ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

キャンプ

キャンプの荷物の車への積み方とパッキングのコツをご紹介

キャンプ計画、プランが決定し、道具も服もバッチリそろえた。
 

とくれば、あとは出発となるわけですが、その前にやらなきゃいけないのが荷物のパッキングですね。
 

ここではキャンプに行くとき、荷物のパッキングや、車への積み方のコツについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

キャンプの荷物の車への積み方とパッキングのコツをご紹介

まず大小さまざまな荷物をコンテナボックスやダッフルバッグに振り分けます。
 

ポイントは
 

「荷物ひとつはふんばらずに持てる程度の大きさに抑え、かつ全体の個数をなるべく少なくすること」

です。
 

ツーバーナーやテーブルなど大きめのモノはもちろんそのままで構わないです。
 

振り分けが終わったら、いよいよ車のラゲッジスペースに荷物を積み込んでいきましょう。
 

クーラーやコンテナボックスなど大きな箱モノを中心に据え、すき間をほかのもので埋めます。
 

ガタつくようならスリーピングパッグやマットなど軟らかいもので押さえてやります。
 

降ろすときのことも考え、テントやタープなど最初に使うものは、なるべくすぐ取り出せる位置に積んでおきましょう。
 

その際、後方の視界が確保されるよう気を配ること。
 

そして途中で買った物を入れるためにクーラーボックスは開け閉めしやすいようにしておくといいですよ。
 

荷物を積み込む車は、一般的なRV車でも、ステーションワゴンやミニバンでも積み方の基本は変わりません。
 

ただし、セダンのトランクは、工夫が必要です。
 

クーラーボックスやツーバーナーなどの箱モノや大きなものを最初に積み、すき間にダッフル類をつめていくとよいでしょう。
 

自分の車のラゲッジスペースを把握して回数を重ねていけば、自分なりの載せ方が確立して いくはずです。

 

キャンプの荷物は装備ごとにボックスやダッフルにまとめる

camp_box_

テント、テーブルなど、単体でひとつの荷物となるもの以外に、いろいろ細かい道具が必要なこともキャンプの特徴のひとつです。
 

パッキングの第一歩は、これらをまとめて振り分けることから始まります。
 

いちばんわかりやすいのはシチュエーション別に分けることです。
 

つまり
 

・「設営や火おこしの際に使うもの」
 

・「調理や食事の際に使うもの」
 

・「寝るときに必要なもの」

 
というように、キャンプで実際に起こるシーンを思い描きながら荷物を分けてみるのです。
 

硬くてかさばるもの、壊れやすいものはボックスにまとめることになりますが、食器とカトラリーが違うボックスに分かれていたりすると探す手間も倍になってしまいます。
 

ダッフルに入れるのは衣類などが基本ですが、夜間にしか使わないヘッドランプなどもこちらのほうがわかりやすいかもしれませんね。
 

そのあたりは臨機応変に考え、自分なりの振り分け方を確立していきましょう。


スポンサーリンク

壊れ物や燃料の取り扱いは慎重に

キャンプ道具のなかにはガラスを使っていたり、長時間にわたって高温状態に置くと危険なものも含まれています。
 

その筆頭がランタンや燃料です。
 

まず、オートキャンプの必須アイテムともいえるガソリンランタン。
 

専用のハードケースに入れている人が多いと思いますが、ケースに入れる前に梱包用のビニール(俗にいうプチプチ)などでガラスの部分(ホヤ)を囲ってやるとさらに万全です。
 

ケース内でガタつくこともなくなり、結果として寿命も大幅に延ばすことができます。
 

ただし、どれだけランタンを慎重に扱っても、マントルだけは移動中に衝撃が加わったり、何かの拍子で横にしたりといったことですぐ壊れてしまうのです。
 

あくまで消耗品と割り切ったほうがいいでしょう。
 

一方、ガソリンなどの燃料は、購入時に入っていた缶でそのまま持ち運ぶか、できれば専用の密封ボトルに入れたほうがベターです。
 

別の缶に移し替えたり高温状態に長く置くことは危険なので、くれぐれも慎重に取り扱ってくださいね。

 

クルマのルーフに積む場合

camp_roof

荷物を積むのに車内のカーゴスペスだけではたりない、という場合に活躍するのがクルマのルーフです。
 

カー用品店に行くとさまざまなルーフキャリアが販売されていますが、大きく分けて荷物をそのままくくりつけられるルーフラックと、キャリア上に固定する開閉式のルーフボックスがあります。
 

ルーフラックは、コンテナボックスなど高さがある荷物も載せられ、構造もシンプルで価格も比較的安いですよ。
 

ただし、専用のネットなどでしっかり固定する必要があり、ぬれるとまずいものは載せられないです。
 

一方のルーフボックスは、ふたがあるので高さがあるもの以外なら、ぬらしたくないものでも入れられます。
 

空気抵抗的にも優れスタイリッシュだが値段が張ることが唯一のネックです。
 

いずれのタイプにせよ、その積載能力は予想以上。
 

荷物スペースに困ったら検討してみる価値は充分にあるでしょう。

 

電池や燃料は事前に確認を

待望の夏休み。
 

1年ぶりにテントを引きずり出し、スリーピングバッグも干して準備万端。
 

意気揚々とキャンプ場へ出かけ、さあコーヒーでも飲むかと火をつけようとしたら、アレっ??
 

こんな経験をしたことはないでしょうか?
 

そう、ほかのものはしっかり準備したはずなのに、なぜか忘れてしまいがちなのが燃料の補充です。
 

さらにヘッドランプや電池式ランタンなどの乾電池も要注意。
 

長期間使わなかったため放電してしまっていたり、荷物の中でスイッチが入って電池がなくなっていたりということは意外に起きやすいものです。
 

最近は管理棟の売店などで購入できることも多いですが、それもできないような山奥のキャンプ場で燃料切れ、電池切れという事態は目も当てられません...。
 

テントや服装もいいですが、ストーブ類の燃料やヘッドランプなどの電池も、出発前にしっかりチェックしておきましょう。
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-キャンプ