ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

281270

インフルエンザ

インフルエンザ対策 赤ちゃん予防接種はなぜ二回?その効果や必要性は?

こちらをご覧になったお母さんへ

毎日赤ちゃんのお世話などお疲れ様です。

四六時中一緒で、体力的にも精神的にもしんどい思いをされているかと思います。

仕事をしていたほうがラクだったり・・・
 
 

さて、インフルエンザのシーズンが近づくと、赤ちゃんの予防接種のことが気になりますよね。
 
 

インフルエンザ予防接種は他の定期接種とは違って任意接種となり、摂取する場合は通常2回に分けての接種となります。
 
 

   任意なら注射打ってもらう必要あるの?
 
 

とか
 
 

   なんで2回にわけるの?2回病院に行くってこと??
 
 
 

、といろいろ悩まれてお調べになられていたら、こちらでお話させていただきますので、ぜひご参考になれればと思います。
 
 

ここでは、

・赤ちゃんの予防接種は任意だけど重要なもの?

・任意なら受けなくてもそうたいしたことないのだろうか。

・乳児がインフルエンザ予防接種を2回に分けて受ける理由はなに?

このように心配事や、わからないことでお悩みを持っている方も多くいらっしゃると思います。

ここではインフルエンザに関する知識について

・インフルエンザ対策 赤ちゃん予防接種の有効性について
・インフルエンザ対策 赤ちゃん予防接種はなぜ2回受けるの?

というお悩み解決ポイントに焦点をあてています。
 
 
乳幼児のインフルエンザ対策として予防接種の有効性、2回に分けて受ける理由や、予防接種のスケジュールの考え方についてお話しますね。
 
 

スポンサーリンク

インフルエンザ対策 赤ちゃん予防接種の有効性について

乳児では「任意接種」とされているインフルエンザ予防接種の有効性について、赤ちゃんが発症するリスク発症し重症化するリスクと、予防接種を受けることでの効果を比較して考えてみたいと思います。
 
 

赤ちゃんが発症するリスク

まず、赤ちゃんが発症するリスクについてですが、大人と比較してはるかに免疫力の低い乳児は発症するリスクは高いでしょう。
ただし、お母さんからの授乳によってその免疫で守られていることと、ご家庭の環境によって、家族の方の外出頻度や除菌を含め清潔なエチケットを心がけられているかによって大きく左右されます。

つまり乳児であれば、外出を控えたりや周囲の守りがしっかりしていれば感染するリスクは低いといえるでしょうけど、
それが本当にシーズン中、きっちり抜かりなく出来るかは非常に難しいことだと思います。

赤ちゃんが発症した場合に重症化するリスク

厚生労働省が掲示している内容からは、

インフルエンザウイルスは特に乳幼児では罹患率が高く、肺炎など重症化しやすいので注意が必要。

という旨が記載されていますので、赤ちゃんが感染してしまっては、重症化が非常に恐れられているもののようです。
 
 

予防接種を受けることでの効果

乳幼児におけるインフルエンザワクチンを接種することでの有効性について、厚生労働省が掲示している内容を箇条書きします。

・乳幼児の感染を完全に阻止する効果はない

・接種した乳幼児のおおよそ20%~50%程度の発病防止の効果がある

・乳幼児が発症後の重症化を予防する効果は非常に高く一定の効果がある

という内容が記載されていました。

このことから、感染や発病を防ぐには期待はそんなにできなさそうですが、重要な点として、発症した場合の重症化を抑えられるという点ではとても有効的ですね。

 
 

もちろん、ワクチンを接種しようがしまいが、感染するリスクを完全になくすことはできませんし、もし感染した場合、お母さんへのご家族のフォローもとても大変なものになるでしょう。

ワクチンを受ければ大丈夫。と安心するのではなく、せめてシーズン中だけでもご家族は手洗いうがいをしっかりとし、各々ご自身が感染しないよう注意して生活することが大事です。

 
 

では、次の章で「インフルエンザ対策で赤ちゃんの予防接種はなぜ2回受けるのか」についてお話しますね。

 
 

インフルエンザ対策 赤ちゃん予防接種はなぜ2回受けるの?

インフルエンザ予防接種を受けられる生後6か月~3歳未満の乳幼児には、ワクチンを2回に分けて受けることになります。

私たち大人は注射を打ってもらうのはいつも1回ですが、なぜ子どもは2回なのでしょう。
 
 

2回に分けてワクチン接種する理由

予防ワクチンは大人も子どもも、0.50mLの量を接種しますが、子どもはまだ体が小さく、副作用の懸念から一度に大人と同じ量を接種できないからなのです。
 
 

年齢(月例)別の接種量と回数は以下の表のとおりとなります。

年齢(月例) 摂取量・回数
6ヶ月以上3歳未満 0.25mL×2回
3歳以上13歳未満 0.50mL×2回
13歳以上 0.50mL×1回

 
 

この表を見るとわかりますが、3歳以上から大人と同じ量の0.50mLを接種となります。

また、接種回数は3歳~13歳未満は2回となっていて、13歳以上は1回ですね。

3歳~13歳未満は大人よりも多くの量を接種しているということになります。
 
 

ですので、上に述べた

「 子どもはまだ体が小さく、副作用の懸念から一度に大人と同じ量を接種できないから 」

↑この接種量の問題は、6ヶ月以上~3歳未満の乳幼児にのみ言えることなんです。
 
 

3歳未満の乳幼児や13歳未満の子が2回に渡って接種を受ける理由はそれだけではないんです。


スポンサーリンク

2回に分けることによる効果

赤ちゃんや13歳未満の子が1回ではなく2回に分けてワクチン接種するのは「一度に受けられる接種量」の理由だけではありません。
 
 

以下に、年齢(月例)別の予防接種量と回数、合計接種量、感染リスク、感染した場合の重症化リスクを簡単に表にしました。

年齢(月例) 摂取量・回数 合計摂取量 感染リスク 重症化リスク
6ヶ月以上3歳未満 0.25mL×2回 0.50mL 低~中
3歳以上13歳未満 0.50mL×2回 1.00mL 中~高
13歳以上 0.50mL×1回 0.50mL 低~中 低~中

上の表からも傾向がみてとれるのですが、

3歳未満の乳幼児は外出が少なく、感染リスクは低い反面、大人に比べて免疫力が低いため、感染した場合に重症化するリスクが高いです。
 
 

また、3歳以上~13歳未満の子は保育所や幼稚園、小学校と外での活動が活発な時期なので感染リスクはぐっと高まります
 
 

3歳以上であれば赤ちゃんよりは免疫力は強いですが大人ほどではなく、重症化するリスクも中程度はあると見込めます。
 
 

大人と比べてこういったリスクの高さと、接種回数の多さが関連します。
 
 

2回目を打つまでの間隔は4週間以内に

1回目の接種による効果の持続期間はおよそ2,3週間~4週間といわれていますので、接種を受けてからだいたい4週間弱ほど先の日程で2回目の接種予約をすることになります。

間隔が4週間を超えた場合、免疫効果が薄れるため、4週間以内に2回目の摂取をしましょう。
 
 

2回接種することによる効果としましては、最初の1回目に打ち、4週間以内に2回目を打つことによって、この2回目のワクチン効果は1回目と比較しておよそ10倍ほどの効力があるといわれています。

ブースター効果

このように、最初のワクチン投与で体内で1度作られた免疫機能が、
再度、抗原に接触することによって更に免疫機能が高まることを生物学用語では「ブースター効果」がある、といいます。

また、最初の1回分だけでは、だいたい4週間の持続効果ですが、2回目を打つことで約10倍の高い免疫力がつきますし、さらに、持続効果はそこから数か月間に及びます

長ければ1年ほど免疫効果を持続するようです。
 
 

発症リスクよりも発症した場合の重症化リスクを抑える効果の方が高く認められているインフルエンザ不活化ワクチンですが、こうして2回受けることの意味・効果がわかると、少しは安心できますね
 
 

そしてそれなら、
 
 
 
 

「 13歳以上の子や成人した大人だって2回受けれないのか? 」
 
 

とも思ってしまいますが、大人も2回受けたければ打ってもらえるようです。
 
 

毎年予防接種受けても感染していたり、体調面で不安があるようでしたら医師に相談してみてください。

ブースター効果をつけるため、1ヶ月のスパンを置いてとなりますのと、費用は全額自己負担(一回3,000円程)にはなります。
 
 

まとめ

いかがでしたか?

この記事ではインフルエンザに関する知識について以下の項目でご説明しました。

・インフルエンザ対策 赤ちゃん予防接種の有効性について

赤ちゃんが予防接種していない場合、インフルエンザウイルスに感染するリスクや、もし感染した場合に肺炎になったりひどい場合は脳炎になど重症化するリスクが高いです。

それに対し、流行する前に予防接種を受けておけば感染リスクが大きく減るとまではいきませんが、発症してもワクチン効果によって免疫力が高められ重症化しにくくする効果があります。

・インフルエンザ対策 赤ちゃん予防接種はなぜ2回受けるの?

単純に小さな体で大人と同じ分量を一度に摂取できない理由もありますが、それ以外に間隔をおいて2度にわけて接種することで免疫力やその持続する期間が飛躍的に高められる「ブースター効果」が認められているからです。

ここでは以上となります。
 
 

まだまだ授乳中、あるいは授乳離れしつつある小さなお子さんに摂取するリスクを負うことからいろいろな意味で悩みや不安を抱かれているお母さまがいらっしゃると思います。

こちらをご参考に、ご家族やご友人などともご相談・情報共有されてお子さんにとってなるべく良い選択をとられればと思います。
 
 
ここまでお読みいただき、ありがとうございました<(_ _)>

インフルエンザ対策 記事特集

スポンサーリンク

-インフルエンザ
-