ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

atusataisaku_baby

暑さ対策

乳幼児を熱中症から守る!予防のために大切な6つのポイントとは?!

 
乳児、幼児の場合、こまめな観察と水分補給が大切です。
 

乳幼児は、体に占める水分量が大人よりも多いうえに、新陳代謝が盛んでたくさんの汗をかくため、体の水分が蒸発しやすくなっています。
 

特に暑い季節、周囲の大人が環境や衣類、水分補給に気を配り、熱中症から子どもを守ってあげましょう。
 

スポンサーリンク

 

乳幼児を熱中症から守る!予防のために気をつけたいポイント1

普段から体調をよく観察し、子どもの様子の変化に目を配りましょう
 

乳幼児は、自分の体調を言葉で伝えることができないので、体調に関しては大人の目配りが不可欠です。
 

いつもより、顔が赤い、青い、顔色が悪い、汗をかいている、唇が乾いている、ぐったりとしている、おしっこが少ないなどのサインがあったら、水分を与えるようにしましょう。
 

乳幼児を熱中症から守る!予防のために気をつけたいポイント2

体の熱を逃せるように衣類の調節をこまめにしてあげましょう
 

体温調節の機能が未熟な赤ちゃんや小さな子どもは、寒さより暑さが苦手
 

暑いところでは外気の熱を吸収しにくく体の熱を放散しやすい服を、エアコンの効いた屋内では袖のある服を着せるなど、環境に合わせて衣服の枚数を調整してあげましょう
 

・乳児

肌触りのよい素材の帽子を、かぶらせましょう。
 

首など汗をかく場所にガーゼをはさみましょう。
 

汗をかいたらこまめに着替えさせましょう。
 

肌を守るため、ノースリーブなどは避けましょう。
 

・幼児、小児

外出時はつばの広い帽子をかぶらせましょう。
 

肌を守るためノースリーブなどは避けましょう。
 

汗を吸う素材で、体を締め付けない形の服を。
 

白や薄いパステル調の色を選びましょう。
 

乳幼児を熱中症から守る!予防のために気をつけたいポイント3

水分補給は成人よりさらに注意が必要。
 

水分はこまめにとらせましょう。
 

子どもは新陳代謝が盛んで汗をかきやすく、一度に飲める水分の量も多くないので、こまめに水分をとらせる必要があります。
 

お出かけの前後、運動の前後、入浴の前後、寝る前などが水分補給のタイミングです。
 

汗をかく前後に補給することを心掛けるとよいでしょう。
 

・一度に飲む量

50~100ml程度。
 

一度にたくさん飲むと胃に負担がかかるので注意が必要です。
 

・向いている飲み物

水や麦茶がよいでしょう。
 

甘いジュースや炭酸飲料は水分補給に向いていません。
 

・外遊びや運動時は

発汗量が増え、汗と一緒に塩分が出ているので、子ども用のイオン飲料水を飲ませると効果的です。
 

乳幼児を熱中症から守る!予防のために気をつけたいポイント4

遊びや子ども連れの外出は暑さのピークを避けて計画を
 

atusataisaku_babycar

子どもは大人よりも、外気温を高めに感じているといいます。
 

というのも、背の低い子どもやベビーカーに乗った赤ちゃんは、大人よりも地面からの照り返しを受けやすいからです。
 

外遊びや散歩する場合は、日差しが強い正午から午後3時を避けるようにしましょう。
 


スポンサーリンク

 

乳幼児を熱中症から守る!予防のために気をつけたいポイント5

短時間でも自動車の車内に残したまま車を離れるのは厳禁です
 

「ちょっとの間だから」と乳幼児を自動車に残して離れ、戻ってきたら熱中症で亡くなっていた、という痛ましい事故が数多く起こっています。
 

車のような狭い空間ではわずかな時間でも温度が急上昇するため、体温の調節機能が未発達な乳幼児にはとても危険です。
 

エアコンをつけていても、何らかの理由で切れることも考えられます。
 

絶対に子どもを車内に残さないようにしましょう。
 

2007年、JAFによる車内の温度がどれだけ高くなるかという実験では、屋外の気温が23℃前後のとき、密閉した車の中は50℃近くになるという結果が出ています。
 

乳幼児を熱中症から守る!予防のために気をつけたいポイント6

エアコンの温度の調整には気をつけましょう
 

エアコンから出る冷気は、室内の下のほうにたまる傾向があります。
 

大人に快適な設定温度にしていると、床に敷法いた布団やベビーベッドにいる乳幼児には冷たくなりすぎることもあります。
 

風が直接あたらない場所に寝具を置く、設定温度をやや高めにし、扇風機やサーキュレーターで部屋全体の空気を循環させる、などの工夫をしましょう。
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-暑さ対策