ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

更年期

更年期によく起こる症状とは?発汗や頭痛、めまい、肩こり等は要注意

更年期によく起こる症状とは何がありますでしょうか。
 

更年期の不定愁訴(ふていしゅうそ)は器質的には病変がないのに体のあちこちに現れるものです。
 

更年期には、さまざまな不安定な症状が現れます。
 

更年期の症状は50種類以上もあるといわれますが、ここでは代表的なものをあげてご説明します。
 

しっかり確認していきましょう。
 

スポンサーリンク

 

以下より、更年期によく起こる症状について確認していきましょう。
 

更年期によく起こる症状「発汗」

kounennki_hakkan
 

ほてりやのぼせが起こるとき、同時に発汗を訴える人は少なくありません。
 

また、のぼせはないのに、汗だけが出るという人もいます。
 

汗はまわりの気温に関係なく出るのが特徴で、暑い日でもなく、運動したわけでもないのに突然大量に出てきます。
 

これも自律神経のバランスがくずれて現れる症状ですから、ストレスがたまっていると、頻繁に起きやすくなります。
 

ストレス解消のためにも疲れない程度にスポーツを楽しみ、気持ちのいい汗をかくようにするといいでしょう。
 

更年期によく起こる症状「頭痛、めまい」

kounennki_zutuu
 

頭痛持ちの女性は意外と多く、若いときから、月経のころになると頭痛に悩まされていたという人もいるでしょう。
 

閉経したらすっかり治ったという人もいれば、閉経後に頭痛がひどくなったという人もいて、閉経によって症状がどう変わるかは個人差があるようです。
 

月経が不順になったころから急に、頭が痛くなっ立ちくらみがする、ムカムカと吐きけをもよおすというような症状があると、たいていは心配になって内科などを受診するでしょう。
 

しかし、いろいろ調べたけれども、とくに悪いところはないといわれたときは、更年期による症状の可能性があります。
 

そのほか、頭痛の原因には、目の疲労やメガネの度が合っていないことなどもありますし、めまいやメニエール病などの耳鼻科の病気の場合も考えられます。
 

これを機会に、体の各器官を総チェックしてみましょう。
 

更年期によく起こる症状「首・肩のこり、腰痛」

kounennki_kori
 

首や肩のこりの訴えは、更年期になるとグンと増えます。
 

筋肉の弱まりや血液循環の悪化などが原因で起こるのですが、骨の老化も大きな要因です。
 

また、骨や関節、軟骨の老化からくる手足の関節などの痛みも更年期に多い訴えです。
 

とくに体重のかかる膝や腰は、痛みが出やすいところです。
 

そろそろ更年期かなというころから骨量を測定し、カルシウムを積極的に摂取したり、必要ならば早めに治療を受けましょう。
 

首や肩のこりがなかなか治らない人、腰痛が頻繁に起きるという人も、骨がもろくなってきている可能性があるので注意が必要です。
 


スポンサーリンク

 

更年期によく起こる症状「ほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)」

kounennki_hoteri
 

突然カーッと顔が熱くなってほおが真っ赤になる、急にわけもなく体が熱くなってほてりをおぼえるなど、ほてり・のぼせはつねに更年期の上位を占めるポピュラーな訴えです。
 

これらは、自律神経の失調が引き起こす血管系の症状の代表的なものです。
 

自律神経は血管を収縮させたり拡張させる働きをしており、この機能がうまく働かなくなると、このような症状が出てきます。
 

更年期であることに加え、夜更かしや睡眠不足、疲労やストレスの蓄積などの要因が重なると、症状がより出やすくなるので注意が必要です。
 

更年期によく起こる症状「冷え」

kounennki_hie
 

更年期になると、手足や腰など体の一部が冷えてつらいと訴える人が増えてきます。
 

自律神経の失調やホルモンの分泌異常が引き金になっていることが多く漢方薬やホルモン剤、ビタミンE剤などの薬物療法のほか、ハリや灸、遠赤外線療法なども有効です。
 

また、靴下を何枚もはいたり、下着を重ね着するよりも、血液循環をよくすることを心がけましょう。
 

ウォーキングやストレッチ体操などのほか、冷えには逆効果と思われる水泳も効果が出ることがあります。
 

就寝前の入浴のときも、ぬるめのお湯にゆっくりとつかるようにしましょう。
 

アロマオイルや入浴剤を使って心身のリラックスを心がけると、より効果的です。
 

なお、冷えは貧血からも起こります。
 

子宮筋腫などがあると貧血になりやすいので、血液検査を受け、もし貧血ならきちんと治療を受けてください。
 

更年期によく起こる症状「不眠」

kounennki_humin
 

なかなか寝つけない、眠りが浅くて途中で何度も目覚めてしまう朝早くから目が覚めるなど、眠りに関する悩みも増えてきます。
 

更年期特有の冷えが原因の場合もありますが、神経が過敏すぎたり、疲れすぎたりして眠れないこともあります。
 

こうした不眠を解消するには、寝る前のゆったりした入浴や軽い体操などが効果的です。
 

そのほか、家にばかり閉じこもらずに外の空気を吸ってみる、友人と話す、疲れすぎない程度の運動をするなど、上手に気分転換をするように心がけましょう。
 

それでも改善しない場合で、ほかの更年期症状があるなら婦人科で、不眠だけなら心療内科や精神科で相談してみましょう。
 

医師の指導のもとで、睡眠剤や精神安定剤を症状に応じて服用すれば、不眠の症状は改善するでしょう。
 

更年期によく起こる症状「動悸、息切れ」

kounennki_douki
 

階段を駆け上がるなどの激しい運動をしたり、興奮したり驚いたときに、ドキドキするのは正常な反応です。
 

しかし、更年期の場合は静かに座っていたり、じっと寝ているときに急にドキドキと動悸がしたり、呼吸が苦しくなったりします。
 

貧血ぎみや肥満ぎみの人、運動不足の人、また不安感の強い人に起こりやすくたいていは1~2分程度でおさまります。
 

注意したいのは、頭痛や動悸から気分が憂うつになり、寝込んでしまうというように身体的症状が精神的症状に結びついてくる場合です。
 

症状を長引かせたり重症になるのを防ぐには、外に出て軽い運動をしたり、気分転換を図ることが大切です。
 

それでも改善されないときは、早めの受診をおすすめします。
 

また、動悸のほかにめまいや頭痛のある場合は内科や脳外科、耳鼻科を受診し、生活習慣病などが隠れていないかチェックしておきましょう。
 

更年期によく起こる症状「イライラやクヨクヨ」

kounennki_kuyokuyo
 

最近なぜか夫の11言一言にイライラしてしゃくにさわってしかたがない、たいした理由もないのに急にカッとして子どもを怒鳴りつけてしまった。
 

更年期の女性なら、多かれ少なかれ身に覚えがあるでしょう。
 

さらにこの時期に多くなるのは、すぐにクヨクヨしてしまうことです。
 

もともとクヨクヨしやすい性格の人というのではなく、むしろこれまでは「肝っ玉母さん」タイプだった人がなにげない言葉にすぐに涙ぐんだりクヨクヨしてしまうというようなケースがみられます。
 

このように精神的に不安定になるのも、更年期の代表的な症状のひとつです。
 

イライラ、クヨクヨするときは気分転換を図りましよう。
 

軽い運動や好きな趣味、あるいは友人と会っておしゃべりするだけでも気が晴れます。
 

そして家族の協力も欠かせません。
 

なかなか症状がおさまらないときは、婦人科や心療内科などで相談することをおすすめします。
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-更年期