ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

kikuseidai

イルミネーション

神戸おすすめ夜景スポット 摩耶山掬星台へのアクセスと気を付ける点!

日本三大夜景と言えば、この神戸摩耶山以外に札幌と長崎がありますね^^
 

2015年までは函館が入っていましたがその年の発表によって今は長崎・札幌・神戸になっています。

余談ですが、長崎は日本だけではなく世界においても「世界三大夜景」の地として評価されているようです。
 

ここでは日本三大夜景の1つ、日本夜景遺産にも選定された日本を代表する夜景のひとつである、

摩耶山(まやさん)の掬星台(きくせいだい)について
 

展望台までのアクセス情報や移動時の注意点についてお話ししたいと思います。

 
摩耶山へ車で行かれようとお考えの方は
 

摩耶山(まやさん)の夜景ってどうすごいの?

展望台まで車で行けるの?駐車場は?

徒歩もあるのかな?

 

と、このようなことでお悩みではないですか?

 

ここでは神戸でおすすめの夜景スポットである摩耶山について

・摩耶山の掬星台について
・摩耶山掬星台へのアクセス方法について
・摩耶山掬星台へのアクセスで気を付ける点!

というポイントに焦点をあててお話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

神戸おすすめ夜景スポット 摩耶山の掬星台について

所在地:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2

展望台からは大阪方面から神戸市街のワイドでダイナミックな夜景を体感できる日本屈指の展望スポットで、1,000万ドルの夜景とも言われます。

日没から空が青々と深く染まっていき、港のふ頭や街にぽつぽつと明かりが灯り始める光模様が感動的です(#^.^#)

「1000万ドル」と表現される理由

その理由は、そこから『見渡せる市町で1日に消費される電気代を1ドル110円で計算したら1000万ドルを超えた』という結果が出たからなんだそうです。

「掬星台」という名前の由来

「掬」は『手ですくう(掬う)』という意味で、ここを訪れた先人が『ここから見た夜空の無数の星があまりにも近いので手で掬(すく)えそうだ』というふうに感じられたことから名付けられました。
 

摩耶山は日本三大夜景だけれども順位でいえば3番目ということもあって地元神戸や関西圏以外では以外と知名度が低いようです。

また、摩耶山の山頂へ行くのにも交通機関が充実していなかったり、暗くてわかりにくかったりで地元の方でも迷うという話を聞いたことがあるので山頂展望台までのアクセスや気を付ける事をリサーチしたので初めて行かれる方はしっかりチェックしてみてくださいね!

 

神戸おすすめ夜景スポット 摩耶山掬星台へのアクセス方法について

展望台まで車で行けるのか

展望台付近(約500m程手前)からは一般車両侵入禁止になっています。
 

目的地の展望台付近までは車で行けるので、

・「表六甲ドライブウェイ」、
・「裏六甲ドライブウェイ」、
・「西六甲ドライブウェイ」、
・「六甲北道路」
などをひたすら走り、

「奥摩耶ドライブウェイ」へ乗りましょう。

※東西南北から行けるので道路の選択、距離や移動時間はナビなどでご確認くださいね^^
 

奥摩耶ドライブウェイの乗ったら展望台目指して走り、展望台の300メートルくらい手前にお寺(天上寺といいます)がありますのでそこを目指しましょう。

付近に駐車場はあるのか

天上寺は展望台の直前にあり、その近くまで来たら公営のコインパークがあるのでやってくる方はみなさんそこに停めています。

駐車場名 掬星台(天上寺前)
所在地 兵庫県神戸市灘区摩耶山町2番2
料金 普通車1回 500円
営業時間 24時間
収容台数 85台

*24時間営業なので時間は気にせず行けますが、収容台数が85台と限られているので行楽シーズンの特に夜であれば満車になる可能性があります。

駐車場からの距離は?徒歩?

付近のコインパークに停めたら、そこからは歩いて10分ほどで掬星台に到着します。
(隣接してロープウェイの駅「星の駅」の駅舎があるので目印になります。)

 


スポンサーリンク

神戸おすすめ夜景スポット 摩耶山掬星台への移動アクセスで気を付ける点!

暗くなっての山道の運転に注意!

車で付近の駐車場まで移動できますがこの山道がけっこう狭くて対向車と鉢合わせたらちょっと離合が難しい感じです。

勢いよくスピードを出しては事故を起こしてしまってはいけないのでライトをハイビームを利用しつつ注意して運転しましょう。

車両侵入禁止区内の運転は厳禁!

展望台付近から一般車両の進入禁止となっており看板も出ているようですが、これを地元のよく知っている人は(もちろん一部の方ですが)は夜になると掬星台のそばまで直接車で行ってしまう人が多いようです。

そういう方に限って運転も粗いようで・・・

新入禁区域内では、もし事故にあった場合は保険の適用が難しいので被害者側だったとしても泣き寝入りせざるを得ない状況にもなるらしいです...

警察もたまに目を光らせているようで、もし侵入したら一発で違反切符を切られてしまいますね( ノД`)・・・

また現地をよく知っている人から聞いた話では、車上荒らしがときどきあり、トラブルがあった話もあるそうです。
そうなる理由として掬星台までの歩くルートで街頭が少ないことがあげられます。
ですので、車から外に出る際には貴重品はしっかり身につけ落とさないように。また、懐中電灯を携帯しておくと良いでしょう。

暗いしそんなことも知らず、前の車に着いて行って違反切符切られた...なんてことのないよう、ルールはしっかり守り、注意して運転するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では神戸のおすすめ夜景スポット日本三大夜景でもある「摩耶山」についてお話しました。
以下に覚書きとしてまとめておきますね。

 
・神戸おすすめ夜景スポット 摩耶山(まやさん)の掬星台(きくせいだい)について

▼覚書き

・日本三大夜景に指定されていて1000万ドルの夜景と言われている。
・掬星台という名前の由来は展望台から見える夜空の星が近くて手で掬え(すくえ)そうなほどの感覚になったことからそう名付けられた。
・全国規模で以外と知名度が低く、実際に車で行くとなるとルートや駐車場について事前に調べ気を付けておく必要がある。

・神戸おすすめ夜景スポット 摩耶山掬星台へのアクセス方法について

▼覚書き

・車で行けるが現地付近は車両侵入禁止になっている。
・展望台付近にある駐車場があるのでそこに駐車する。
・駐車場からは歩きになるがだいたい徒歩で10分程度。

・神戸おすすめ夜景スポット 摩耶山掬星台へのアクセスで気を付ける点!

▼覚書き

・山道は以外と狭く離合も困難な場所も多いので、暗くなってからは特に運転に要注意!
・車両侵入禁止区域内にまで入って車を停める地元の方もいるので間違わないように。
・誤って侵入すると事故処理が非常に面倒。
・事故での非がなかったとしても警察に違反切符切られる。
・車上荒らしに注意!貴重品は身につけ、徒歩ルートは暗いので懐中電灯を持つこと!

三大夜景だから現地に近づくにつれ気分も高揚してワクワクするでしょう^^
けど、ここでお話した注意点には本当に気をつけて、楽しんで星を掬ってみたり、夜景を担当してくださいね☆

スポンサーリンク

-イルミネーション