ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

1

クリスマス

クリスマス用の三角帽子を手作りで 画用紙と輪ゴムでお手軽に工作♪

特にお子さんのいるご家庭でクリスマスなら欠かせないアイテムの1つに三角帽子がありますね。

パーティ帽子とか、パーティコーンと呼ばれたりもします。

でも、三角帽子ってお店で安価で入手できるものではありますけど、実際に使うケースや頻度って少ないですよね。

その都度、新しいものを買うのも手間やコストがかかりますし、ずっと大切に保管しておくのも嵩ばって邪魔になったりも・・・(*_*)

ここでは、画用紙さえ用意できれば、他はだいたいどのお家にもあるようなもので工作したら簡単に作れるやりかたをご紹介します。

『イベントパーティなどで三角帽子あったほうがいいかなあ?』

とか

『そんな高い買い物じゃないけど、、、どうしよっかな』

って悩まれている方にとってお役に立ててもらえばと思いますので、ぜひ、こちらを見てお子さんとも工作をお試しいただけたらと思います^^!

では、次の章から簡単に作れる「クリスマス用の三角帽子」の作り方についてご紹介しますね^^

スポンサーリンク

クリスマス用の三角帽子の完成イメージ

1

この記事のトップイメージとなります。

ご紹介するクリスマス用の三角帽子の手作り方法はこちらの動画より引用しています。

出典元:画用紙 「三角帽子(パーティ帽子)」 の作り方 【簡単クリスマス工作】

クリスマス用の三角帽子の作成でまず準備するもの

・緑色の画用紙
・輪ゴム3本
・分度器
・コンパス
・定規
・ハサミ
・カッター
・ペン
・のり
・セロハンテープ

もし、大人も家族そろって被る場合、頭の大きさに注意しながら必要な分、準備しましょう。


スポンサーリンク

クリスマス用の三角帽子 手作りの作成手順

三角帽子を型どる

2

①用意した緑の画用紙から三角帽子になるようかたどっていきます。

半円を型どってきったり、半径やのりしろの長さをとるのが難しいですが、この状態まで準備できれば、後は楽ちんです^^

ここでは、長さは定規、角度は分度器、半円はコンパスを使用しハサミとカッターで切っていきましょう。
のりしろ部分は折り目を入れておきましょう。
※帽子をかぶる方のサイズが同じであれば重ねて同時に型どりすれば手間がすこーし省けます^^

首にひっかけるヒモを作る

②後から三角帽子につけてかぶるときに首にひっかけるためのヒモを作ります。

3

写真イメージのように、最初に画用紙に型どった幅と長さに合わせて、輪ゴム止め用(短い)と
首回り用(長い)の2本を切って準備しておきます。

型どった画用紙を丸めで帽子を作る

4

③最初に型どった画用紙を手で丸め、写真イメージのように三角帽子状にします。

折り目を入れたのりしろ部には糊をしっかり付け・・・

5

のりしろ部を貼り付ければこのように、三角帽子になりますね^^

首かけを作っていく

6

④帽子型になった画用紙の飛び出している部分の付け根に輪ゴムを置き、その部分を上に折りたたみ、セロハンテープで貼り付け固定します。

7

⑤②で作ったヒモ(画用紙)のうち4cmに切った画用紙を、④のちょうど反対側に貼り付け、同じように輪ゴムを固定します。

8

両サイドに輪ゴムを付けたらこんな感じですね^^

9

⑥両サイドに固定したそれぞれの輪ゴムに、②で作った長い方のヒモ(画用紙)を通して輪に折り、間を残った輪ゴムで交差しつなげます。(写真イメージ参照)

10

これでもうかぶれる状態です。あとは、デコレーションですね^^

デコレーションを加えて出来上がり♪

11

デコレーションはもう自由です♪

写真のようにお星様を折って貼りつけただけでクリスマスっぽくなりますね~☆

以上で、クリスマス用の三角帽子の手作り制作は完了です^^♪

あとがき

三角帽子はクリスマス以外にも、お誕生日会やハロウィーンなど、室内パーティであれば使えますよね☆彡

お子さんがいらっしゃるご家庭でしたら、一緒に工作すれば脳トレ(知育?)にもなるし良い思い出づくりにもなりますよ^^

出来上がりをかぶって、一緒に写真にとっちゃいましょう(カシャッ!)(^◇^)

お子さんがたくさん集まってのパーティなら、1人だけかぶってても浮いちゃいますから、人数分作ってみんなでかぶっちゃいましょう^^♪

このブログでは他のクリスマスアイテムの簡単手作り方法についてもご紹介していますので、ぜひ、そちらもご覧になってくださいね(^_-)-☆

それでは、メリークリスマス☆

スポンサーリンク

-クリスマス
-