ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

natu_sky

暑さ対策

熱中症の予防・対策は夏からだと遅い?いつごろからはじめるとよい?

 
熱中症の予防対策はいつごろからはじめるとよいのでしょうか。
 

暑い暑い真夏になってからでしょうか?
 

答えは違っていて、理想としては梅雨時期から対策をとるのが良いようです。
 

その理由についてこれからお話していきます。

スポンサーリンク

熱中症の予防・対策はいつごろからはじめるとよいでしょうか?

気温と湿度が上昇する梅雨ごろから始めましょう
 

熱中症は高温・多湿の環境や、風が弱い炎天下で発症します。
 

そのため、真夏に起こるイメージが強くありますが、実は6月下旬ごろから起こりはじめます
 

というのも、熱中症は、気温・湿度の急激な上昇もきっかけになるからです。
 

梅雨の間に急に晴れて、ぐっと気温が上がるときや、梅雨が明けて蒸し暑くなるようなときは注意が必要です。
 


特にそれまではそれほど暑くもなく、比較的過ごしやすいという日が続いたあとに突然気温・湿度が高くなると、暑さに慣れていない体は変化に適応できず、熱中症にかかりやすくなってしまうのです。
 

熱中症の予防は、本格的に暑くなる前、梅雨のころから体を暑さに慣らしておくことが理想的です。
 

暑さに対する抵抗力がつくと、発汗を促して体の熱を放散するという自律神経の反応が速くなり、体温の上昇を防ぐことができるようになります。
 

熱中症は6月下旬から増えはじめ、7月下旬にピークを迎えます。
 

思ったより早い時期から熱中症予防が必要なのですね。
 

今年の夏も、昨年以上に暑くなります・・・!
 

熱中症になってからだと大変ですので、できるだけ早めに意識していきたいものですね。

スポンサーリンク

-暑さ対策