ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

七五三

七五三 3歳男の子はやる?早生まれならいつがベスト?11月以外には?

2016/09/14

11月15日は七五三のお祝いをする日です。

ここでは七五三に関しまして

・3歳男の子はやる?
・早生まれならいつがベスト?
・11月以外には?

というお悩みポイントに焦点をあてています。

・うちの子(男の子)もう3歳なんだけど、七五三て最近は5歳って聞くし、みんなはどうしてるんだろう?

・息子が早生まれでまだ2歳なんだけど今年七五三に行っていいものなのか、わからない...

・親や旦那に聞いてみても、どっちつかずな回答なので友人にも聞いてみたいけど、どうしよう...

・今年行くなら子供はまだ小さいので人込みはさけたいな。。。混雑が予想される11月を避けてもいいのかな。。。

このような曖昧なことなどでお悩みをお持ちの方も多くいらっしゃると思いますので、ここでしっかりと確認をしていきましょう。

スポンサーリンク

七五三 3歳の男の子はやる?

七五三は、子供の成長の祝い行事です。

七五三の発祥とされる関東地方では、以下のように考えられています。

・数え年3歳(満年齢2歳になる年)
「髪置きの儀」とし、主に女の子が行う。(男の子が行う例もある)
江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。

・数え年5歳(満年齢4歳になる年)
「袴儀」とし、男の子が行う。
男子が袴を着用し始める儀。

・数え年7歳(満年齢6歳になる年)
「帯解きの儀」とし、女の子が行う。
女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。

このように、男の子でも数え年で3歳・5歳でする慣例があります。

男の子の七五三は?

→3歳と5歳

・女の子の七五三は?

→3歳と7歳

ただ、現代においては女の子は3歳・7歳、男の子は5歳でするのが広く一般的になっているようです。

地域や家庭ごとの風習もあるかと思いますが、お子さんの祝いごとですし、そこまで習わしに流されず3歳の男の子でもお参りやお食事、記念撮影されるのがよいでしょう。
あなた方のご両親もきっと楽しみにされているはずかと思いますので両方のおじいちゃんおばあちゃんにも相談して行かれるのがよいです。

もちろん、お子さんがまだ小さくて面倒が大変だったり、体調面の理由で行きたくても急遽行けなくなった...という場合もあると思います。
そんな場合でも、あまり残念がらずに少し時期をずらしてお参りされてよいでしょう。

七五三 早生まれならいつがベスト?

早生まれのお子さんをお持ちで初めての七五三であれば、数え年で行くのか満年齢でいくのかがわからず悩まれているお母さんお父さんも多いでしょう。

最近では満年齢で七五三をするのが一般的に言われています。

早生まれのお子さんの場合、時期が11月ともなれば、4歳や6歳に近くなってしまうため記念撮影とか考えると3歳なのにあどけなさが変わってくる...
などなど

そういった意味でも、もともとの習わしにあるように数え年で行きたいのにまわりは満年齢なのでどうしよう...と迷われているのではないでしょうか。

でもですね、実は満年齢で行かれている場合は、早生まれではないお子さんの場合がほとんどなんです。

逆に、早生まれの子の場合、今は2歳ですが数え年として3歳ですので2歳のまま七五三に行かれているご家族がほとんどです。

なので、あなたの地域やご両家の習わしなどがなければ、本当に人それぞれなんですね。

七五三については、まだ2歳なのでちゃんと3歳になってその年で...行かなければいけない。

決まりはありません。いけるときがベストです。

早生まれだからといってその年か翌年を選ばなければいけないなんてことはありません。

ご夫婦や親と相談はいるかもしれませんが、なるべくあなた方ご夫婦の意見を取り入れてもらって、それをご両親にも納得してもらい良い時期に行かれるのがよいです。

もうすぐ3歳だけど、まだまだお世話が大変で母(祖母)にもなつかず自分がずっと抱っこしていないといけない...

とか

下の子もいるし、2人の面倒をみるのに記念撮影とかの段取りも考えられない><;...!

など

特にお母さんは育児で大変だと思います。

子どもは1年たてば全然成長していますからね~^^

あえて満年齢になって少し落ち着いた頃にいこう♪

なあんてことにしても良いでしょう^^


スポンサーリンク

七五三 11月以外にずらすのはセーフ?

冒頭でもお伝えしましたが、七五三は本来11月15日にお祝いをするものです。

ですが、11月15日に決まってどこのご家族もお子さんを連れてお参りされているでしょうか?

当然、お仕事が休みじゃなかったら行くのはむずかしいでしょう。

ですので、大抵、11月15日に近い日にはなりますが、土日や祝日で六曜の良い日を選ばれています。

ですが、3歳のお子さんなど、まだまだ小さい子の場合、風邪や病気を引きづっていたり、
人込みの中でギャン泣きをされたり、おむつの交換に場所を探したりと、しんどかったりします。
またあるいは、他の人から病気を移されたくないという理由で混雑しそうな時期は避けたい。
(スタジオも大変込み合いますし^^・・・)

そう考えるお母さんお父さんもとても多いことでしょう。

11月の良い日に行くつもりだったのに子が急な発熱で行けなかった・・・!

といった場合でも時期がすぎた12月などに七五三に行ってよいものなのか?わからない><;

といった悩み事を抱えられている方も多いと思います。

ですが、大丈夫です。

なにも、11月に行かなければいけない決まりはありません!!

神社によっては祈祷時期が11月のみにされているところもあるようですが、多くは受け付けてもらえますので、11月の前後1~2ヵ月であれば、「敢えて」時期をずらして参られているご家族もたくさんいます。

11月だと北海道ではもうとても寒い時期なので、北海道では10月15日が一般的とされています。

年を明けて1月に行かれても問題ないでしょうし。

ただ、七五三といえば千歳飴が有名ですが賞味期限や保管の難しさなどで、飴がもらえない場合がありますのでなるべくなら11月の前後1ヵ月の間がよいでしょう^^

まとめ

以上のように、七五三参りについてここまでお伝えしてきました。

男の子は3歳はやらないなんてことはありません。

満年齢じゃないといけない。なんてこともありません。

行く時期は11月中か?なんてことも、ないんです。

その地域(神社)や先祖代々の習わしなどについてはご家族で相談されるのがベターかと思います。

ですが、本当にいつじゃないといけないなんてことはありませんので、まずはご夫婦でお話されたご意見をご両親にもわかってもらえれば、とてもスムーズな七五三参りになるでしょう^^

育児はとても大変でこれを見られているお母さんも疲弊されていると思います。

毎日、思うようにいかないことのほうが多いですからね、とにかく、ご家族ご両親と相談してみなさんでフォローしあって良いお祝いとなりますように。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-七五三