ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

七五三

七五三 3歳なら前撮り?後撮り?オススメするタイミングとお得な理由

2016/10/19

ここでは七五三に関しまして

・七五三 3歳での写真撮影について
・七五三 3歳なら前撮り?後撮り?オススメなタイミングは?
・七五三 3歳での前撮りと後撮りがお得な理由

というお悩みポイントに焦点をあてています。

・もうすぐ3歳になる娘(あるいは息子)がいて七五三のお参りは行く予定

・写真も当日に済ませようと思ってるけど、混雑とか大丈夫だろうか

・前撮りにすると、まだ2歳半でイヤイヤ期なので服を着替えたり髪をいじったりされるのがあまり得意ではないからちゃんと撮れるか心配。。。

・誰か経験談やこんな感じがいいなど教えてくれないかな...

このような分からないことで不安なお気持ちをお持ちの方も多くいらっしゃると思いますのでここでしっかりと確認をしていきましょう。

スポンサーリンク

七五三 3歳での写真撮影について

まず、七五三とはどのような事をするのかですが、

七五三はあなたのお子さんの成長を祝う行事であり、厄払いでもあるので神社にお参りに行き、宮司さんにお祓いをしてもらいます。

また、順序は自由ですが、ご家族のご両親も交えて会食をし、フォトスタジオなどで記念写真の撮影をすることもイベントの1つとなります。

写真撮影についていえば、節目を迎えたお子さまの成長の証を記録に残すものであり、華やかな衣装での撮影をされるのが慣例となっていますので必ず外せない行事ですね。

年齢は問いませんが、フォトスタジオでの写真撮影では以下のような内容となります。
主役は小さなお子さんですので以下の注意点も予め把握しておくとよいでしょう。

注意点1.事前準備

・衣装持ち込みの場合、事前にきちんと連絡して料金や日程時間などを確認しておきましょう。

・レンタルする場合でも、事前に衣装をひととおり決めておくと、当日の段取りがスムーズにいきます。

注意点2.着付け・整髪など

・着付けの前に、お子さんもご両親も必ずお手洗いは済ませておきましょう。

・着付けの最中も、撮影中も、いつもと違う雰囲気に、お子さんは緊張します。しかしこちらはどうしようもない場合が多いので臨機応変に気を紛らわしてあげるなど雰囲気づくりを心がけましょう。

注意点3.写真撮影

・まだ小さな子ども。慣れない着物に歩きにくい草履ですので、大変ですが目が離せません。

・疲れて不機嫌になりやすいので、大好きな飴やお菓子などご褒美を用意して釣ることも効果があります。

注意点4.写真データ確認、後説明など

・撮影を終え、服を着替え、ここまでくればすっかりお疲れモードです。大泣きする子もいらっしゃれば眠ってしまったり。。。

これらの注意点を踏まえて、次の章では写真撮影のオススメなタイミングをご紹介します。

七五三 3歳なら前撮り?後撮り?オススメなタイミングは?

七五三のオンシーズン(10~11月)はたくさんの人がフォトスタジオやお参りに訪れます。

集客の多い時期であれば、千歳飴や写真1枚無料など、様々な特別サービスがありますが、それに合わせて撮影や着物レンタルにかかる料金も高額なものになります。

そんな理由から当日は避けられるご家族は多いですが、やはりお祝い記念ですからオンシーズンは外されない方が多いです。

とはいえ、小さなお子さんが主役ですので、お参りをされた当日に写真撮影もお食事会も1日に詰め込んでやろうとすると、大泣きしたり眠くなったりと思うように事を進められません
お母さま自身も疲れ切ってしまいますよね^^;

ですのでここでは『混雑しているうえに出費が大きいのは避けたい!』という本音をお持ちの方に向けて七五三の写真は、別日に前もって撮る「前撮り」と後日に撮る「後撮り」をうまく利用することをオススメします。


スポンサーリンク

七五三 3歳での前撮りと後撮りがお得な理由

前撮りは文字通り七五三参り(11月)より前もって撮影することの意味で、大体8月~10月が多いです。

前撮りでも、より早く夏前の5月、6月あたりでの撮影の場合は「早撮り」と呼ばれ、フォトスタジオ業界においても商戦の1つとして着物レンタル料金の割引などさまざまな特典を謳っていますので経済的にもお得ですし、オンシーズンよりも慌ただしくないです。

後撮りは文字通り、後日での撮影ということになりますが、オンシーズンを過ぎた状態ですので、単純に撮影料そのものが安くなっていたりします。
また、当然ながらある意味旬を通り過ぎたことからスタジオも空いているので余計なストレス無く、撮影もスムーズに撮れることでしょう。

前撮りと後撮りではこういったメリットがあります。

考え方1つとはなりますが、逆にデメリットととれる事としては

前撮りの場合

・夏の暑い時期なので日焼けすると着物が似合わず撮った内容に違和感を感じる・・・!
・早すぎるとかなり幼く見えすぎてしまうことがある。。。
・3歳のイヤイヤ期にあたる可能性がある(汗)

このようなデメリットが挙げられます。

後撮りの場合

・七五三気分じゃなくなっているのでなんとなくテンションが下がっている。写真の表情にも...
・年末の出費がかさむシーズンに重なってお財布が...
・年賀状制作がギリギリになってしまいバタつく...

このようなデメリットが挙げられます。

これから検討されている方々にとって、見逃せないポイントかと思いますので、ご配偶者や親、お姑さまなどとよく相談のうえ最善のプランを立てられればと思います。

まとめ

七五三は頑張る小さなお子さんとの協同作業でもあります^^

記念写真はお参りの日とは別日をオススメします。事前にご家族の方と相談されしっかりと準備をされることができれば、お子さんの世話が大変だったとしても、楽しく幸せな記念日を過ごすことができるのではないでしょうか。

余裕を持って計画的に七五三を楽しみたいですね!

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-七五三