ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

soujou

風水開運

五行同士の相性「相生・相剋」から自分と良い相性・悪い相性を知りましょう

「相生(そうじょう)・相剋(そうこく)」とは、五行同士の相性のことです。
 

相生・相剋」から、自分自身にとって、良い相性と悪い相性を知ることができます。
 

そこから、自分と相性のいいアイテムを揃えれば、運気がアップするのです。
 

それでは、しっかり確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

循環する5つの要素 「五行」の相性を風水に活用

世の中のあらゆるものは「五行」に分かれ、それぞれが異なる性質を持っています。
 

そして、それらの組み合わせによって、相性がいい組み合わせと、悪い組み合わせが生じます。
 

これを「相生(=相性が良い組み合わせ)相剋(=相性が悪い組み合わせ)」といいます。
 

この組み合わせを表しているのが、下の相生の図と相剋の図です。
 

まず相生の図を見てください。
 

相生(そうじょう) ・・・ 相性が良い関係

soujou

・木を燃やすと、火が生まれる
・火は燃え尽きると、土(灰)になる
・土(大地)のなかに、金は生まれる
・金(金属)が冷えると、表面に水が生まれる
・水を得ることで、木は育つ

たとえばアナタの性質が「土」なら、「火」のアイテムを取り入れたり、持ち歩いたりすることで「火」のパワーを吸収し、元気になることができます。
これが相生の関係です。

ポイント
「五行」の5つの要素が、いい影響を与え合いながら永久機関のように循環する法則、それが「相生」です。

 

次に相剋の図を見てみましょう。

 

相剋(そうこく) ・・・ 相性が悪い関係

soukoku

・木は土に根をはり、養分を奪う
・火は熱で、金を溶かす
・土は水を濁し、せき止める
・金(斧)は、木を切る
・水は、火を消し止める

「土」のアナタが「木」のアイテムを周囲に置きすぎると、「木」に「土」のエネルギーを吸い取られ、元気がなくなってしまいます。
これが相剋の関係です。
 

このように、あらゆるものは働き作用しあって世の中は成り立ち、その組み合わせによって置と「凶」があるのです。
 

部屋のインテリアを整えたり洋服を揃えたり、身のまわりのものを入れ替えるときには、必ずこの「相生、相剋」の法則をチェックしましょう。

ポイント
「相生」とは逆に、悪い影響を与えてしまう関係が「相剋」。
「五行」の関係性はビジュアルで理解するほうがわかりやすいかもしれません。


スポンサーリンク

 

忘れてはならない 相生・相剋のウラ・オモテ

ここで大事な注意点が1つあります。
 

それは、相生、相剋にはそれぞれオモテとウラがあり、その意味はまったく違ってくるということです。
 

オモテ相生?

たとえば「オモテ相生」とは、自分から見てパワーをもらえる関係のことです。
 

「土」から見たとき、r火」がオモテ相生の関係になります。
 

ウラ相生?

逆に「ウラ相生」とは、自分から相手にパワーを与える関係になります。
 

「土」から見た「金」がこれにあたり、「土」はパワーを吸い取られてしまうのです。
 

つまり、自分にとって相生だから、とアイテムをいろいろ集めてみても、それがウラ相生だと逆効果もいいところなんです。
 

同様に、相剋にもオモテとウラがあります。
 

「オモテ相剋」と「ウラ相剋」

「オモテ相剋」とは相手が自分を攻撃する関係で、「ウラ相剋」は自分が相手を攻撃する関係です。
 

相剋というと、とにかく避けなければならないように感じますが、ウラ相剋はじつは自分にとって悪影響はありません。
 

もし、アナタの会社にイヤミな上司がいて、アナにとってその上司がウラ相剋の関係なら、アナタのほうが風水的には強い立場です。
 

だから、言いたいことをはっきり言ったほうがいいという見方もできるわけです。
 

オモテ・ウラを上手に使い分け、運気をゲットしましょう!
 

相生相剋のオモテとウラ

同じ相生、相剋でも、オモテとウラで意味がまったく違うので注意しましょう!
 

・相生

 
オモテ相生(パワーをもらえる)
ウラ相生(パワーを与える)
 

・相剋

 
オモテ相剋(自分が攻撃される相手)
ウラ相剋(自分が攻撃する相手)
 

以上、ご参考ください。
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-風水開運