ちょっと知りたいお悩み解決研究室

日常生活でのあらゆる悩み事に対する解決策や、知りたい事への提案について記事を更新しています。

大掃除

風呂掃除の手順まとめ!100均スポンジを駆使し水垢や鏡のウロコを落とす!

タイルの水あか、カビ、鏡のウロコ・・・
 

浴室は水気が多いので放っておけば、すぐに汚れが蓄積します。

浴室の掃除はもちろん手間ですが、天井や床、浴槽内など、体勢をそらしたり、かごんだりで腰や背中にけっこうきますよね。

腰痛だったり体の調子が悪い時は風呂場の掃除は控えるか、旦那さんやお子さんなど動ける方がいれば助けてもらってくださいね。
 

お風呂場の汚れを落としたい!
 

と今、本気でやる気なあなたへ。
 

でも、お金かけられないし、身近に手に入る掃除道具と正しいやり方ってどうするんだろう?
 

このようにお悩みの方へ100均のスポンジを駆使したお風呂場の掃除法をご説明していきますのでぜひ、ご参考になれればです!

スポンサーリンク

お風呂場の掃除で準備するもの

ここでご紹介するお風呂場の掃除で準備いただく掃除道具は以下です。

  • 100均で買えるダイヤモンドスポンジ
  • 100均で買えるラストラーレスポンジ
  • 100均で買えるメラミンスポンジ
  • 浴室掃除用ブラシ
  • 使わなくなった古歯ブラシ
  • 100均で買えるプラスチックへら(無ければ、不要なポイントカード)
  • 浴槽用洗剤
  • サランラップ
  • 乾いたぞうきん数枚

風呂掃除の手順まとめ!100均スポンジを駆使し水垢や鏡のウロコを落とす!

掃除したあとですぐ入浴されるのももったいないので、一人暮らしでなければ、できればご家族の入浴後に掃除しましょう。

それでは、ここからが掃除の手順と仕方になります。
 

手順① 浴室の「天井」を拭く

まずは天井ブラシで天井から水拭きしましょう。

e278acf0

うまく届かないときは柄つきスポンジや、フローリングワイパーにクロスをはさんで拭けば楽ちんです。

手順② 「タイル」の汚れている部分に湿布をする

20081219_547117

こすり洗いしてもなかなか落ちない頑固な汚れ部分には、浴室用洗剤を直接吹きかけ、ラップで覆って湿布(貼り付け)をします。

そのまま放置で、だいたい10~30分程経ったら、ブラシで磨いていきましょう。

手順③ 「鏡」のウロコを磨く

dia640480

鏡にウロコがある場合は、「ダイヤモンドスポンジ」や「ラストラーレスポンジ」にたっぷり水を含ませて磨きます。

普通のスポンジで落ちにくいときは、濡れたスポンジにクエン酸を少しつけ、一度鏡をこすってからしばらく放置します。

20分くらいしてもう一度こするときれいに落とせますよ。

※クエン酸には漂白作用があります。
yjimage
kuensan
少量を水と混ぜてから汚れの部分のみをしっかりこすって拭くようにしましょう。
こすった後は水でよく流しましょう。

手順④ 「浴槽」の循環口のフィルターや排水口をこすり洗いする

浴槽の循環口フィルターをはずし、古歯ブラシで汚れを落とします。

yokusou1

排水口のぬめりも古歯ブラシで落とします。

浴槽の汚れは「メラミンスポンジ」でこすれば落としやすいですよ。

手順⑤ 「排水口」をこすり洗いする

20081211085211

20081211085211

排水口のキャッチャーをはずし、浴室用洗剤をつけて、スポンジでこすり洗いしましょう。

手順⑥ 落ちない「壁」の水あかをこそげ落とす

白く固まってしまった壁の水あかは、プラスチックへらでカリカリとこそげ落としていくとGoodです。

もしプラスチックへらがなければ、不要なポイントカード(プラスチックであまり薄すぎないもの)を使ってもよいでしょう。

 
ひととおり、汚れを落としたら、水で流して、乾いたぞうきんで水気を拭きとってくださいね。


スポンサーリンク

▲ここまでがお家で簡単にできる風呂場の掃除の手順になります。

参考トイレの掃除の仕方!何をやっても取れなかった頑固なシミやニオイと決別!
参考エアコンの掃除の仕方 100均アイテムでお手軽に15分でピッカピカ!
参考キッチンの大掃除を超楽に!重曹とクエン酸を使い分ける予備掃除とは
参考家の掃除!100均で超人気の激落ち掃除アイテムの使うコツと注意点!

おまけ お風呂場のカビ予防対策

カビといえば湿気を好むものなのでお風呂は自然とカビが生えやすいものなので定期的に、適度なお掃除はかかせません。

しかし、浴槽となると、ある程度がっつり掃除するのってちょっとしんどいですよね。

簡単にカビ予防対策する方法としては、いつもの入浴後に浴室全体に冷水をかければカビ予防になりますよ。

reisuishower

まだ暖かいお風呂の湯気がカビの原因になるので、入浴後にシャワーで冷水をかけるだけでカビが生えるリスクが格段にダウンします!

あとは、冷水の後に目につく水滴をタオルでふき取っておくとさらに効果大です。

家族で順番に入浴される場合は、一番最後の方にやってもらえばOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お風呂の掃除のコツ、まとめです。

お風呂場の掃除のコツ
・まずは「天井」から水拭き!

・タイルに残る頑固な汚れは洗剤を吹きかけラップで湿布!30分弱の「浮かせ」でラクして落とす!

・浴槽の汚れはメラミンスポンジで!

・白く固まってしまった壁の水あかは、プラスチックへらでカリカリとこそげ落とす!

・へらが無ければ、要らないポイントカードも使える!

・鏡のウロコ落としは「ダイヤモンドスポンジ」や「ラストラーレスポンジ」にたっぷり水を含ませて磨く!

 

余談ですが、毎日お風呂上りに必ず掃除されている方は、洗剤をつけずに洗っているそうです。

床はブラシ、タイルの目は歯ブラシで。

10年以上それを続けていても浴槽はツルツルで、もちろんカビや水垢もないそうですよ。

汚れてからやろうとするから気分も乗らないし、実際大変になるからお風呂の場合は、入ったそのついででやるのが効果的なんだそうです。

上に「おまけ」で書いたカビ予防対策くらいはなんとかできそうですが、これは見習いたいですね・・・!
 

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
  おすすめ記事

-大掃除