ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

shimenawa5

お正月

正月飾りは来年も使いまわしOK?門松、しめ縄、鏡餅..保管する重要なポイント

ここではお正月飾りに関しまして

・正月飾りを捨てたくない!
・正月飾りは来年にも使いまわしてもOK?
・正月飾りを捨てずに保管する重要なポイントについて

というお悩みポイントに焦点をあてています。

正月飾りを処分するのに躊躇されるのと同時に、来年や再来年にも再利用していいものか?!と悩まれることもあるかと思います。

このように正月飾り使いまわしできないか...わからないことでお悩みを持たれている方がいらっしゃると思いますのでここでしっかり確認していきましょう。

スポンサーリンク

正月飾りを捨てたくない!

鏡餅は下げてからお雑煮やおしるこにして食べればよいですが、門松やしめ縄など、モノとして残るものに関しては、正月明け1月15日(地域によっては異なります)に催されるどんど焼きに出して燃やすのが一般的ではありますね。

・・・ほんとは縁起物なのでこの様な機会に燃やして頂くのが一番ですが、「燃やす」事自体が、難しくなってきているかと思います。
都会であったり各その地域ごとの考え方など、いろいろと時代の流れによっても。。。

正月飾りを捨てることに悩んでいる方の声

・飾りが結構高価だったのでもったいなくて捨てたくない。

・近所で燃やす行事もなく、ゴミステーションへ燃えるゴミとして出すのもしのびない...。

・捨てたらバチがあたるものなのか。問題ないのであれば来年にも使いまわしたい...。

「うちも燃やしに出してまた来年のを買うしかないか」とお悩みのあなたへ!

正月飾りは縁起物ですし、どの家も一般的には燃やして処分しているもののようですが、リサーチしたところそんなに形式的になる必要もないようですので
次の章でご説明しますね。

次の章では正月の飾りを来年にも使いまわしてもよいかどうかについてご説明していきます。

正月飾りは来年にも使いまわしてもOK?

使い回さない風習の根拠

正月飾りは元来、縁起や風習という面ではその1年での使い捨てになります。
松の内が過ぎたら地域のとんど焼きに出して焚き上げ、無病息災を願います。
そしてまた来年に新しい物を買うか作るかして設けるのが風習となっています。

そもそもこの風習は、正月飾りや家の門前や玄関(外と内)、客間などに飾るもので、正月に降りてくる年神様を玄関先から迎え入れるための縁起物ですので、それを毎年使いまわすのは神様に対して失礼だからNGですよ、という考えからきています。

ですので、正月に飾り物をする考え方というか、その由来・根拠をたどれば毎年新しいモノを準備しましょうね~、となります。

使い回しOK?

使い回してもOKです。

あくまで日本の古くからの風習ですので、毎年新しい飾りをして神様を迎えようといった精神をご自身がそこまで重要視していなければ、使いまわしたとしても表面上飾ってあれば新年を迎える気分にもなりますし、エコにもなります。

神社やお寺の慣わしはあるかと思いますが、まわりがどうだからなどと流されたりあまりこだわる程ではありません。
(姑さんなど口うるさく注意される場合は別ですが・・)

こういった風習は縁起を重んじるご家庭やしきたりにうるさい方はいらっしゃいます。
しかしそういったご家系が目立つのでどの家でも毎年新しいものを・・・と思われるかもしれませんが実は存外、正月飾りは使いまわされている家が多いです。

主な理由としては捨てるにはもったいないほどキレイだしまだ使える。といった理由がほぼすべてです。

使い古したり玄関に飾るのにさすがにみすぼらしい状態であれば買い直すか、あるいは作り直されている程度ですので、悩まれている方はしっかり保管をし来年にも再利用されても良いでしょう。

次の章では正月飾りを捨てずに保管するための重要なポイントをご説明していきます。


スポンサーリンク

正月飾りを捨てずに保管する重要なポイントについて

飾りがまだ汚れもキズもなくキレイだし..という理由で今年の年末も使いまわす理由になりますが、片づけてまた次に使うのは約1年後になりますよね。
片付けのときは大丈夫だと思っていても、いざ年末間近に「開けてびっくり玉手箱」なんてことにならないように...

長い月数、保管するものですから、正月飾りを保管する重要なポイントを挙げていきます。

門松

直射日光は避け、段ボール箱に入れ、日陰で保管しましょう。
ただし、生門松であれば、水分も必要ですので年間の保管は難しいかもしれません。

我が家では造花の門松なんですが、それであれば段ボール箱に入れた状態で日陰で、湿気の少ない場所で保管すれば毎年使えますよ。

注連縄

しめ縄は布製のものがあり、それであれば特に問題ありません。

ですが本物のしめ縄といえばワラですよね。

ワラはナマモノで湿気に弱く劣化が激しいので、保管方法をあやまるとすぐに台無しになりますので要注意です。

1.しめ飾りから橙など取り外し、しめ縄の部を布などでキレイにホコリやよごれを落とします。

2.よごれを落としたしめ縄を湿気の少ない日陰で風通しのよい場所へ置いて保管します。

3.縄は袋などに入れておく必要はありませんが、物置や倉庫など室内ではホコリをかぶるので薄い乾燥した布などを被せておきましょう。

4.合わせて乾燥剤、防虫剤などを入れて防虫、防カビ対策をしておきます。

上記のとおりワラは湿気に弱いので、よくビニール袋に入れてしっかり保管されている方もおられるようですが、ビニール製の袋だとわずかな湿気を誘う要因となりカビが生えてしまいます
夏場はなにもせずとも湿気でカビが発生するので、乾燥剤は必須です。

年間では梅雨や台風などあらゆる気象の変化によって保管にも限界があるかもしれませんが、以上のとおり、しっかり保管しておけば我が家でも10年近く同じものを使っていましたので、ぜひ、お試しいただきたいおすすめの保管方法となります。

因みにしめ飾りの橙(だいだい)は腐ってしまいますから1年も保管しようがないので処分は必要ですね。

鏡餅

もし、鏡開きの際に雑煮などで食されず、次回の正月用にと保管される場合です。
※よくあるプラスチック容器の鏡餅ではなく、食べられる餅です。

餅は特にカビが生えやすく、一度飾りで使用したものをそのまま保管するのはなかなか大変です。

カビの多くはは10℃以下の低温でも発育し、氷点下で発育できるカビもあります。
冷蔵庫に保管するだけや、冷凍庫に保管しておくだけでも、放っておけばカビは生えてしまいます。

それでもなるべくカビを発生させたくない場合は以下の対策が重要なポイントとなります。

・「粉末のからし」を少量の水で溶きよく練ったものを小皿にしき大き目のタッパーの中央に置いてその上に持ちを載せ、冷凍庫に保存する。

・日本酒をごく少量、餅に吹きかけてラッピングし、冷凍庫に保存する(飾る目的のみなら焼酎が効果的)。

・餅を裸の状態で持って移動する際には、ビニール手袋などし日本酒などで消毒して持つようにする。

このようにすればカビの発生を抑制する効果的な対策になるようですが、それでも1年をとおしてとなるとそのまま保存した状態ではやがては年末を待たずしてカビは発生するようですのでメンテナンスには手間暇、努力が必要となりますので、鏡餅の年間保管はあまりオススメできませんね。

また、カビが生えてしまえば、鏡開きに餅を切っても内部に菌糸が張り巡らされているため衛生上良くありません。

そのままではカビの匂いもあり腹痛の恐れもありますが、揚げ餅にすれば美味しく召し上がれるそうです。

その他

羽子板や破魔矢なども湿気や直射日光にも気を付けるべきですがそこまで神経質になるほどでもなく、きちんとしまって保管しておけば劣化がはげしくなることはないでしょう。

神社やお寺でいただいた御札や御守りは飾るのとはまた別ですが用が済めば返納するようにしましょう。

まとめ

正月飾りの翌年への使い回しについては、日本古来の伝統である風習が残っていますが、年神様を敬う気持ちをもって、丁寧に扱って保管するなり、どんど焼きで焚き上げるなり、いずれにしてもその物に対する敬意を払われる気持ちが重要であると感じました。

時代とともに風習が変わることもありますが、新しく迎える今年1年への願いを何がしかに込めて縁起というものは大事にしていきたいものですね。

スポンサーリンク

-お正月
-