ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

暑さ対策

熱中症を疑うべきポイントまとめ 赤ちゃん、幼児、小児、高齢者別

いわゆる熱中症の症状の現れ方はさまざまです。
 

まずは年代別にポイントを確認しましょう。
 

今回は、赤ちゃん、小児、高齢者別のほか、屋内外で活動される人の場合に分けて、熱中症を疑うべきポイントについてまとめました。

スポンサーリンク

熱中症を疑うべきポイントとは?

暑いときに体が熱くなったり汗をかいたりするのは、体の正常な反応で病的なものではありません。
 

しかしそれに頭がボーッとする、だるい、眠いといった症状が加わると熱中症が疑われます。
 

このような症状は涼しい場所で休むと 治まってしまうものもありますが、短時間のうちに重症化する場合もあります。
 

熱中症は重症化すると命にかかわります。
 

熱中症が疑われるポイント、その症状をあらかじめ把握しておいて、早期に気づくことが重要です。
 

熱中症は成人でも自覚症状がないまま進行することがあります。
 

さらに、暑さやのどの渇きを訴えられない乳幼児や、それらの感覚が鈍くなっている高齢者、暑さの中で活動することの多い子どもの場合は、周りの人が熱中症の症状が現れていないか、様子をよく見ることが必要です。
 

以下に、乳児、幼児、小児、高齢者、屋内で活動する人、屋外で活動する人にそれぞれ分けて熱中症を疑うポイントをまとめましたのでご確認ください。
 

熱中症を疑うべきポイント:乳児の場合

netchushou_nyuuji

□顔が赤い、ほてっている
□おしっこやウンチの量が少ない
□体が熱っぽい
□ぐったりしている
□皮膚が乾燥ぎみ
□授乳をしてもいやがる
□泣き声が弱々しい。泣かなくなった
□吐いてしまう

 

熱中症を疑うべきポイント:幼児の場合

netchushou_youji

□顔が赤い、ほてっている
□体に触れると熱い
□だるそうにしている、動きたがらない
□おしっこが出ていない
□吐いてしまう
□水分をあげていなかった
□炎天下や蒸し暑い環境で過ごした
□昼寝をしていない、寝不足だ


スポンサーリンク

熱中症を疑うべきポイント:小児の場合

netchushou_shouni

□顔が赤い、ほてっている
□体が熱っぽい
□頭の痛みを訴える
□『くらくらする」と訴える
□「気持ち悪い」と訴える
□『のどが渇いた」とさかんに訴える
□いつもより汗をかいている
□いつもより汗をかいていない
□炎天下や蒸し暑い環境で遊んだ

 

熱中症を疑うべきポイント:主に屋内で活動する人の場合

学生、室内勤務者、主婦など

netchushou_shufu

□頭が痛む
□めまいがする
□手や足がしびれる
□体がだるい、重く感じる
□汗が大量に出る/汗が出ない
□下痢、風邪をひいている
□直射日光にあたっていた
□のどが渇く
□食事をとっていない
□ (成人の場合)前日にアルコールを摂取した
□寝不足だ
□まとまった時間外出した

 

熱中症を疑うべきポイント:主に屋外で活動する人の場合

営業、体を使った労働をする人、スポーツをする人など

netchushou_sararyman

□頭が痛む
□めまいがする
□手や足がしびれる
□筋肉がつる
□だるい、体が重く感じる
□下痢をしている
□風邪をひいている
□のどが渇く
□汗が大量に出る/汗が出ない
□休憩をとっていない
□水分をとっていない
□食事をとっていない
□睡眠不足である
□まとまった時間屋外で活動した
□長時間、屋外で体を使った労働をした
□ (成人の場合)前日にアルコールを摂取した

 

熱中症を疑うべきポイント:高齢者の場合

netchushou_koureisha

□顔色が悪い/赤い顔をしている
□熱っぽい
□頭の痛みを訴える
□起きるとだるそうだ
□汗を大量にかいている
□汗が出ず、皮膚が乾燥している
□風邪をひいている
□血圧が低い
□服薬している
□動きが鈍い
□手や足がしびれているようだ
□水分をとっていない
□トイレに行っていない

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-暑さ対策