ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

coolbox2

キャンプ

キャンプ成功!クーラーボックスへの収納方法と保存保冷のひと工夫

暑い季節、家族や友達とキャンプへ行くとなれば、もって行く食材はクーラーボックスでしっかりと保冷することが大事です。
 

ですが、クーラーボックスは準備しても、食材の収納方法を知らなければせっかくのボックス機能も活かせられません
 

現地でのバーベキューなど食事はキャンプの醍醐味ですから、せっかくの食材が痛んでしまっては台無しですよね。
 

ここでは、クーラーボックスへの収納方法と保存保冷のひと工夫についてご説明します。

スポンサーリンク

キャンプ クーラーボックスの収納方法

買い出しで仕入れた食材は、常温保存ができるものを除いてクーラーボックスに保存します。
 

coolbox1
しかし、クーラーボックスは断熱材の入った箱にすぎず、それ自体に冷却機能はありません(※電源やガスを使用する冷蔵庫タイプを除いて)。
 

したがって、低温を維持するためには保冷剤が必要です。
 

保冷剤は市販のものや生鮮品についてくるゲル状のパック、あるいはコンビニなどで売られている袋入りの氷を使いましょう。
 

保冷剤にしろ氷にしろ、同じ量であれば、より大きな塊を入れるほうがもちがよいですよ。
 

ただし、形がデコボコしたものに接したり、すき間をしっくりと埋めるには、小さな塊を数多くしたほうが使いやすいので工夫しましょう。
 

大きめの保冷剤や板氷を2つ3つメインに使い、冷菓についてくる小さな保冷剤や水割り用のロックアイスを追加的に使うのがいいでしょう。
 

こうして冷やしたクーラーボックスの中は、外気温や日当たりにもよりますが、保冷剤に接した部分は限りなく0℃に近く、そうでない部分でも中心部ならひとケタ台の温度をキープすることが可能です。
 

一方、天板(ふた)に近いところや内壁に接した部分はどうしても外気が伝わって温度が高くなってしまいます。
 

このことを逆に利用すれば、ワンボックスのクーラーで3ドア冷蔵庫並みの使い分けができるわけです。(フリーザーはムリですが...)
 

ところで、実際のキャンプシーンではかなりの量の保冷剤を入れたつもりでも、そのもちには限界があります。
 

特に夏場は2泊以上もたせることはなかなか難しいです。
 

幸か不幸か日本の多くのキャンプ場は街までクルマを走らせても距離は知れていることが多いので、長期滞在の場合は氷を買いたすものと割り切ったほうが気はラクです。


スポンサーリンク

基本的なクーラーボックスへの収納方法

クーラーボックスへの収納方法 その1

冷気は高所から低所へ流れるため、保冷剤は底に敷くよりも、立てたり上に乗せるのが効率的なのです。
 

直接触れても影響が少ないドリンク類の間に挟むと良いですよ。
 

なお、開閉頻度の高いドリンク類は別のボックスに入れるのもいい方法です。
 

クーラーボックスへの収納方法 その2

野菜類は直接保冷剤に触れると、かえって傷んでしまいます。
 

なので、少し離して内壁に沿ったところがいいでしょう。
 

保冷剤の結露でぬれないよう、ビニールでパックしておくと良いですよ。
 

葉ものは立てておき、肉類は温度の低い中心部へ入れておきましょう。
 

クーラーボックスへの収納方法 その3

horeizai1

メインの保冷剤となる板氷などは、両端や中心に立てて入れます。
 

上部にはフレキシブルに接し、重さもそれほど重くないロックアイスをカバーのように乗せておきます。
 

底には結露の水がたまるので、定期的に抜くかタオルで吸い取りましょう。

まとめ

いかがでしたか?
 

保冷剤はこれでなくては、という決まりはありません。
 
horeizai2

市販の保冷剤や冷菓などについてくる保冷剤は、繰り返し使えて経済的ですが、溶けた後は荷物になります。
 
horeizai3

コンビニなどで手に入る氷類で、板氷はもちがよいですが、破れないように注意しよう。
 

溶けたら飲料水としても使えますが、ある意味使い捨てで割高ではありますね。
 
horeizai4

また、ペットボトルのドリンク類を凍らせれば保冷剤も兼ねられますよ。
 

ただし、あらかじめ、1割程度減らしてから凍らせないと破裂する可能性あるので注意です。
紙パックや炭酸も当然ダメです。

スポンサーリンク

-キャンプ