ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

更年期

更年期における女性ホルモンの減少、バランスの崩れがさまざまな症状を引き起こす原因となる

更年期には卵巣の機能が低下して、女性ホルモン分泌が乱れてきます。
 

ホルモンバランスがくずれると脳がパニックを起こすことをご存知ですか?
 

卵巣は寿命の短い器官で、初経から約30~40年くらいで機能を停止します。
 

30代半ばごろから卵巣の機能が低下し始め、やがて停止します。
 

そして閉経をへて高齢期に向かうまでの移行期を、更年期と呼んでいます。
 

この時期は、女性ホルモンが減少し、全身のホルモンバランスもくずれてくるのが特徴です。

 

スポンサーリンク

更年期における女性ホルモンの減少、バランスの崩れからさまざまな症状を引き起こす原因となる

月経は、卵巣から分泌される女性ホルモンによってコントロールされています。
 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがありますが、これらは脳の下垂体からの「性腺刺激ホルモン」の刺激を受けて分泌されます。
 

さらに下垂体は、脳の視床下部の性中枢から分泌される「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」にコントロールされています。
 

つまり女性ホルモンは、視床下部→下垂体→卵巣というホルモンの流れをへて分泌されるのです。
 

josei_horumon

 
視床下部が性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌するのは、血液から情報を得て可能となります。
 

脳には血液中のホルモンの状況を読みとるシステムがあり、その結果、ホルモンが少ない場合は多く分泌するように命令を出します。
 
 

女性ホルモンの分泌は、視床下部→下垂体→卵巣というラインだけでなく、副腎系ホルモンや甲状腺系ホルモンとも互いに影響し合っています。
 

これらのホルモンのうち、どれかひとつに異常があっても、月経周期は乱れてきます。
 


スポンサーリンク

 

更年期になって卵巣の機能が低下すると、エストロゲンはどんどん減少し、60代になると卵巣からほとんど分泌されなくなります。
 

プロゲステロンも排卵がなくなると減少し、閉経期に入るとエストロゲンよりも激しく減ります。
 

その結果、2つのホルモンの分泌バランスがくずれ、女性ホルモンの総量が減ります。
 

このホルモンの分泌バランスのくずれは、更年期によくみられる機能性出血などの症状を引き起こします。
 
 

そして女性ホルモンが減ってくると、下垂体は卵巣からのホルモン分泌を促すために、どんどん性腺刺激ホルモンを分泌します。
 

しかし、卵巣の働きが衰えてしまっているので、いくら刺激されても女性ホルモンは増えません。
 

にもかかわらず血中ホルモン濃度が減ったという情報をもとに、視床下部は下垂体を、そして下垂体は卵巣を、刺激し続けます。
 

それでも働かない卵巣に、脳の中枢部はパニックになってしまいます。
 
 

性中枢のある視床下部は自律神経の中枢でり、ここがパニックになると、自律神経のバランスもくずれてきます。
 

体温や発汗、呼吸などをコントロールしている自律神経のバランスが乱れると、更年期の代表的な症状である、ほてりや急な発汗、動悸などが現れてきます。
 
 

このように、卵巣の機能低下による女性ホルモンの減少と、それに伴う全身的なホルモンバランスのくずれが、更年期のさまざまな症状を引き起こす原因となるのです。
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-更年期