ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

風水開運

赤ちゃんの名前を風水で考える 命名で子どもがよい人生を送れる5つのポイント

子どもの幸せを願って、運を呼び込む風水の名づけ術についてお話します。
 

産まれた我が子への名づけは親からの初めてのプレゼントです。
 

名前の画数は、運勢を左右すると考えられています。
 

子どもが素晴らしい人生を送れることを願って、運気をアップさせる、よりよい名を授けられるように風水を活用してください。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの名前を風水で考える 命名で子どもがよい人生を送れる5つのポイント

親ならば、自分の子どもが素晴らしい人生を送れるように、できるだけよい名前をつけてあげたいものですね。
 

重要なチェックポイントは、次の5つです。

  • 名前の「陰陽」のバランス
  • 五行で見た姓名の相性
  • 生まれ年との相性
  • 親子の名の相性
  • 画数に表れる運気や文字の意味

「名前風水」をしっかりマスターして、わが子にピッタリの名前を見つけてあげましょう。
 

①名前風水はまず「陰陽」のバランス

風水の基本は「陰陽」のバランス。
 

これは「名前」にもあてはまります。
 

風水では、文字の画数が偶数なら「陰」、奇数なら「陽」とみなすので、名前の初めの文字が「陽」(奇数)ならば、次は「陰」(偶数)というように、陰陽が交互に表れてバランスがとれているのが理想の名前ということになるのです。
 

 

でも、苗字は変えられないし、陰陽を交互に使おうとすると、適当な文字が浮かばない、ということもあります。
 

そんな場合は、姓と名で陰陽のバランスをとりましょう。
 

姓の画数が「陽」(奇数)なら、名の画数を「陰」(偶数)にするのです。
 

 

また、複雑な文字ばかり使って全体的にゴチャゴチャした名前になったり、簡単な文字ばかりで寂しい印象になったりしてもいけせんよね。
 

画数ばかりでなく、見た目の印象もバランスを考えて文字を選ぶようにしましょう。
 

陰陽の配置例

・大吉
「陰」と「陽」が交互に配列されているベストバランス

陰 陽 陰 陽

 
・吉
姓と名で「陰陽」が分かれていても◯

陽 陽 陰 陰

 
・凶
「陰」に偏りが多く、バランスが悪い

陰 陰 陰 陽

 
・大凶
「陽」だけに偏ってしまった最も避けたい配列

陽 陽 陽 陽

 

②名前の「五行」は姓名最初の文字で決まる

名前にも「五行」があります。
 

名前の五行は、姓名それぞれ最初の文字の音で決まります。
 

つまり、文字の「読み」の「音の五行」によって判断するのです。
 

652765

 
たとえば、長谷川幸子(はせがわさちこ)さんなら、姓の最初の文字は「は」なので五行は「水」、名は「さ」で「金」となります。
 

そして、この姓と名の五行が「相生(そうじょう)」の関係になっているのがよい名前といえます。
 

 

そして子供の名前を考えるとき、姓名の五行だけでなく、「生まれ年の五行との相性き考慮することも大切です。
 

生まれた年の「九星」から求めた「生まれ年の五行」と、姓名のうち「名の五行」とが、相生になるのがよいのです。
 

・音の五行

・木
かきくけこ

 
・火
たちつてと
なにぬねの
らりるれろ

 
・土
あいうえお
やゆよ
わん

 
・金
さしすせそ

 
・水
はひふへほ
まみむめも

たとえば、親の名前が「土」の「ゆきえ」なら、子どもの名前は「火」の「ちあき」や、「金」の「さちこ」が相生の相性になります。
 

・年の五行

・木
三碧木星
四緑木星

 
・火
九紫火星

 
・土
二黒土星
五黄土星
八白土星

 
・金
六白金星
七赤金星

 
・水
一白水星

たとえば、子どもの生まれ年が「二黒土星」ならば五行は「土」。
ですから、名前は「金」の「さき」や、「水」の「まい」などが相生になります。
 

③親と子の相性も名前の「五行」で判断

人と人の相性を名前から判断する場合、姓名のうち「名の五行」を比べて判断します。
 

「名の五行」が相生の関係になっていれば、相性がよいというワケです。
 

これを知っていれば、友人·恋人·夫婦のあいだの相性も判断できるので、ぜひ覚えておきましょう。
 

そこで親子の相性です。
 

子どもは長いあいだ、親の保護のもとで育ちますから、親の運勢は強く子どもに影響します。
 

親である自分と相性のよい名前をつけてあげるのは大切なことなのです。
 

ですから、子供の名前を考えるときは、まず親である自分の名前を見直してからにしましょう。
 

もし、すでに名前をつけてしまった子どもとの相性を調べてみたら、結果があまりよくなかったといっても、がっかりしないでください。
 

それぞれの運勢や性格を知り、それに応じた対応をすることでよい関係を作り出すことができるのが、風水なのですから。


スポンサーリンク

 

④名前の運勢は「五格」なかでも「地格」がポイント

バランスや相性ではなく、名前そのものが持つその人の運気は、画数から割り出す「五格」によって判断します。
 

五格とは以下の5つがあります。

・「総格」
・「天格」
・「人格」
・「地格」
・「外格」
 

そして、それぞれの画数は以下のように考えます。
 

・「総格」 → 姓名の総画数
・「天格」 → 姓の総画数
・「人格」 → 姓の最後の字と、名の最初の字の画数の合計
・「地格」 → 名の総画数
・「外格」 → 総格から人格を引いた数
 

たとえば、総格は一生の総合的な運気天格は家系の運気と、それぞれが異なる意味を持ちます。
 

だから、この五格のパワーをちゃんと理解してから、子どもの名前をつけてあげましょう。
 

そして子どもの名前を考える際に、とくに注意したいのは地格。
 

これは30歳から35歳あたりまでの、人生前半の運気に影響を与える部分だからです。
 

この時期にしっかり幸運をつかむことができれば、その後の人生も自然に上向くはず。
 

とくに女性は、結婚すれば姓が変わることがあるので、総格より地格を重視すべき。
 

五格の意味

・総格
人の一生の「総合運」を表す。
おもに中年期以降の晩年に影響を与える。

 
・天格
「家系運」を表す。
個人としての運勢への影響力は少ない。

 
・人格
「性格」や「才能」「仕事運」を表す。
おもに35歳から55歳の中年期の運勢に影響する。

 
・地格
「健康運」「金運」「愛情運」を表す。
幼年期から青年期、35歳ごろまでの運勢に影響する。

 
・外格
「異性運」「結婚·家庭運」「社会運」などを表す。
対外的・対人的な運勢に影響する。

 

⑤文字の意味と運気 名前風水のタブー

もし子どもが女の子なら、ついつい可愛らしさを重視して名づけてしまいがちですね。
 

でも、それではうっかり名前風水のタブーに触れてしまうこともあります。
 

じつは、名前風水には画数以外にも注意しなければならないポイントがあるんです。
 

たとえば、「静江」や「和子」など、読みに濁点を含んだ文字を使った名前。
 

濁点には、女性の「気」を強くする効果があるといわれ、恋愛や結婚に恵まれにくくなることも。
 

また「夏子」「春美」など季節を表す漢字も注意が必要 季節は移り変わるものなので、運気まで移り変わってしまう危うさがあるんです。
 

このほかにも、植物や動物を表す字を使うと、命あるものには運気の波があるため、波乱に満ちた人生を送る可能性がありますので注意しましょう。
 

まとめ

いかがでしたか?
 

子どもの名前を考えるときには、名前の陰陽バランス、五行で見た姓名の相性、生まれ年との相性、そして親子の名の相性。
 

さらに、画数に表れる運気や文字の意味を考慮して、子どもがよい人生を送れるように、よい名前をつけてあげてください。
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-風水開運