ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

nechusyou_syoujou

暑さ対策

熱中症の症状について重症度をチェック!重篤になるとどうなるのか?

熱中症になるとどんな症状が現れるのでしょう?
 

熱中症には大きく分けて、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病の4つの症状があります。
 

熱中症は、その症状から熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病に分けることができます。
 

今回は、これらの熱中症の症状がそれぞれ、どのようなものなのか、重症度の分類や、重篤になるとどうなるのかについてもお話しますね。
 

スポンサーリンク

 

熱中症になるとどんな症状が現れますか?

冒頭でも述べましたように、大きく分けて、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病の4つの症状があります
 

更に熱中症は、その症状から熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病に分けることができます。
 

熱失神ではめまいや立ちくらみなど、熱けいれんでは筋肉のこむら返りなど、熱疲労では全身の倦怠感や脱力、吐き気などの症状が現れます。
 

熱射病では40℃を超える高体温、全身のけいれん、意識の障害などが起こり、もっとも重症となります。
 

また、熱中症は重症度によって、I度、II度、III度に分類されます。
 

熱失神と熱けいれんはI度で、水分補給や日陰で休むなどの応急処置で対応できる軽症に分類されます。
 

熱疲労はII度の中等症で、病院へ搬送して点滴などを受ける必要があります。
 

熱射病はもっとも重症であるIII度で、ただちに病院に搬送し、治療を行う必要があります。
 

どの症状か分からなくても意識がない場合や、自分で水分補給ができない場合は、Ⅲ度と判断して病院に搬送することが大切です。
 

熱中症の症状と、重症度をチェックしてみましょう

分類I度

・熱失神

全身の血液循環量が低下し、脳への血流が一時的に不足し、めまいや立ちくらみ、失神が起こります。

 

・熱けいれん

大量の発汗で血液中のナトリウムが欠乏し、筋肉の痛み、こむら返り、硬直などが起こります。

 

分類Ⅱ度

・熱疲労

大量の発汗で脱水症状が現れ、頭痛、吐き気、おう吐、全身の倦怠感、虚脱感などが起こります。

 

分類Ⅲ度

・熱射病

脳による体温調節の機能が失われ、体温が40℃以上に上昇し、発汗が止まります。
ひきつけや、呼びかけや刺激に反応しなくなるなどの意識障害が起こります。

 

熱中症の症状別にどんな症状が現れるのか?

熱失神の場合

netusissin

全身の血流が低下して血圧が下がり、めまいや失神を起こします。
 

高温・多湿の場所で長時間にわたって活動すると、大量に汗をかいて脱水症状を起こしたり、体温を下げるために体の表面部分の毛細血管が拡張し、血液が体表に集中します。
 

このことで、一時的に脳への血流が減少し、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気などが起こります。
 

・顔色が悪くなる
・一時的に意識を失う
・反応が鈍くなる
・体温は平熱で
・発汗はある
・血圧が低下し脈拍が弱く速くなる
・脱水症状が起こりはじめる

 

熱けいれんの場合

netukeiren

大量の発汗で、血中のナトリウム量が減少。
 

手足などの筋肉がけいれんを起こします。
 

炎天下で運動をしたときや、温度・湿度の高い室内などで大量に汗をかいたとき、体内の水分とナトリウムが失われてしまいます。
 

このとき、水分だけを補給すると、血液中のナトリウム濃度が低下して筋肉の収縮を誘発し、手足のけいれんや筋肉痛、筋肉の硬直などが起こります。
 

・大量の発汗
・顔色が悪くなる
・筋肉のけいれん
・脈拍が弱く速くなる
・筋肉痛
・こむら返り
・体温は平熱

 

熱疲労の場合

netuhirou

大量に発汗することで脱水症状となり極度の疲労感や虚脱感が起こります。
 

大量に汗をかいたときに、水分やナトリウムを補給しないでいると脱水症状が起こり、体液が不足して全身の血液量が減少します。
 

これにより食欲減退や、全身の倦怠感、吐き気やおう吐などが起こります。
 

適切な処置が遅れるとより重い熱射病に移行しやすい危険な状態です。
 

・強い虚脱感や疲労感
・呼吸は速くなる
・脱水症状
・脈拍と血圧は低下する
・体温は平熱~40℃以下

 

熱射病の場合

nesshabyou

体温が40℃を超え、意識障害や多臓器不全につながる危険な状態です。
 

高温・多湿の環境で脱水症状が起こり、それが進行すると脳の温度が上昇し、脳がつかさどる体温の調節機能に異常をきたします。
 

汗が止まり、体温は急激に40℃を超え、皮膚は赤く乾燥します。
 

吐き気や頭痛、全身のひきつけのほか、重篤になるとこん睡などの意識障害が起こります。
 

・40℃を超える高熱
・脈は速い
・血圧は初期は高く、のちに低下
・発汗が止まり皮膚が乾燥する
・こん睡、全身けいれん、錯乱などの意識障害

 


スポンサーリンク

 

熱中症の症状が重篤になると、どうなるのか?

治療が遅れると、死に至るケースもあります。
 

また、命が助かっても後遺症が残ることも。
 

立ちくらみやめまい、顔色が悪いなど、症状が軽いからといって適切な処置を怠ると、熱中症は悪化します。
 

体温が上昇してしまうと、多くの臓器機能が低下します。
 

脳にも影響が起こり、まっすぐに歩けない、字が書けない、食べ物が飲み込めない(嚥下ができない)などの異常が現れ、意識障害が見られるようになります。
 

さらに体温を一定に維持する脳の働きが低下してしまうと、体温がどんどん上昇して発汗しなくなり、生命に危険が及ぶ熱射病に進行し、多臓器不全や脳の機能障害で死に至る危険があります。
 

脳の神経細胞は一度壊死すると再生しないという説があり、一命をとりとめても脳に後遺症が残るおそれがあります。
 

特に熱射病は、一刻も早い救命措置が必要な状態で、病院への迅速な搬送が生死を左右します。
 

また、意識があっても、おう吐などで水分補給ができない場合は、病院で点滴を受けることが必要です。
 

熱中病は重症化すると死に至ることがあります

体温が40℃以下では発汗が大量になり脱水症状が起こります。
 


 

熱射病になり体温が40℃を超えて上昇します。
 


 

脱水症状が極度に進み、発汗が止まり、症状が重くなります。
 

・多臓器不全
・嚥下の障害
・言動に異常
・こん睡・けいれん
・高度の意識障害

 


 

死に至る場合があります。
 

また一命をとりとめても脳に後遺症が残るケースもあるのです。
 

さいごに

熱中症の症状についてお話しましたがいかがでしたか?
 

熱中症とひと言で言っても症状はさまざまです。
 

生死にかかわるケースもありますので、「暑いなっ」て感じる日や、「外出したけど、水分あまり取ってないなっ」と思われたら本当に注意してくださいね。
 

予防対策する方法は以下のおすすめ記事をご参考いただければと思います。
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-暑さ対策