ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

暑さ対策

熱中症の予防にはどんな服装がよい?衣類選びのポイントご紹介

暑さが厳しくなってくると、外出するにも体調管理のためには服装選びが1つのポイントになってきます。
 

動けば(歩くだけでも)汗をかきますし、日差しによる日焼けや紫外線も気になりますよね。
 

暑い季節の体調不良の代表格ともいえる熱中症対策には、服装はどうすればよいのでしょうか。
 

服装選びのポイントなどお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

熱中症の予防にはどんな服装がよいでしょうか?

通気性や速乾性の高い素材、熱を吸収しない色、体を締めつけない形を選びましょう。
 

熱中症を予防するための衣服選びのポイントは、外気からの熱の吸収を抑えるとともに、体の熱をスムーズに放散させる機能をもつものを選ぶことです。
 

熱中症は体の熱の放散がうまくいかないために起こります。
 

汗などの水分を吸収しやすい素材、吸収した水分が蒸発しやすい通気性、速乾性に優れた素材を選ぶようにしましょう。
 

素材では綿や麻が適しています。
 

このほかにも綿の吸水性・速乾性を上回る合成繊維のポリエステル素材もあるので、それを選んでもよいでしょう。
 

色は熱吸収率が最も低い白または淡い色合いの衣服がおすすめです。
 

黒や紺などの濃い色は、日差しや熱を吸収しやすいので避けましょう。
 

形は、体を締めつけないゆったりしたものがよいでしょう。
 

服と肌の間に隙間を作り、通気をよくすることで熱を逃しやすくするためです。
 

ただし、ポリエステル素材のものは肌に密着させて着ることで、熱や水分を効果的に放散できるよう作られています。


スポンサーリンク

熱中症にならないための服装選びのポイントは?

男性の場合

・襟元は開ける

ネクタイは外し、襟元を開けて体にこもる熱を逃しましょう。丸首よりもVネックのほうが通気性は高めです。

 

・形はゆったりしたものを

ファッション性を重視してピタッとしたものを好む人もいますが、夏は通気性を第ーに考えましょう!

 

・シャツのすそを外に出す

カジュアルな服装が許される場ではシャツのすそを出して通気性を高めましょう。

 

・ベルトは緩めに

おなか回りの熱を逃します。
ズボンはきつくないものを選んで。

 

女性の場合

・首回りはゆったりと

ブラウスやシャツは、一番上のボタンを開けて通気性をアップ。
丸首よりVネックがおすすめです。

 

・下着をつける

キャミソールなどの下着をつけると、汗を吸収して体温の調節を助けてくれます。

 

・肌の露出は適度に

屋内や木陰など涼しい場所では適度に肌を出しましょう。
屋外では、肌を外気にさらしすぎないようにノースリーブなどは避け、カーディガンなどをはおりましょう。

 

・ズボンよりスカート

ズボンよりも、通気性のいいスカートがおすすめです。
体を締めつけないウエストのゆったりしたものがベストですよ。

 

・ストッキングはきつすぎないものを

通気性のためにもストッキングはきつすぎないものを選ぶか、レース風や編みタイプを選んでみましょう。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-暑さ対策