいちばんです。
 

camp_gril

炭火グリルにはさまざまなサイズや形状、そして値段のものがあります。
 

小人数だからといって、大きなグリルに少しの炭をおこしても熱効率はわるく、結果として大量の炭を追加投入することになります。
 

また、長く使いたければ材質の厚い丈夫なものを選ぶことです。
 

廉価版などに見られる鋼板の薄いものは、変形したり穴が開いたりと耐久性に難があるものが多いのです。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-キャンプ