ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

大掃除

キッチンの大掃除を超楽に!重曹とクエン酸を使い分ける予備掃除とは

2016/10/19

家の大掃除ともなれば数か月分、あるいは1年分のたまった汚れを掃除することになるので作業はとても面倒で疲れるし大変ですよね。
 

例えばキッチンならガスコンロや換気扇の油汚れ、排水口の水垢など頑固でなかなか落とせないものが多いので大掃除でも手を抜きがちですね。
 

キッチンの油汚れの場合・・・

調理をする度にいちいち細かい油汚れを洗うのが面倒なのでベタベタになってからイヤイヤ掃除している。
 

そりゃあもちろん、キレイに保っておきたいけど、面倒くさい
 

大掃除のときもある程度諦めてて、掃除はするけど体力もいるし妥協している
 

掃除の仕方も道具も、手軽に出来れば嬉しいけど、、、キレイにしようと思ったらお金かかるものじゃないかな
 

このように毎日時間に追われて家事をこなしていると細かなことが面倒くさくなって、日々のたまった汚れを大掃除のときに「さあ、どうしよう?」って感じで追われてやる感じになってはいませんか?

ここでご紹介する「予備掃除」は普段からキッチンのそれらの掃除箇所への簡単なひと手間で、汚れをためない工夫をすることで大掃除をいかに楽にできるかをご提案します。

 

スポンサーリンク

キッチンの大掃除を超楽に!

キッチンの大掃除を楽にするための方法として、普段調理する際にできる「予備掃除」をご提案します。

なので、「大掃除のとき」にたまった汚れを如何に簡単に速く済ませる、というものではありません。

普段日常生活の中に取り入れられそうな、簡単なやり方をすれば、汚れのたまりも最小限に減らすことができ、清潔感を維持できるとともに、年末などの大掃除で「いざ!」というときでも簡単な掃除で済ませられるようになります。

予備掃除に必要な道具は、100均で売っているスプレーボトルと調味料ポット、重曹、クエン酸、ペーパータオル、ぞうきん があれば大丈夫です。

↓準備するもの

  • スプレーボトル×2
  • 調味料ポット×2
  • 重曹
  • クエン酸
  • ペーパータオル
  • ぞうきん

・調味料入れ(ポット)
chomiryoupot

・スプレーボトル
sprayb

どちらも100均で購入できる「スプレーボトル」、「調味料ポット」が非常に役に立ちます!

・重曹(食品添加物兼用なので、念のためお掃除用として記載されいていることをご確認ください)
jusou

・クエン酸
kuensan

このようにお家でそろう道具で「予備掃除」のやり方も簡単ですので、しっかり確認していきましょう!

 

キッチンの大掃除を超楽に!重曹とクエン酸を使い分ける予備掃除とは

換気扇

kankisen

換気扇は、普段使っているはずですがあまり目につかないところにあるため、気がつけばベトベトの油汚れがたまりがちですね。

その分、掃除をする機会も少ないのでいざ大掃除のときには洗いにくさもあって、手を焼きます。

▼予備掃除のやり方はこれだけ!
重曹スプレー+ペーパータオルで5分湿布するだけ

①換気扇を強にしてまわしておきます。
②重曹小さじ2を水1カップで溶かした「重曹水」を、スプレーボトルにいれ換気扇に吹き付けます。
③重曹水を吹き付けた換気扇にペーパータオルを貼って約5分放置します。
④5分後、そのままペーパータオルで全体を拭きとれば終わり。

これで、いつもピカピカです!

ガス台

gaskonro

ガスコンロの台で特に五徳(ごとく)の部分にはつねに油汚れがこびりついていて、大掃除でも妥協しがちな部分ですね。

▼予備掃除のやり方はこれだけ!
重曹スプレー+ぞうきんのパックで汚れをためない!

①油や汁がこぼれた五徳は、熱いうちに「重曹水」をスプレーします。
②ぞうきんをかけて放置。

これで、汚れがスルッと落とせます。

油汚れは重曹を使っても落ちにくい場合があるので、調理したとき(後)の熱いうちにするのがポイントです。

 


スポンサーリンク

(おまけ)
油料理をすればガスまわりにも飛び散りますので、できればこまめにふき取りましょう。

調理前に雑巾をコントや蛇口、まな板など、調理スペースの横に各1枚ずつ用意しておき、水や油が飛んだらすぐ拭ける態勢に。

このようにして先取りして拭くことで、汚れの「こびりつき」を防ぐことができます。

排水口

haisuikuti

排水口は生ごみや食べ残しの一部などいろいろものが流れたり残ってたりします。

そのまま手を入れたりにおいを嗅ぐのすら敬遠してしまいますね。

なので掃除のときはヌメヌメ・ヌルヌルなのでゴム手袋をしてイヤイヤ掃除・・・あぁ、嫌ですねー...

▼予備掃除のやり方はこれだけ!
調理後、クエン酸スプレーをひと拭きすればヌメリなし!

①スプレーボトルにクエン酸小さじ1と水カップを入れ、よく振って溶かしておきます。
②クエン酸スプレーを調理が終わるたびに排水口にスプレーします。

これだけで、ヌメリやにおいを防ぐことができます。

ゴミ箱

生ごみやいろいろなゴミを入れっぱなしだと、ゴミ箱を開けるたび、においがプ~ン・・・!

湿気もたまるし気づけば黒カビもついていたり・・

▼予備掃除のやり方はこれだけ!
ゴミ箱の中に重曹をふりかければOK!

①調味料ポットに重曹をなにも混ぜずにそのまま入れておきます。
②それをゴミ箱にそのままふりかけます。

これだけです。

重曹は掃除だけでなく、消臭にも効果的なのでイヤ~なにおいをセーブしてくれます。

おまけに、水気も吸い取ってくれるのでカビ予防にも効果大です!

 

参考トイレの掃除の仕方!何をやっても取れなかった頑固なシミやニオイと決別!
参考エアコンの掃除の仕方 100均アイテムでお手軽に15分でピッカピカ!
参考風呂掃除の手順まとめ!100均スポンジを駆使し水垢や鏡のウロコを落とす!
参考家の掃除!100均で超人気の激落ち掃除アイテムの使うコツと注意点!

あとがき

いかがでしたでしょうか?

家の大掃除は、やらないといけないことだからやっているけど、自分で落とせない(その方法がわからない)からといって「仕方がない」とあきらめて汚れを残していませんか?
 

ぜひ、ここでご紹介したやり方で普段の日常からやってみてください。

やり方は簡単なので、大掃除ってときでも一番ガンコそうなところがキレイだったら気も楽で、他の部屋なども念入りに掃除できちゃいますね^^!

それでは!
 

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-大掃除