ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

Print

家づくり・マイホーム計画

家づくりで失敗しないための持ち物と間取りのチェックリスト

新居に家具や大型家電を持ち込む場合、その大きさやどの部屋に置きたいかを明確にしておくことが重要です。
 

そうすることで、家具や家電がピッタリ収まるよう設計できます。
 

今回は、家づくりで失敗しないための持ち物や間取りの事前チェック項目についてご説明します。

スポンサーリンク

家づくりで失敗しないために持ち物をチェックしよう

新居に持ち込む家具は全て採寸してチェックシートを作りましょう。
 

家を建てるとなったら、どんな間取りにしようかなーと心躍らせたくなることでしょう。
 

しかし、その前にもう1つだけやっておかなければいけないことがあります。
 

それは、新居に持ち込む予定の家具類の寸法を計るという作業です。
 

小さいものまで1つ残らず計るのは無理があるのでそこまでは必要ありませんが、

・タンスや仏壇
・ピアノ
・冷蔵庫
・洗濯機

などの大型の家具や家電は必ず採寸しておきます。
 

そうして新居に持ち込むものは全て家づくりノートに、「家具持ち込みチェックシート」として記録しておきましょう。
 

その寸法を参考に間取りを考えれば、タンス置き場を作ったのにあと1cmのところで入らなかったなんていうことを防げます。
 

笑い話のようですが、採寸をしなかったばかりに、泣くに泣けないような状況になってしまうことが実際に起こりうるのです。

 

間取りは陣取り合戦

間取りを考えるのは大変な作業ですがこの作業こそが、家づくりの醍醐味です。
 

家族会議で話し合ったことを参考に、陣取り合戦を始めましょう。


スポンサーリンク

間取りづくりの第一歩はゾーニングから

家具の寸法を測ったら、いよいよ間取りを決めます。
 

間取りというと、細かな線でつじつまが合うように図面を書くように思う人もいるかもしれませんが、それはプロの仕事です。
 

あなたは設計のプロではないでしょうから、完全な間取りをつくる前のラフのようなものを作りましょう。
 

それをゾーニングといい、おおよその位置関係を決めることをそういいます。
 

「玄関はこの辺りで、リビングはここ」というように○で囲って場所決めをする、いわゆる陣取り合戦のような作業です。
 

この作業はプロの設計士でも行なう作業で、絵を描く時にまず輪郭をとるようにおおよその位置を決める線を描くのに似ています。
 

家づくりは洋服のコーディネイトのように、バランスが大切。
 

住宅雑誌などで気に入った部分をそのまま採用するとバランスが崩れることがあるので、このゾーニングをしてまずは間取りのバランスを見ます。

間取りチェックリスト

□収納スペース
□3年後、5年後も想定
□洗濯物を干す場所
□窓の位置、大きさ(隣の家との間隔をチェック)
□使いやすい階段の位置
□ドアの開き勝手
□和室とリビングの広さ

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-家づくり・マイホーム計画