ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

dondo

お正月

正月飾り 処分に遅れた!15日どんど焼きを過ぎたらいつどこに処分する?

正月三が日が過ぎ、飾りは松の内が過ぎてから近所のとんど焼きに焚きだしへ~。

と、予定していたのに「うっかり忘れていた」り、「仕事初めでバタバタして」どうしても処分する暇がなかった...

今年は正月飾りを予定に合わせて処分することができなかったんだけど、その場合どうすればいいんだろう?

このように悩まれている方がいらっしゃいます。

ここではお正月飾りに関しまして

・正月飾りの処分はいつするもの?
・正月飾りの処分に遅れた!1月15日のとんど焼きを過ぎたら手遅れ?
・正月飾りの処分に遅れた!いつ・どこに・どう処分すればいい?

というお悩みポイントに焦点をあてています。

・1月15日のどんど焼きに出すのを忘れてしまった。

・たしか神社かお寺にお願いできたと思ったんだけど、まだ間にあうのかな・・

・神社で引き取ってもらえるとしたら手数料はかかるもの?

・遅くなってしまいゴミ捨てに出すのは気が引けるて・・・どうしたらいいんだろう?

このようにお悩みを持たれている方がいらっしゃると思いますのでここでしっかり確認していきましょう。

スポンサーリンク

正月飾りの処分はいつするもの?

我が家は住んでいる地域がちょっと田舎なんですが、毎年正月明けの1月15日に町内の田んぼにワラや竹をたてて縛り、三角の円柱みたいにしてそこに町内のみんながもって来るしめ縄や飾り、だるまや御札などをのせて焚き上げをします^^

表現としては「処分する」ですが、正月飾りの縁起物を焼いて処分するのは、焚き上げをして「神様にお返しし無病息災を願う」という気持ちをもって行うものです。

普通の燃えるゴミとしては出しにくいので、この日にそういったものは全てだしますね。

この「どんど焼」は全国規模で行われている風習ですが都会では規制もあってさすがに燃やすこと自体が難しいので地域ごとでのどんど焼きができない場合は神社やお寺に持って行って引き取ってもらいます。

一般的にはいつ処分する?

一般的に上記したとおりどんど焼きとなりますが、正月明けの1月15日です。

ハッピーマンデーになってからは、毎年1月の第2月曜日にそれぞれの地域で行われますね。

どんど焼きでは、当日午前中に地区ごとで軽トラックに乗せてもらった小学生の子供たちか集めに来ますがお昼過ぎ15時くらいにとんど会場に直接持っていくこともできます。

都会ではどんど焼きができない地域も多いと思いますが、田舎でも都会でも、神社やお寺があります。

神社の境内などでも、焚き上げをされているようですよ。

本題は、次の章でご説明しますね~!

次の章では正月飾りの処分に遅れた場合は手遅れなのかどうかについてご説明していきます。

正月飾りの処分に遅れた!1月15日のとんど焼きを過ぎたら手遅れ?

さて、ここからが本題となりますが、『いつも出しているどんど焼きに出し忘れた!』なんてことになると焦りますよね。

もう、燃えるごみにしてごみ捨て場に出すしかないのか....

縁起物だし、ご近所さんの目もあるし・・・

それだけは避けたいですよね!私もそれだけはオススメできません><;

でも、ご安心を!1月15日やどんど焼きに間に合わなくても、手遅れではありませんよ~

最悪の処分方法ではなく、ちゃんと処分できる方法があります^^

手遅れじゃない!では、どうすればいい?

答えは、神社です!

神社に持って行ってお願いすれば、ちゃんと処分してもらえますよ~

私も、実は神社に持って行って処分をしてもらったことがあります^^;

(いつも毎年やっているとんど祭りで焼いてもらってるんですけどね)

詳しくは次の章でご説明しますね!

次の章では正月飾りの処分に遅れた場合はいつ・どこに・どう処分すればよいのかについてご説明していきます。


スポンサーリンク

正月飾りの処分に遅れた!いつ・どこに・どう処分すればいい?

前章で説明しましたとおり、神社に持っていけば正月飾りの処分をしてもらえます。

とんどは全国規模ではありますが、やっていない地域もあります。
でも、神社はどの町でもありますよね。

ただ、神社といっても処分方法は焚き上げになりますのであまりに小さくて閑散としているような神社ではなく、正月の初詣客では少しだけでも賑わう程度の規模(以上)の神社をオススメします。

なぜ神社なのか?

神社でお守りやお札を頂くときは初穂料といって料金を支払いますが、効力があるといわれている1年間を使用したら神社にまた返納をするというのが一般的です。

神社へ返納するときには料金は発生しません。

それと同様で、神社でも頂けるしめ縄や破魔矢なども同じように返納(回収)をすることがとんど焼きと同様な1つの慣習であり文化となっているんです。

当然、お金を払うことはありません

ですから、例えデパートなどで購入した正月飾りであったとしても神社に持ってお願いすれば、嫌な顔1つされず焚き上げしてもらえます。

ただ、神社にいつ持って行っても、その場ですぐにお焚き上げしてもらえるわけではありません。

1月中であればその頻度は高いですが、季節が違ってくれば焚き上げをする日(イベント的な)の際に、まとまった形で処分をされます。

ですので、2月だったり春先など、オーバーに言えば夏場だったとしても引き取ってもらえます

また、調べたところ、神社だけではなく、「お寺」でも同様なようですので不安要素はもうありませんね^^

ご説明しました点を整理しまして、以下に「いつ」「どこに」「どのように」をまとめておきますね。

いつ(までに)?

特に期限はありません。

1月であればお焚き上げのシーズンですので早めにとかその場で燃やすのを確認したいなって思われる方はなるべく早めがよいでしょう。

どこに(どこで)?

お近くのある程度規模のある(初詣に少しでも参拝客が集まるような)神社です。

お寺でもよいようです。

どのように処分する?

神社で引き取っていただき、焚き上げをしてもらえます。

焚き上げのときではないようでしたら、返納するかたちで神社側で後日焚き上げをされることになります。

直接渡せると思いますが、神社によっては常時応対が難しいせいか、『正月飾りはこちらへ』というコーナーが設置されていて、そこに使用済の飾り物を置いて帰る。というケースもあるようですね。

注連縄の飾りつけなどで燃える部分、燃えない部分とで分かれるものは、できればエチケットとしてその場で分別し箱に入れて帰るようにしましょう。

注意点

一つ、注意点としまして、正月お飾りのうち、家のトイレに飾られたもの(和締め、御札など)はありますでしょうか?

それらも取り換えや取り外した場合に処分しますが、トイレに飾られたものは神社には返納せず、可燃ごみとして処分するのが礼儀なんだそうです。

まとめ

不要となった正月飾りは燃えるごみとして処分せず、とんど焼きや神社で焚き上げしてもらいましょう。

私は毎年、どんど祭りに出しますが、あの焚き上げのときのみんなが出してきた飾りがバチバチといって燃え盛る炎とあの音。

あの光景は「目に」というよりは「心に響いて焼きつく」ような感覚があり、とても迫力があります。

みなが集まってやっているものなので気持ちの高揚もありますが、家に飾って浄化していただいた飾りが燃えているのを見ながら無病息災を願っています。

今年一年も力強く、笑顔で乗り越えたいものです。

スポンサーリンク

-お正月
-