ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

風水開運

子育ては運気のタイプ別に!風水でわが子の個性に合った接し方とは?

こんにちは

わが子には当然のことながら、すくすく育ってほしいですよね。
 

今回は風水的個性に合わせた子育て方法のご提案になります。
 

良かれと思ってしたことでも、本当にこれで正しかったのだろうか...
 

などと、

子育てには迷いがつきものですよね。

どんな親もその子の長所を伸ばし、すくすくと成長してくれることを願うでしょう。
 

風水を活用して子どもを型にはめず、個性を活かした子育てを楽しんでください。

 

スポンサーリンク

 

子育ては運気のタイプ別に!風水でわが子の個性に合った接し方とは?

子どもは「気」のタイプに合わせて育てると伸びる
 

474715
 

どうやって子どもをしつけたらよいか、考えれば考えるほど悩んでしまい、やみくもに厳しくあたってしまうこともあるでしょう。
 

でも、子どもにもタイプがあります。
 

それぞれの「気」に合った接し方をすることで、いい変化が現れるんです。
 

厳しく叱ったほうがよいタイプか、ほめてあげるほうがよいタイプか、「本命卦」の「五行」から判断し、わが子に合ったほめ方・叱り方を会得してみませんか?
 

 

五行タイプ別の子どもへの接し方、子育てアドバイス

前章で参考にあげたページから、お子さんの本命卦、五行は確認されましたか?
 

以下に五行タイプ別に、子供への接し方や子育てをどういうふうにしたらよいのか、簡単ではありますが、アドバイスを挙げてみましたのでぜひご参考にしてください。
 

・「木」 震(新)・巽(そん)の子ども

「木」の子どもは、真っ直ぐで素直な性格です。
まわりくどいことはせず、こちらもきちんと向き合って話したほうが上手くいきます。
要するに、叱るときもほめるときも、ストレートに!
いいところがあれば、積極的にほめてあげてください。

 

・「火」 離(り)の子ども

「火」の子どもは、自分を抑えきれずに感情的になりがちです。
でも、性質として理解していれば、対処できるはずですよ。
叱られるとすぐ泣き出すこともあるけれど、立ち直りも早いので叱るときは厳しく、ほめるときも大げさなぐらいにしてみてくださいね。


スポンサーリンク

 

・「土」 坤(こん)・艮(ごん)子ども

「土」の子どもは観察力が鋭くて、ごまかされるのが嫌いなタイプです。
静かに大人を観察しています。
だから、感情的に叱ると信頼を損ないかねません。
一方でおだてられるのも、不信感の原因になります。
「ここぞ!」という場面でほめてあげるようにしてみましょう。

 

・「水」 坎(かん)の子ども

「水」の子どもは世渡り上手ですよ。
大人にたいしての対応もこなれたもので、叱られると落ち込んでいるようで、じつは演技している...ということもありますので。
一方でお調子者の面もあり、ほめるとすぐに有頂天になることもあるようです。
厳しめに接しながら、ほめるときはしっかりと。
 

474720
 

・「金」 乾(けん)・兌(だ)の子ども

金の子どもに接するには、プライドを傷つけないようにすることが大切。
理由も聞かずに頭ごなしに叱ると、子どものプライドが傷つけられて、そっぽを向いてしまいます。
いいところをほめてあげてから諭すようにしてあげて。

 

親子の風水会話術

言霊という言葉があるように、言葉には大きなパワーが宿っています。
 

親子の日常会話といえども、侮れないもの。
なにげない言葉が引き金となって、事態はよくも悪くもなってしまうのです。
 

運気を呼び込むには、前向きな言葉を使うこと。
 

後ろ向きでネガティブな一言葉をロにすると、本当に不運が襲ってきます。
 

たとえ冗談のつもりでも、軽はずみに家族の誰かをバカにしたりするのも、トラブルの原因になったりすることがあるので気をつけてください。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-風水開運