ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

oseti

お正月

喪中のお正月にはおせちもお雑煮も食べない?一般家庭の意見を紹介

ここでは喪中におけるおせちに関しまして

・喪中のお正月にはおせちもお雑煮も食べないのがマナー?
・一般家庭の方のご意見を紹介
・喪中のお正月におせちを食べる場合にはどのようにしている?

というお悩みポイントに焦点をあてています。

・我が家は今喪中なんだけど、お正月のおせち料理は控えるべきなのでしょうか?
・喪中のお正月にはおせちを食べてはいけないの?

・まわりから喪中にはおせちを食べないというのを聞いたけど本当だろうか

・一般的にどうなのか教えてほしい。

このようにわからないことでお悩みを持たれている方がいらっしゃると思いますのでここでしっかり確認していきましょう。

スポンサーリンク

喪中のお正月にはおせちもお雑煮も食べないのがマナー?

結論から言いますと、「喪中の時におせちはどうするか?」について、法的に制限されるようなことは無く、その慣習は各ご家庭で違います。

ここを読まれていらっしゃるあなたの実家系と旦那様または奥様の実家系で違うように各家庭で違います。

喪に服しておせち料理を作らないところもあれば、正月はこれと決まっているように食すのが基本だから。と作る所もあります。

ご親類が亡くなったとき家に引篭もり、故人への哀悼の気持ちを表すのが「喪」です。

この期間は祝い事をしない、華美な服装や装飾を身につけないという古くからの習わしがありますので

基本的におせちは祝い料理なので「作る・購入する・食す」というのは避けておいたほうが良いでしょう。

「お雑煮」は、おせちと並んでお正月料理の定番ですが、おせちではありませんので別物と考えてよいです。

このことはあくまで基本思想としてどこのご家庭での認識はあるようですが、現在では「喪」は形式的となっています。

・お正月の祝いを止める(年賀状、おせち、門飾り)。
・なるべく婚礼を控える。

この程度で自粛されているご家庭が多いです。

また「喪中」といっても「忌明け」であれば形式上(思想上)制限されることも異なります。

忌明けであれば異なる

忌中とは故人が亡くなってから49日間を指し、いわゆる「段引き」「段払い」の法要を済ますまでの期間の事をいう場合が多いのですが、その期間を過ぎているのであれば、家庭内でお正月のお祝いをしてもかまいません。

次の章では喪中の正月おせちついて、一般家庭の方の意見をご紹介していきます。

一般家庭の方のご意見を紹介

Mさん(女性)
お節は広く考えれば『その年の一年が良い年になりますように』ということだと思うので、喪中だから...とあまり悩まなくてもよいと思います。
Kさん(男性)
特に派手なことは控え、家族でというのは大いにすべきだと思います。
Rさん(女性)
考え方次第ですが、何事も前向きがいいんじゃないかと思います。
我が家でもその時は正月祝いはしましたし、お供え餅もしましたよ。
今後の幸せを願う意味もあると思いますので、それはそれ、これはこれとある程度割り切りながら前向きになった方が幸せになれると感じています。
Jさん(男性)
たぶん地域性とかもあるんでしょうけど、喪中なら基本的には食べないものだと思います。
お祝いの料理ですからね。ご本人たちの気持ち次第かと。
Dさん(男性)
我が家では喪中のとき、年賀状はださず喪中はがき(年賀欠礼状)を出したり外向けのお祝い行事は避けるようにしていますが、おせち料理はつくって家の中ではふつうに過ごしていました。
S子さん(女性)
喪中であってもおせちは構わないと思いますよ。
元々「お祝い」というよりは、世の主婦がお正月にバタバタしなくてすむ様に料理を先作りしたわけですから。
奥さんを休ませる目的もあって保存のきく料理だし、お客様対策でもあったわけですね。
それでも、まわりにいけないという人が居るならやめたほうがいいかも。

たくさんのご意見がありますが、どちらかと言えば「おせちを食べる」ことそのものが慣例であったり、喪中であっても節度を持ちつつも、むしろ未来の縁起を担ぐ意味でおせちは食べられているご家庭が多いように感じました。

ご家系の考え方やそのときの雰囲気を優先すべきだとも多く意見されていますね。

次の章では喪中におせちを食べるならどういうふうにしているか、についてご説明していきます。


スポンサーリンク

喪中のお正月におせちを食べる場合にはどのようにしている?

いつもよりは簡素に

・重箱には盛らず、皿盛りにする
・祝箸は使用せず普段の箸を使う
・紅白の食材を避ける
・品数を簡素にする
・豆くらいならつくってみる
・日中のお屠蘇(おとそ)*は控える
・「おめでとう」などの祝いの挨拶は控える

*「お屠蘇」は、一年間の邪気を払い長寿を願って正月に呑む縁起物のお酒でありその風習を指します。

喪中におせちをする(食べる)とあっても、もしまだ少し気が引けて心から明るく振る舞えないな...という場合は、おせちの内容や祝いの挨拶、お酒などを少しだけ簡素にし控え、慎んだ気持ちを持ちつつ、今年一年が良い年になるよう願いながら食されるのがよいかもしれませんね。

まとめ

喪中のお正月におせちを食べるか否かについてはご家系ごとの考えや風習から、こうすべきと断定することはできません。
人それぞれ、その人そのお家系の考え方です。期間や行動等を他人から強制されるものではありません。

しかし、喪中の期間であったり、ご家族の状態(保守的な考え方であったり、落ち込んでいたり)によってはお家で家族でする新年の食事ですので私としては、ご意見にあったように割り切って前向きにされることをオススメしたいと思います。

喪中ですと来客も少ないでしょうから、作っても作らなくても支障は少ないかと思います。

忌中を過ぎていれば、残りの喪中期間は徐々に元の元気を取り戻すための期間でもありますので、せめて家の中ではふつうに正月を過ごしたいという気持ちもあるかとおもいます。

できれば、亡くなられた方にもお供えをして一緒に新年をお祝いして、新しい一年を見守ってもらいましょう。

亡くなられた方だったら、どう思うか?を想像し、正月は慎むのか、あるいはその方と一緒に「正月を祝う」のか、ご家族とも良く考えて決められればよいでしょう。

スポンサーリンク

-お正月
-, ,