ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

祭り

唐津くんちの歴史と祭りでの曳き回し見どころ・日程紹介、駐車場はある?

今回は佐賀県の秋のお祭り「唐津くんち」についてご紹介したいと思います。
 

唐津くんち(からつくんち)は佐賀県唐津市で毎秋(11月2日~4日)に行われる曳山祭り(ひきやままつり)です。
 

長崎くんちの異国情緒とは、がらりと趣を異にします。
 

唐津くんちの歴史や祭りの概要、見どころについてお伝えしたいと思います。
 

気になる祭り会場周辺の駐車事情や日程スケジュールのほか、城下町の風情が残る町「唐津」についてもご紹介します。
 

くんち祭り以外にもこの地の魅力が伝えられればと思います^^
 

ぜひ、ご参考ください!
 

スポンサーリンク

 

唐津くんちの歴史、祭りの内容

唐津くんちの曳山は貴重な町民文化遺産

唐津神社の秋祭りは戦国時代以前から行われていましたが、現在のような重厚で迫力をもった曳山祭りになったのは文政2年(1819)で、刀町の住人・石崎嘉兵衛が赤獅子の曳山を奉納してからのことといいます。
 

嘉兵衛は伊勢詣での帰途、京都祇園会の山鉾を見て曳山の制作を思い立ったとされています。
 

karatu_kunchi_rekishi

 

それ以後、明治9年までの57年間に15台の曳き山が次々と奉納されて、現在のような勢揃いとなりました。(そのうち紺屋町の黒獅子だけは明治中期に損滅)
 

唐津くんちの曳山は、こうした貴重な町民文化の遺産なのです。
 

曳山はいずれも高さ7メートルにおよぶ堂々たる工芸品で、見応えも迫力も十分ですが、その修理補修の努力も大変なものなようです。
 

祭りの内容(概要)

11月2日「宵山」は、各町内から曳かれた14台の曳山が1台また1台と唐津神社前に集合します。
 

金獅子・赤獅子・兜・鯱......工芸の妙を尽くした豪華な曳山は、そこでじっと夜明けを待つのです。
 

3日は唐津大明神が御旅所へ御神幸する日に当たります。
 

神輿に従って曳山が続くのですが、曳子たちの衣装がとても凝っているのです。
 

江戸時代の町火消し装束を再現したもので、黒木綿の腕貫に腹掛・股引に町内ごとに意匠をこらしたいなせな法被です。
 

彼らが鉦・太鼓・笛の雄壮豪快な曳山囃子とともに疾走したり歩いたり、祭りの活気を大いに盛り上げてくれるのです。
 

karatu_kunchi2

 

ハイライトは御旅所のある西の浜(現在は西の浜脇の小学校校庭の砂地)での曳き込み。
 

重さ2~4トンの曳山14台が砂地に深く食い込んだ車をものともせず、次々と競い合って死力を尽くす白熱のデッドヒートが展開されるのです。
 

数万の大観衆のかけ声、ほとばしる汗、揺れる曳山......唐津くんち最大の見せ場です。
 

そして最終日4日。
 

曳山は町々をゆっくりと巡行します。
 

karatsukunchi3

 

唐津町民文化の粋を思う存分観賞するうちに、秋の終わりがしみじみと実感されるひとときですね。
 

祭りの見どころ、唐津曳き山づくし

曳き回しの圧巻は、曲がり角での直角ターン。
 

曳山(ひきやま)の巨体が左右に大きく傾き、車輪が音をたててきしむ手に汗にぎるこの瞬間は見逃せませんよ。
 

町角はとりわけ混みあうので、早めに出向き場所を確保したいものです。
 

祭りの最大の見どころはやはり3日のお旅所(おたびしょ)への曳き込みです。
 

舞台は西の浜にある小学校校庭。
 

砂のなかに車輪がめりこもうとするのを、曳子たちがありったけの力を振り絞って曳き回します。
 

「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに、唐津市内の旧城下町を練り歩いていきます。
 

その迫力と興奮。
 

14台が総結集する壮観なシーンは必見です。
 

karatu_kunchi1

 

昔から唐津の人はこの3日間、年に一度の無礼講を興じてきました。
 

たくさんの客人を招いて飲み食べ祝う・・・。
 

お頭つきの鯛や一匹二十数万円もするアラの姿煮がデンと伊万里の大皿に盛られたりするのです。
 

何しろ3カ月分の生活費を投じ、その散財ぶりを唐津の人は誇らし気に“三月倒れ”といいます。
 

手間とお金を惜しまない豪華料理は唐津名物になっています。
 

しかし、残念ながら昨今はこの慣習も薄れつつあるようです。
 

唐津曳き山づくし

曳き山14台は1番から順次ナンバーがついているいずれも「一閑張り」と呼ばれる工芸手法で造られています。
 

一閑張りは飛来一閑の創始といわれ、木組みや粘土の原型、木型などの上に和紙を数百回張り重ね、麻布を張り、さらに幾種類もの漆で塗り上げて、金銀などの高価な仕上げをほどこしたもの1台を完成させるのに2年前後の歳月を必要とする精魂込めた貴重な作品なのです。
 

14台の名称は次の通りです。
( )内は制作年と保管・運営町。
 

1番山 赤獅子(文政2/刀町)
2番山 青獅子(文政7/中町)
3番山 亀と浦島太郎(天保12/材木町)
4番山 源義経の兜(天保15/呉服町)
5番山 鯛(弘化2/魚屋町)
6番山 鳳凰丸(弘化3/大石町)
7番山 飛龍(弘化3/新町)
8番山 金獅子(弘化4/本町)
9番山 武田信玄の兜(元治元年/木綿町)
10番山 上杉謙信の兜(明治2/平野町)
11番山 酒呑童子と源頼光の兜(明治2/米屋町)
12番山 珠取獅子(明治8/京町)
13番山 鯱(明治9/水主町)
14番山 七宝丸(明治9/江川町)
 


スポンサーリンク

 

唐津くんち 祭り会場では駐車は禁止?

祭り見物の注意

重さ2~4トンもある曳山が町を疾走する、その豪快さが売りものの祭りですが、気分が高揚するあまり、進行中の曳山に近づいたり触れたりは絶対しないようにしましょう。
 

とくに曲がり角付近は危険なので、大きく道路を空け観覧すること。
 

“無礼講”でお酒が入っての喧嘩やケガなどもないよう注意してください。
 

曳山役員や警察官の指示に従って行動を。
 

非常に混雑するので自家用車でのアクセスはおすすめできない

曳山の巡行コースはすべて駐車禁止となります。
 

また、近隣の道路も非常に混雑するので、できれば唐津へは鉄道やバスなどの公共交通機関を利用したいですね。
 

唐津くんち 祭りの日程スケジュール

唐津くんちの開催日は11月2日、3日、4日

・11月2日 宵山(よいやま・宵祭り)

20時~22時30分(大手口→市内一巡→ 唐津神社前整列)

 

・11月3日 お旅所神幸(おたびしょしんこう)

9時30分~16時30分(唐津神社→西の浜お旅所→大手口→各町へ)

 

・11月4日 町廻り(翌日祭)

10時30分~16時30分(唐津神社→市内一巡→曳山展示場)

 

曳山展示場 曳山の造形美を観賞

唐津くんちの主役、14台の曳山を常時、展示しているのが曳山展示場。
 

karatu_hikiyamatenjijou

 
“動く芸術品”といわれる曳山の造形美をじっくり鑑賞してみてはいかがでしょう。
 

祭りのときだけでなく、いつでもここに来れば、唐津くんちの熱気にふれることができますよ^^
 

曳山展示場は唐津神社横にあります。
 

いにしえのロマン漂う町 唐津

唐津の地名は、唐や韓との津(港)に由来します。
 

玄界灘を庭先に古くから大陸との交易で栄えてきた唐津は歴史と文化の宝庫です。
 

くんちの余韻にひたりながらしばらく逗留してみてはいかがでしょう。
 

karatujou2
 
まずは唐津のシンボル唐津城。
 

karatujou1

 
小高い丘に立つその優雅な姿もいいが、天守閣からの眺めがそれは見事なものですよ。
 

紺碧の唐津湾を美しい黒松の林、虹の松原が縁取る。
 

虹の松原は日本三大松原のひとつ。
 

この自然の豊かさも唐津の心惹かれるところです。
 

城下町の風情が町のそこここにありますよ。
 

掘、城門、橋、土塀…、ゆったりと散策を楽しみたいものですね。
 

唐津はまた海の幸の宝庫でもあります。
 

karatu_asaichi

 
名物朝市にぜひ出かけてみてください^^
 

捕れたての玄海の魚介がずらり並びます。
 

朝市は唐房(とうぼう)、東唐津の2カ所であります。
 

素朴で野趣に富んだ唐津焼きの窯元めぐりもぜひ楽しみたいですね。
 

市内と東松浦郡に30ヵ所以上あります。
 

おみやげにもという人には唐津焼協同組合総合展示場ふるさと会館アルピノがおすすめですよ。
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-祭り