ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

atui_undou

暑さ対策

暑さや熱中症対策に、日常生活でできる工夫とは?運動なら何がよい?

暑いときは熱いお茶が良い」なんて聞いたことがありますけど、暑い季節には暑さに負けない体作りをすることも熱中症などから身を守る1つのポイントです。
 

普段から適度な運動をし、暑さに負けない丈夫なからだ作りを心がけてみませんか?
 

今回は、暑さや熱中症対策に、日常生活でできる工夫は何か?運動なら何がよいか?についてお話します。
 

スポンサーリンク

 

暑さ、熱中症対策に、日常生活でできる工夫はなんでしょう?

日ごろから軽い運動をするように心掛けて体力をつけましょう
 

熱中症は、体が暑さに慣れず、汗をかいて体温を調節する機能がうまく働かない人ほどかかりやすくなります。
 

予防のためには、普段から軽い運動を行い、汗をかきやすい体作りをするようにしましょう。
 

熱中症は梅雨入りのあとから増えはじめるので、そのころから運動をスタートするのが理想です。
 

おすすめは運動強度が軽く、簡単に始められるウォーキングです。毎日20~30分、少し早足で、じんわり汗をかく程度に歩きます。
 

2週間程度続けると、体が暑さに慣れて、汗をかきやすくなります。
 

ただし、暑さが厳しくなる季節にかけては、早朝や夕方にウォーキングタイムを設定するようにしましょう。
 

その際は木陰の多いルートを選ぶのも一案です。
 

日中の気温が高い時間帯に行うのは、かえって熱中症を引き起こす危険が高いので、絶対にやめましょう。
 


スポンサーリンク

 

汗をかきやすい体作りにウォーキングがおすすめです

・定期的に歩きましょう

一日20~30分が目安です。
日中の暑い時間帯は避け、自転車での買い物を徒歩に変える、ひと駅分を歩くなど、できる範囲から始めましょう。

 

・歩くフォームが大切。背筋を伸ばし、腕を振って歩く

背筋は頭の先から足の先までまっすぐになるように伸ばし、腕は90度に曲げて振りましょう。

 

・歩幅は広く、目線は10m程先を見ましょう

歩幅はやや広めにします。
足はかかとから着地し、後ろ足のつま先で地面を軽く蹴って歩きます。

 

・ウエアを工夫し、飲み物を必ず携帯しましょう

帽子をかぶり、汗を吸いやすく通気性の高い服を着ましょう。
スポーツ飲料なども携帯しましょう。

 

あとがき

いかがでしたか?
 

体力維持のためには休養も必要です。
 

無理をせずに、その日の体調を確認して歩きましょう。
 

睡眠不足や二日酔い熱やだるさを感じるなど、普段と体調が違う場合は中止することも大切です。
 

スポンサーリンク

-暑さ対策