ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

クリスマス

クリスマスリースを手作りで 子どもと楽しめる紙皿を使った簡単な作り方

2017/10/20

ここでは、お家にある文房具などを使ったお手軽で簡単なクリスマスリースの作り方をご紹介したいと思います。

クリスマスのリースでも手作りとなると花とか鈴とかリボンとか...なんだか少し敷居が高く感じられると思いますがここでご紹介する内容は簡単な材料と作業ステップで可愛らしいリースを作ることができますので、こちらをご覧になって、ぜひお子さんとも一緒に工作されてみてはいかがでしょうか^^

今は買えば100均でも造花をあしらった見栄えのよいものも手に入れられますがお家の身近にあるものでお子さんと手作り感満載なリースを飾ってクリスマスを過ごされるのも、お子さんにとっても貴重な経験と思い出になると思いますよ^^

では、次の章から簡単に作れる「クリスマスリース」の作り方についてご紹介しますね^^

スポンサーリンク

クリスマスリースの完成イメージ

01

この記事のトップイメージとなります。

ご紹介するクリスマスリースの手作り方法はこちらの動画より引用しています。

出典元:紙皿 「クリスマスリース」 の作り方 【簡単クリスマス工作】

完成写真を見てもシンプルな感じですが、

本当にそんな簡単にできるの?

子どもでもできちゃうの?

って思っちゃいますよね^^

親御さんのご指導は、いるかもしれませんが、一緒にすればお子さんもきっと作れる内容ですので、ぜひお試しください♪

クリスマスリースの作成でまず準備するもの

・紙皿(使い捨てできるもの)
・ヒモ
・折り紙など装飾できるもの
・のり(ボンドでもOK)
・セロハンテープ
・ハサミ
・穴あけパンチ
・カッター
・マジック


スポンサーリンク

クリスマスリース 手作りの作成手順

輪っか(ドーナツ)を作る

2

まずリースの本体である輪っかを作りましょう。

※紙皿はお好みの大きさでOKです。作りたい数分、紙皿を用意しましょう。

①写真イメージのように紙皿の枠の部分を残すように切ります。

円状なのでカッターでは難しいので、カッターで切れ目を入れてから、その切れ目からはさみで丸く切っていくと上手にできます。

3

このように輪っかにしましょう。

輪っかに穴を空ける

4

②輪っかのどの部分でもよいので写真イメージのように穴あけパンチで穴を空けます。

穴あけパンチがもしお家になければ、そのためだけに買いに行くのもコストがかかりますので家にあるキリや鉛筆の芯などで空けましょう。
空けた穴は紐で吊るせるようにするためですので、ヒモが通る大きさの穴であればOKです。

空けた穴にヒモを通す

5

③②で輪っかに空けた穴にヒモをとおします。

このとき、リースの表側からヒモを通し、上で結んでください。

これで、本体は出来上がりです^^♪

デコレーションして出来上がり♪

6

④折り紙でリボンを型どったりサンタさんを折ったりホシ☆型やいろいろな形をつくって輪に貼っていきましょう~^^

糊やボンドを使って貼りましょう。

7

↑写真イメージのように、輪っかに緑のカラーマジックで色を塗ってみれば、クリスマスらしさが増し、バリエーション豊かになりますね♪

なんてったって、紙皿がベースになっていますのでデコレーション次第でアレンジが自由に効きますよ。

これで、クリスマスリースの手作り制作は完了です^^♪

↓こんな感じで手作り飾りを素敵に飾ってみてください☆彡
8

あとがき

いかがでしたか?簡単すぎてびっくりですね!

ここで簡単な作り方を紹介するのは、お子さんと一緒にできるのがミソなんです^^

ところで、私の生まれ育った家でもそうだったんですが、クリスマスリースって以外と飾っていないご家庭が多くてクリスマスの定番お飾りではあるんですが、ツリーは用意しててもリースまでは用意しないお家が多いようです。

玄関のドアに飾るイメージが強かったり、家族とお家で過ごすから室内でツリーがあればいいやっていう理由もあるようです。

でも、リースの使いかた(飾り方)は自由で、室内の壁に掛けてみたりテーブルの上に置いてみたりするだけで一気にクリスマスの雰囲気を豪華に増せることができる素敵なアイテムなので手軽に作ってみて室内に飾るのもお得感もあっていいなと思いました。

それでは、メリークリスマス☆

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-クリスマス
-