ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

á‚¾‚é‚Ü‚¢‚ë‚¢‚ë3

日本の旧暦「如月」はどんな月だった?各地の文化・風習をご紹介

如月は「きさらぎ」と読みます。
 

旧暦の「如月」は2月です。
 

2月は、草木が若々しく芽生え、更生する頃である、ということから「生更ぎ」(きさらぎ)という意味なのです。
 

旧暦(太陰太陽暦)の2月は仲春でしたが、太陽暦の2月は初春です。
 

まだ野は霜枯れており、北国は雪に覆われていて、寒気の厳しい日が続きます。
 

日本の旧暦「如月」とはどんな月だったのか、各地の文化・風習をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

「如月」2月3日は節分

2月の始め、寒さが峠の頃に「節分」があります。
 

立春の前夜の行事ですが、古くは年末に行なわれていて、「追儺(ついな)」といいました。
 

豆を撒くようになったのは、室町時代頃かららしく、狂言の『節分』では、オニに対して豆を撒いています。
 

この夜、人々は、鰯(いわし)の頭を柊(ひいらぎ)の枝に付けて戸口に挿して邪気除けのまじないをし、カミのよりました豆を撤いて、カミの霊力を周囲の世界に撒き散らし、春のカミを迎えるのでした。
 

節分に関する記事はこちら
 

「如月」2月4日は節分

昔の人は、立春の頃の寒さの中に、春の兆しを見ていました。
 

旧暦時代も、立春は正月過ぎての事が多かったのですが、稀に立春が年末に来ることもありました。
 

『古今集』の冒頭の、
 

年のうちに春は来にけりひととせを
こぞとやいはん今年とやいはん

 
という歌は、稀にやって来る年内立春を詠んだものです。
 

立春が新しい年、新しい春の到来と考えられていたからこそ、このようなとまどいが生じたのです。
 

「如月」2月8日は事八日

立春が過ぎると、2月8日の事の日が来ます。
 

コト八日や、事八日と書き、「ことようか」と読みます。
 

この日、一つ目小僧「ダイマナコ」などという妖怪がやって来るといって、目篭(めかご)に柊の枝を挿して竿の先に付け、家の前に立てる所が、東日本には多くみられました。
 

厄神除けのまじないですが、軒先に立てる長い竿は、春のカミを迎える依代(よりしろ)とも考えられます。
 

事八日(ことようか)は、節分と同様に、春を迎える行事の一つだったのかもしれません。
 


スポンサーリンク

 

「如月」1月~2月初旬にかけて

「田遊び」行事

1月から2月にかけては「田遊び」と呼ばれる行事を行なう地方も多いです。
 

一年の農作業をカミの前で象徴的に演じることによって、その無事を祈願する予祝行事の一つです。
 

2月2日「ヤイトビ」「フツカキュウ」

2月2日をヤイトビ、フツカキュウなどといって、灸をすえる日としていました。
 

これは、農作業にかかる前に行なう健康管理であり、病災除けの行事の一つと考えられます。
 

2月最初の午の日は「初午」

2月最初の午の日は「初午(はつうま)」で、お稲荷さまを祀ります。
 

稲荷も、また、農耕神としての性格を強く持っていることはいうまでもありません。
 

東京の北区にある王子稲荷は、この日、凧市(たこいち)が開かれることで名高いです。
 

神社で火除けの凧を授与していることにちなんで行われるようになったものですが、大きな奴凧など、江戸独特の凧が売られています。
 

「如月」2月19日は妙安寺で絵馬市

埼玉県東松山市に妙安寺があります。
 

馬頭観世音(ばとうかんのん / めづかんのん)が祀られており、通称「上岡観音」と呼ばれています。
 

馬・馬産の守護神として、関東地方を中心に広く信仰されています。
 

毎年2月19日が縁日ですが、この日には、馬を牽いて(ひいて)参詣する人が多く、良馬の産出や馬の安全を祈願して、お祓いをうける馬が、早朝から列を成したものだといいます。
 

いまは農耕馬を牽いてくる人は少なくなりましたが、競馬関係者など馬に関係のある人たちで、人出は結構あり、賑やかな縁日の一つとして知られています。
 
 

この日、境内では絵馬市がたち絵馬が売られます。
 

菊花模様の飾り鞍をつけた馬を描いた絵馬が主で、大・中・小の三種あります。
 

中でもツナと呼ばれる、七頭つなぎの飾り馬に松を配し、遠景に富士山と日の出を描いた、彩りの華やかな絵馬が昔から知られています。
 
 

参詣者はこの絵馬を求めて帰り、厩の入口などに掲げて、牛馬の守りとするのです。
 

1年間掲げておき、翌年の縁日には古い絵馬は取り外して観音堂に納め、新しい絵馬に替えるのが例になっています。
 

絵馬は、人々が様々な思いを込めて、神仏に祈願する時、あるいは祈願が成就した時などに、寺社に奉納するものと考えるのが一般的です。
 

しかし、上岡観音の絵馬は奉納するものではありません
 

お守りとして厩などに祀るのです。
 

その点で、いわゆる奉納絵馬とは性格を異にしていますが、これもまた絵馬と呼ばれているのです。
 

飾り馬の絵馬は、観音絵馬講の人達によって描かれ、売られているものですが、人びとは、これをたんなる板に描かれた馬の絵と見ているのではないようです。
 

だから厩(うまや)などに祀って不思議としないのです。
 

絵馬は市で売られる前に、観音に供えられ、御祈祷をうけているから、もちろん単なる馬の絵ではないのですが、絵馬を求める人が全て、そのことを知って求めているのではありません。
 

人々にとって、祈祷をうけ、魂が入れられているか否かということは、それほど重要な事ではないのです。
 

それ以上に、この絵馬が観音の縁日に、境内で売られている馬の絵であり、自分自身が、飼っている馬の安全を祈願し、求めたものであることが大事なのです。
 

観音の縁日は、馬頭観音の降臨したまう聖なる時であり、その境内は、神の降臨する聖なる場なのです。
 

その聖なる時、聖なる場で、祈願を込めて求めてきた馬の絵は、上岡観音から授与される御札や神像と同様に、観音の分霊と考えられています。
 

そして人々は、ここに描かれた馬の絵に神の加護をうけて生育するに違いない、と、我が飼い馬の理想の姿を見ているのです。
 

だから、厩(うまや)などに祀り、守りとすることができるのです。
 

上岡観音の絵馬は、奉納絵馬ではありません。
 

しかし、これもまた、絵馬の一つの姿であることは間違いないということです。
 

さいごに

立春を過ぎ、コト八日(ことようか)、初午が終わると、木の芽も日毎に大きくなり、吹く風も柔らかくなって、春の訪れが肌に感じられます。
 

農作業の準備がこの頃から本格的に始まります。
 

2月は、もの皆動きだし、活動を始める初春の月です。
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-